AndroidスマホiPhone活用やめてiPhone乗り換えを

Chromebook
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

Androidスマホを所持している場合では、OSのサポート期間が切れるタイミングで、機種変更するか?それともiPhoneに乗り換えるのか?の選択に迫られる事になります。

通常であれば、そのまま同じOSのスマホを継続して利用すれば良いのですが、色々な事情でiPhoneに変更する場合もあります。このような場合に役立つのがiPhone化できるアプリなんじゃないのかな?

どうしてか?と言うと、どんな感じに動作するのか?などをチェックできますから、役立つと想うんですよね!

今回の記事は『AndroidスマホiPhone化の活用方法はやめてiPhone購入乗り換えを』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

AndroidスマホをiPhone風に活用する方法

ここでは、AndroidスマートフォンをiPhone風に活用する方法についての内容になります。

iPhone風に活用できる

Androidスマホに飽きてしまった場合では、不思議とiPhoneが欲しくなってしまうと思いますが、このような場合にiPhone化できるアプリを利用すると一定の満足感を得る事ができます。

但し、このアプリに嵌ってしまうとそのままiPhoneに乗り換えに突き進んでしまう可能性もあるため、一長一短に感じますが、そういう活用方法もあるので、これはこれで役立ちます。

 

iPhone乗り換えを検討している場合に役立つ

Androidで利用できるiPhone化アプリは、これからiPhoneに乗り換えを検討している場合に役立つアプリなのではないかな?と思います。

どうしてか?と言うと、直ぐに乗り換えても右往左往するよりも、基本的な操作感を把握してから乗り換えた方がスムーズに活用できるようになるからです。

とはいえ、触っていれば自然に覚えますから、そこまでしなくても良さそうに感じます。

それに、基本的にはAndroidで使っているアプリをiPhoneでも利用する事になるパターンが多いですから、iPhoneに乗り換える意味は有るのかな?

 

パワーアップに繋がる

iPhone化できるアプリを利用すれば、Androidスマホをパワーアップできると想う場合もありますが、あくまでもアプリで機能強化を行うだけなので純粋なパワーアップではないです。

これでも良いのであれば、利用した方が良いと感じます。やっぱり、Androidでも仮想ホームボタンを利用できると便利に感じますから、このアプリはインストールして使っても良いんじゃないのかな?と考えます。

 

スポンサーリンク

AndroidスマホをiPhone化の活用デメリット

ここでは、AndroidスマートフォンをiPhone風に活用した場合のデメリットについての内容になります。

広告の表示がデメリット

AndroidスマホをiPhone化した場合の最大のデメリットは広告表示になります。基本的にはアプリの機能をカスタマイズする時に表示されるのですが、必ずしもそのようになっている訳ではないのが実情になります。

というのも、カスタマイズ以外でも表示される場合が有るので、それは正直のところ、やめてもらいたいです。でも、そのような仕様になっているため、このアプリを使うのであれば致し方ないという事で諦めるしかないです。

このような煩わしさを感じるのは仕方ないという事で割り切ってアプリを利用できるのであれば、デメリットには感じないのですが、決してそうではないと想うんですよね~。

なるべくなら煩わしいと感じる事は回避したいですから、広告表示をどこまで許容できるのか?が運命の分かれ道になると思います。

 

iPhone風にしてもAndroidスマホ

当然と言えば当然なのですが、AndroidスマホにiPhone化できるアプリをインストールしてもiPhoneではないです。ハードウェア的にはiPhoneではないですから、十分に実力を発揮出来るとは限らないのである。

やっぱり、スマホをフルに活用するのであればソフトとハードがマッチするのが最適になるため、Android OS を搭載しているAndroidスマホはiPhone化しない活用方法がベストな選択になります。

どうしても利用したいのであれば、機能を追加する目的で仮想ホームボタンなどのアプリを利用するといった使い方が良いです。あくまでもパワーアップ目的になるので、何の目的でそのアプリを使うのか?も関係あります。

AndroidもiPhoneに負けないぐらいに良い部分もありますから、その良さを発見するのも活用に繋がります。

 

AndroidスマホiPhone化しない方が最適

ここでは、AndroidスマートフォンはiPhone風に活用しない選択が最適に感じるについての内容になります。

iPhone化すると煩わしさも増える

Androidスマホをアプリを利用してiPhone化した場合では広告表示で煩わしさを感じる場面が増える事になります。その都度、臨機応変に機能をカスタマイズできるアプリなので仕方ないんですけど、広告表示が多過ぎると使い勝手もよくないです。

度が過ぎる広告表示ではないのですが、不用意にタップしてしまう可能性も増えるので結果的に煩わしさを感じるという悪循環になるのである。このようなアプリは基本的には利用したくないんだけれどもiPhone風に使うのであれば致し方ないのが実情になります。

それならば、iPhone化しない方が逆に便利に使えるのではないか?と思ってしまうのですが、仮想ホームボタンという機能はAndroidには無いですから、そういう機能はアプリとして取り入れて、便利に使うという方法が最適に感じます。

 

何の為にAndroidスマホを買ったのかな?

Androidスマホを購入したにのにも関わらず、iPhone風のアプリをインストールして利用すれば確かに画面上はiPhoneのように利用できるようになりますが、果たして本当にこれで良いのでしょうか?

というのも、そもそもどうしてAndroidスマホを買ったのかな?という部分が良く分からなくなります。ただ単にiPhoneの価格が高くて購入できないからワンポイントでAndroidスマホを買ったというのであれば理解できるんですけど、そうじゃない場合もあると思います。

iPhone化できるアプリをインストールすれば満足できるかも知れませんが、あくまでもパワーアップ目的で利用するのが最適なのではないかな?というのが個人的な見解になります。

Androidのホーム画面の状態で仮想ホームボタンやコントロールセンターを利用できる状態に留めておくといった使い方が丁度よいと実感します。

 

AndroidスマホiPhone化やめてiPhoneに乗り換えを

ここでは、AndroidスマートフォンをiPhone風に活用するのはやめて、iPhoneに乗り換えた方が良いについての内容になります。

iPhoneに乗り換えた方が良い

AndroidスマホiPhone化するのではあれば、iPhoneに対して少なくとも興味や関心がある状態になると思います。

この状態でiPhone化アプリを使い続けるのも良いですが、煩わしい広告表示を考えると最適な選択とは言い難いです。

自分にとって最適に感じるタイミングでiPhoneに乗り換えた方が良いのではないでしょうか?

それに、iPhone化できるアプリを利用すると、余計にバッテリー消費もする感じなのでバッテリー持ちの事も考慮した方が良いです。

 

コントロールセンターアプリは違った

AndroidスマホからiPhoneに乗り換えて分かった事もあります。Android版コントロールセンターでは全てのアプリから追加選択できるようになっていたのですが、iPhoneではそれができなかったのである。

あくまでも一部のカスタマイズに限定されていたので、違うじゃん!と後悔はしていませんがガックリモードになっています。それ以外では特に問題なかったですね。

 

実際にAndroidスマホからiPhoneに乗り換えた!

筆者の場合は、iPhoneを購入する予定はなかったのですが、iPhoneに乗り換えています。どうしてなのか?と言えば、OSのサポート切れが近くなったのでスマホを買い換えようとしたら、魅力的な機種がみつからなかったのである。

それで土壇場で全く検討していなかったiPhoneを購入するという展開になっています。この時に、AndroidスマホにiPhone化アプリをインストールして猛勉強しています。

こういう活用方法も十分に有りなんじゃないのかな?とこの時に初めて実感しております。

煩わしい広告表示は、iPhoneに機種変更すれば表示されなくなるので、これだけ我慢すれば問題ない!という事で操作性をチェックするのに役立ちました。

iPhone 13 レビュー!Androidスマホから乗り換え感想
皆さん こんにちは! 新しいスマホを購入したいな~と思った場合に真っ先に候補の1つに入って来る機種と言えば、iPhoneシリーズなのではないでしょうか?どうしてなんだろうか?と不思議に思ってしまうのですが、魅力的に感じるので仕...