anelloショルダーバッグ レビュー!リュックのエコバッグ付属

バッグ
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

日常生活をする場合では、必要に応じて、食料品などの買い物にも出掛けますが、この場合ではお気に入りに感じているショルダーバッグなどのバッグも持参する場合があります。

というのも、買い物で必要な財布やスマートフォン、エコバッグを収納するには手元で管理できるサコッシュなどのショルダーバッグがあると便利です。

商品を見に出掛ける用途では手ぶらで出掛けるかも知れませんが、それでも財布とスマートフォン、ミニタオルは必要になると思います。

それこそポケットが沢山ある衣服を着用していない限り、これらのグッズを収納できないため、何だかんだ言っても買い物にはバッグが必要になるのが実情です。

今回の記事は『食料品の買い物に便利に感じる anello GRANDE 20L トートバッグ & 折りたたみリュックのエコバッグが付属しているショルダーバッグのレビュー』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

anello GRANDE リュック付ショルダーバッグ

食料品の買い物に持参している anello GRANDE 20Lリュックのエコバッグ付ショルダーバッグの仕様や全般的な内容の紹介になります。

anello エコバッグ(折りたたみリュック)付 ショルダーバッグ

この商品の特徴としては、ショルダーバッグのフロントポケット内に折りたたみリュックのエコバッグを装備している部分に尽きます。

2wayタイプのリュックも実際にありますが、1つで2役の役割を演じるのではなく、必要に応じて2つの異なるバッグとして利用できるので用途によっては便利に感じます。

その用途としては、「食料品の買い物」が最適に感じます。

これは実際にこの用途で使っているため、これ以外の選択肢は他にも有るんだけれども、これ以外の用途には使いたくないといった感じで必需品となっています。

 

anello GRANDE エコバッグ 付 ショルダーバッグ 仕様

サイズ : 220mm × 170mm × 45mm

重量等 : 110g

備考等 : 着脱できるショルダーベルトフック(ベルト幅 20mm)

補足事項: ボタン留めフロントポケットにエコバッグを収納

 

エコバッグ(トートバッグ & 折りたたみリュック) 仕様

サイズ : 425mm × 425mm × 140mm

重量等 : 216g

容量等 : 20L

備考等 : トートバッグとしても使える折りたたみリュック

補足事項: 本体カラーはショルダーバッグと同色

 

スポンサーリンク

anello エコバッグ付 ショルダーバッグ ポケット詳細

ここでは、リュックタイプのエコバッグが付属されているショルダーバッグのポケットなどの詳細についての内容になります。

ショルダーバッグ(メインルーム)

① メインルーム
メインルーム内には2つの小物ポケットが装備されています。財布などの貴重品等の収納に向いているポケットになります。

 

② 小物ポケット
2つのオープンポケットを装備しています。両方ともサイズは同じになります。マチ幅がないため、ハンカチやポケットティッシュの収納に向いています。

 

ショルダーバッグ(フロントポケット)

ボタン留めが付いているオープンポケットにはエコバッグを収納する専用ポケットになります。エコバッグの使用中はオープンポケットとしても利用できます。

但し、ボタンで留めるタイプにはなっていますが、マチ幅が広いので何も収納していない時は違和感を感じます。スマホの収納ポケットに使うのが良さそうに感じます。

 

ショルダーバッグ(身体側 オープンポケット)

身体側にもオープンポケットが1つ装備されています。こちらはマチ幅がないタイプになるため、ハンカチやポケットティッシュの収納に向いているポケットになります。

因みに、スマホの収納には不向きです。というのも、実際に入れてみましたら、ファスナーやボタン留めが無いので余計に開いてしまいます。

 

ショルダーベルトフック

ショルダーバッグに取付しているショルダーベルト幅は 20mm と細いため、夏の暑いシーズンでは薄着になるため、あまり重たい物を収納すると肩への食い込みがキツく感じます。

幸いな事に、着脱できるショルダーベルトフックなので、ベルト幅が広いタイプに交換するのも1つの方法になります。又はショルダーベルトパッドを装着するのも良いかも知れません。

 

anello エコバッグ(トートバッグ、リュック)詳細

ここでは、リュックタイプのエコバッグのポケットなどの詳細についての内容になります。

トートバッグ & リュック の エコバッグ(メインルーム)

リュックタイプのエコバッグのメインルーム内は何も仕切りポケットが一切ないポッカリとした空間になっています。

買い物等で購入した商品をポンポン詰め込むには丁度よいです。生地が柔らかく固くないため、サイズ以上に収納できるのも便利に感じます。

底マチ幅が 140mm 有るため、牛乳や豆乳、ヨーグルトといった何かと重たくなる乳製品の収納にも向いています。

 

トートバッグ & リュック の エコバッグ(オープンポケット)

オープンポケットのサイズは 245mm × 183mm になります。マチ幅は無いので、厚みのあるグッズの収納には向いていません。

でも、深さが有るので多少の厚みが有ってもカバーできるようになっています。

 

エコバッグの持ち手、ショルダーベルト

① 持ち手
持ち手にはボタンで留めが付いています。持ち手が2つ有るので、片側だけが外れてしまわないように1つに纏める事ができるので便利に感じます。

 

② ショルダーベルト(ショルダーストラップ)
このエコバッグは、折りたたみリュックも兼ねるトートバッグになるため、リュックのショルダーベルトも装備しています。

ベルト幅は 50mm ありますが、ベルトに厚みがないため、両肩への負担の軽減には繋がらないと思います。30分以内で帰宅できる買い物に向いています。

 

リュックのエコバッグ 付 ショルダーバッグ 一長一短

ここでは、食料品などの買い物に最適に感じるリュックのエコバッグを搭載している anello ショルダーバッグのメリット・デメリットについての紹介になります。

3通り(3way)で使えるのが メリット

2wayバッグの場合では1つで2つの用途に対応できますが、このバッグは、ショルダーバッグとエコバッグの2つに分離して使用できるバッグに該当します。

基本的にはショルダーバッグにエコバッグを装備しての使い方になりますが、この状態では合計重量が 359g になってしまいます。

でも、2つに分離できるため、必要に応じて、最初から装備しないで持参したり、エコバッグを装備した状態で持ち歩いたり、エコバッグだけ持参したりといった3通りの使い方(3way)で活用できます。

 

デメリット

① 本体重量
トートバッグも兼ねるリュックのエコバッグが付属されている anello ショルダーバッグのデメリットは、ズバリ!エコバッグが重たく感じる部分に尽きるのではないでしょうか?

というのも、ショルダーバッグ本体の重量は 110g。それに対して、エコバッグの本体重量は 216g と2倍近くあるからです。20L 容量サイズの2way エコバッグなので仕方ないかも知れません。

 

② 夏の季節には向かない
トートバッグも兼ねるリュックのエコバッグには、蒸れを軽減できる対策が無いため、蒸し暑い夏の季節に利用すると、背中がビッショリになってしまうのである。

濡れても問題ないよ!と思う場合を除いて、実際に利用できるシーズンは、春・秋・冬の3シーズンに向いている買い物バッグなのではないでしょうか?と個人的に考えます。

 

気になる部分

機能的には申し分ないミニショルダーバッグになりますが、実は気になる部分もあります。それは見た目。

何が気になるのか?と言えば、フロントポケットに収納されているエコバッグが何かイマイチに感じるように見えるのである。完全にメインがフロントポケットのように見えるのである。

何かちょっとイマイチに感じてしまうので、あまり気にしないようにしています。

 

anello エコバッグ付ショルダーバッグ使用レビュー

ここでは、トートバッグも兼ねる折りたたみリュックのエコバッグを付属されている anello ショルダーバッグの使用レビューについての紹介になります。

食料品の買い物では必需品に感じる

トートバッグも兼ねるリュックタイプのエコバッグが付属している anello ショルダーバッグは、買い物に行く用途に最適に感じるのが全てと言っても良いと実感します。

その理由としては、買い物に行く場合は小さなショルダーバッグの中に、お財布などの貴重品を収納しておけば良いからです。

食料品などの商品を購入して会計を済ませたら、荷物を付属のエコバッグに収納できます。

 

折りたたみリュックのエコバッグ

付属のトートバッグは折りたたみリュックも兼ねるエコバッグなので、実際の荷物の量に応じて、手提げバッグとリュックを使い分ければ良いので状況に応じて対応できます。

そのため、食料品の買い物に出掛ける用途では必ず持参しているため、必需品と化しているバッグになります。

 

anello エコバッグ付ショルダーバッグ評価レビュー

ここでは、トートバッグも兼ねる折りたたみリュックのエコバッグを付属されている anello ショルダーバッグの評価・レビューについての紹介になります。

ショルダーバッグのショルダーベルトは交換

標準で付属されている着脱できるショルダーベルトフックは 20mm 幅なので、ちょっと狭く感じる事もあり、25mm 幅のショルダーベルトフックに交換して使っています。

たったの 5mm の違いですが、若干の厚みがあるため、恩恵を感じる事ができます。本当は 38mm 幅が良いのですが、返って本体重量が余計に重たくなってしまうと感じました。

肩への食い込みがキツイ場合は、ショルダーベルトに取付できるショルダーパッドを使った方が良いと思います。これはトートバッグにも言える事です。

 

評価レビューや感想

トートバッグも兼ねるリュックタイプのエコバッグが付属している anello ショルダーバッグの個人的な評価は、食料品の買い物で使っている事も考慮すると、評価は高いと思います。

あえて言えば、蒸し暑い夏のシーズンにはちょっと不向きに感じます。その理由としては、帰りの途では購入した商品を背中に背負う事になるため、背中が蒸れやすくなるからです。

流石にエコバッグに蒸れない対策が施しているタイプは見た事がないため、仕方のない部分になります。この事を考慮しても、個人的な評価は高いため、買って良かったバッグに該当します。

折りたたみボストンバッグ27L!旅行のパッカブルバッグ・レビュー
皆さん こんにちは! スーツケースなどのキャリーバッグで旅行や出張する場合に役立つ便利グッズと言えば、バッグとめるベルトかな?と思ってしまいますが、たぶんポケッタブル仕様の折りたたみバッグじゃないのかな?と感じます。 折...