17ライブの楽しみ方!視聴だけなら中国語(台湾)学習に役立つかな?

17ライブ
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

ライブ配信サービスの17ライブではリアルタイムでライブ視聴できるメリットがあります。このメリットを最大限活用できれば、自分にとってもプラスになるため、うまく利用できないものか?よく考えます。

実際にこのサービスを利用するキッカケとなったのは外国語学習をしているという部分になります。学習しているのは中国語(台湾華語)なのですが、聴いて分からないので耳を慣らす目的で利用するのも良いかな?と思ったのがそもそもの始まりです。

最初はアカウント登録しないで、普通にパソコンから利用していたのですが、アカウント登録してコメントすれば発音とか教えてくれるのでは?と思いました。この事がキッカケでアカウント登録しています。、

今回の記事は『17ライブ 楽しみ方!視聴利用なら中国語(台湾華語)の学習に役立つかな?』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

17ライブは何の用途で利用している?

ライブ配信サービスの17ライブはどのように利用するのか?は個々の自由になりますが、どのように利用している場合が多いのかな?

ライブ配信して楽しむ

自分の大好きなジャンルや得意な事を活用して、ライブ配信しながらお小遣い稼ぎも可能になっているため、人前に出てライブ配信したい人にとっては最適なツールになるのでは?と思います。

でも、実際にライブ配信する場合では、「配信するスマホ」と「視聴して確認するスマホ」の2台のスマホが必要になるため、スマホの2台持ちが求められるというデメリットも発生します。

色々な事情でこのような芸当ができない場合も実際にあるため、克服できるのか?という部分も考慮が必要になります。

 

視聴して楽しむ

ライブ配信するのには抵抗を感じるけれども、ライブを見たいといった場合もありますが、この用途でも利用できるため、便利に感じます。

純粋に見るだけの用途の場合では、2つの利用方法があり、どちら?を選択するのかな?も重要な用途になります。

何故か?というと、アカウント登録して利用するのか?それともアカウント登録しないで利用するのか?の選択になるからです。

どっちの利用方法が自分にとって最適なのか?も重要です。

 

国・地域は台湾に設定

17ライブの特徴の1つとして、日本に居ながら、他の国や地域で活動しているライバーのライブ配信が視聴できるという部分があります。

視聴するだけであれば簡単に行えるのですが、ギフトを贈る場合では設定変更が必要になります。

筆者の場合は、利用する地域を日本ではなく、台湾に設定しています。その理由は台湾が好きなのと、台湾華語の学習にも役立てたいからです。

 

スポンサーリンク

17ライブの利用は台湾華語(中国語)の学習に活用

17ライブを中国語の学習に役立てるのを目的で利用を始めたのですが、どのように活用しているのか?についての内容になります。

17ライブの利用目的

筆者の場合は、純粋に台湾華語の学習に役立てる事を目的に17ライブを利用しているため、無課金にて利用しています。

これ以外の用途では利用しないという意気込みで始めたのですが、いつの間にか、中国語の学習ではなく、楽しみの1つという位置付けに変化しています。

全く役に立っていないのか?と言うとそうでもなく、耳が慣れてきているのではないか?と感じます。

このまま利用を継続しても娯楽の1つとして利用になってしまうので、どうなんだろうね~といった感じです。

 

聴いて覚える学習の用途

因みに筆者の場合は聴き取り能力が低いので聴いて覚える学習に向いているのでは?と考えました。何せ、リアルタイム生の声が聴けるので、聞き取り学習に向いていると考えたのである。

このように考えるのは時期尚早だったというのが率直な感想。なぜか?と言うと、自分の聴き取り能力はそこまで達していないため、音楽を聴くような感覚で右から左に流れてしまうからです。

正直のところ、失敗したな~といった感じです。

 

発音を教えて下さいと依頼

フォローしているライバーにコメントで「」の発音を教えてください!3回ずつ言って下さい!と入力した事があります。結果はどうだったのか?と言うと、リクエストに答えてくれました。

ちゃんと答えてくれるライバーも居るんだな~というのが率直な感想です。でも、必ずしも答えてくれるとは限らないのも実情になります。

というのも、無課金で利用しているのですが、コメントに対してスルーされてしまうんですよね~。

やっぱり、フォローしているライバーに対して、課金してくれる視聴者を大切にする傾向が高いので、外国語の学習用途に利用するのは向いていないと実感します。

 

17ライブは台湾華語(中国語)学習には役立たない!

ここでは、台湾華語の学習に活用する目的で利用している17ライブは、学習には役立たない!についての内容になります。

本来の利用目的から脱線

筆者の場合は聴いて覚える学習の用途に活用する事を目的に17ライブを利用しているのですが、ハッキリ言って、全くではないですけれども役立たないというのが率直な感想になります。

どうして役立たないのか?と言えば、学習している内容とライブ配信者の内容が異なるのと、早口なんですよね~。とても追い付いていけないのでラジオを聴く感じでの利用に徹していると言った方が正解になります。

たぶん、その内に耳も慣れて来るから大丈夫では?と思って継続利用しているのですが、落とし穴に落下していると思います。

何故か?と言うと、継続すればするほど、本来の利用目的から脱線しているような気分になります。学習ではなく楽しみの1つになってしまっているのである。

 

どうして役立たないのか?

具体的に、外国語学習の用途に役立たない理由としては、最初の頃は確かにこの用途に役立てるぞ!という気分で利用しているのですが、その内に楽しみの1つに変化してしまうので、学習には向いていません。

毎日のように台湾華語を聴く事ができるのはメリットに感じますが、内容が合わないので、ラジオ感覚で聴いている感じになるため、聴きながら何かをするといった利用方法になります。

これでは心ここにあらずといった感じになるため、このような学習方法はよくないです。

 

課金への導火線が多い

外国語学習の用途に役立たない理由の1つとして、課金への導火線が多過ぎる事も関係あります。

運営側が課金への誘惑をするのは仕方ない事なのですが、ライバーであるライブ配信者も普通に求めて来るので、目的と合致しません。

娯楽と学習は相反する立場になるため、このサービスを外国語学習の用途に利用しない方が賢明の選択になります。

 

17ライブは学習には役立たない!楽しむ用途に最適

ここでは、台湾華語の学習に役立てる目的で17ライブを利用したは良いけど、実際には役立たないので、楽しむ用途に向いているについての内容になります。

いつの間にか?目的が変わっている

アカウント登録して5日ぐらいでは、本来の目的である台湾華語の学習に役立てるぞ!という気分で利用しているのですが、1週間ぐらい経過すると、いつのまにか?学習ではなく、利用目的が変わっている感じになります。

楽しみの1つになってしまっている状態になるので、これはちょっと問題ありかな?と思います。というのも、ログインしてライブ視聴するのが楽しくなってしまっている状態だからです。

楽しくて仕方ないといった感じでは課金するのだろうけれども、筆者の場合は本来の利用目的からは脱線して逸脱しているけれども、無課金という部分だけは継続して貫いて利用しています。

 

毎日の楽しみの1つ

いつも17ライブは仕事から帰宅してホッとしている時間帯に利用しているので、ほぼ毎日の日課といった感じになっています。

これはこれで楽しみが増えたので良い事なのですが、台湾華語の学習には役立っていないのが気掛かりです。

でも、これは仕方ないですから、独学で頑張るしかないと思います。

17ライブ 使い方!他の国・地域のライバーにギフトプレゼント方法
皆さん こんにちは! ライブ配信サービスの17ライブでは、日本国内だけでなく、他の国・地域のライブ配信を視聴する事もできるので、外国語学習の用途で利用したり、ライバーを応援する事も可能です。 いやいや~言葉が分からないか...