Apple Pencil 2 レビュー!ロジクールCrayonとの比較

ガジェット

 

皆さん こんにちは!

iPad Air 4 と一緒に購入したiPad周辺機器のApple Pencil(第2世代)ですが、実はiPad mini で使っているロジクールCrayon for iPad も所持しています。

CrayonはiPad Air でも利用できるため、Apple Pencilのサブの用途で活用する事が出来ます。どっちが使い勝手が良いのか?も気になると思います。

そこで、今回の記事は『Apple Pencil 2 レビュー 及び ロジクールCrayon for iPad との比較』についての紹介になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

Apple Pencil 2 の紹介

iPad Air 4 で利用しているApple Pencil(第2世代)についての紹介になります。ワイヤレス充電&自動ペアリングが魅力的です。

Apple Pencil(第2世代)詳細

サイズ : 165mm × 10mm × 10mm
重量  : 18g

充電等 : ワイヤレス充電
接続等 : ワイヤレス接続、自動ペアリング

取付等 : マグネット

その他 : ダブルタップでツールの切り替え

 

ホワイト単色

Apple Pencil(第2世代) はホワイト単色なので、汚れが目立つのではないかな?という不安が付いてまわりますが、全体がスベスベになっているため、意外と汚れは付きにくい感じです。

 

特筆事項

特に気になるのは形状になります。iPad Air とマグネット吸着する面は平べったいのですが、それ以外は丸みを帯びているため、よく転がります

Smart Folioなどのカバーケースがあればマグネットで止まりますが、マグネットが無い場所では転がってしまうので注意が必要です。

 

スポンサーリンク

Apple Pencil 2 レビュー

iPad Air 4 と一緒に購入した Apple Pencil 2 のレビューになります。筆者の視点での評価になるため、参考になるのか?分かりません。

Apple Pencil 一長一短に感じる充電方法

① 長所
iPad Air にマグネット接続して自動でワイヤレス充電できるので便利です。充電ケーブルが有るとケーブルが邪魔に感じる場合もあるのでワイヤレス充電はグッド。

 

② 短所
Apple Pencil(第2世代)は充電方法が1種類限定なので汎用性が悪いです。充電するには必ずiPad Air 又は iPad Pro に接続しないといけません。

 

③ バッテリーが切れた場合
バッテリーが切れても利用したい場合は、もう1本購入する必要に迫られます。正直のところ、この選択はしたくないので、iPad対応タッチペンを購入した方が良いと感じます。

 

Apple Pencil 使い勝手

① 持ち易さ
Apple Pencil 2 を使ってみると、ちょっと細いような気がします。書くには差ほど気にならないのですが、持った時にちょっと「うーん」といった感じです。

気になる場合は、ネット通販で購入できるApple Pencilカバーを利用するのが良さそうに感じます。筆者はまだ購入してないので、どんな感じなのか?気になります。

 

② 書き心地
正直のところ、ロジクールCrayon for iPad とそんなに変わらないのでは?と感じるのは気のせいでしょうか?それとも単にCrayonに慣れてしまったが故にそのように感じるのか?ちょっと不明です。

 

③ 滑りやすい
持った感じとしては、ツルンツルンといった感じに滑りやすいのが気になります。

 

 

ロジクール Crayon for iPad レビュー

iPad mini 5 で使っているロジクールのデジタルペンシルである Crayon for iPad のレビューになります。iPad Air 4 でも利用できるのが便利です。

ロジクール Crayon for iPad 詳細

サイズ : 163mm × 15mm

重量等 ; 19g

充電端子: Lightning 端子

カラー : オレンジ(ツートンカラー)

 

一長一短に感じる充電方法(Crayon)

① 長所
iPad mini に付属している Lightning充電ケーブルをCrayon本体に差し込んで充電します。コンセントやノートPCのUSBポートから充電できるので便利に感じます。

 

② 短所
Lightning充電ケーブルで充電が行えるのに、充電しながら使う事は出来ません。充電しながら使えないと利便性が半減する事になります。

 

③ 解決方法
筆者の場合はもう1本、購入する方法でこの問題を解決しました。この時に感じたのは、もっと安価で購入できるiPad対応タッチペンにすれば良かったと後悔した事です。

 

ロジクールCrayon 使い勝手

① 充電端子のキャップ
実際にCrayonを使っていると気になるのが充電端子が格納してあるキャップです。このキャップは本体と一体化されているので紛失する心配がありません。

ですが、ちょっとの力を加えるだけで簡単に開いてしまうので癖になります。最近では開いていても何ら問題ないといった感じで平気で使っています。

 

② 使い始めた頃の話
ペアリング不要と書いてあったのに、iPad mini で使う場合に何も反応しなかった時は焦りました。電源ONになっているのに何も反応しないのである。

この時は、AssistiveTouch の設定(オン)したら、使えるようになりました。いったい、これは何なんだったのだろうか?といった感じです。

 

Crayon for iPad レビュー!ロジクールのクレヨン(デジタルペンシル)
皆さん こんにちは! 今回の記事は『iPad mini 5 で利用しているロジクール Crayon for iPad デジタルペンシルのレビュー』についての内容になります。 iPadで利用できるデジタルペンシルは App...

 

Apple Pencil 2 と ロジクールCrayonの比較

Apple Pencil 2 と Crayon for iPad の比較についての紹介になります。どっちを購入すれば良いのか?迷ってしまった場合の参考になれば幸いです。

一長一短に感じる充電方法で比較

Apple Pencil 2 と ロジクールCrayonは共通して、一長一短に感じる充電方法になっています。実際に使ってみてどっちが良いのか?を紹介します。

個人的な見解は、Apple PencilでもCrayonでも、どっちでも良いかな?と感じます。両方とも充電しながら利用する事が出来ないので、本当にどっちでも良い感じ。

もう1つ付け加えると、この問題を解決するには、結局のところ、もう1本購入する選択になってしまうので最適とは言い難いです。

何せ、両方ともそれなりの価格になるので、余計な出費はしたくないです。

 

総合的な使い勝手で比較

実際の使い勝手で比較した場合では、Apple Pencil 2の方が良いと感じます。確かに一長一短に感じる部分もありますが、それを補える事が出来るオプションがあります。

Apple Pencil専用の便利グッズというのが存在しているため、それらを利用すると、ペンが細く感じている場合ではカバーを付ければ対応できるようになります。

総合的な面から考慮した場合では、便利グッズが存在しているのか?はポイントが高いと考えます。