Apple Pencil 2、シリコンカバーケースのレビュー

iPhone iPad Review
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

iPad Air 4 を注文する時に同時購入した専用アクセサリーは、Smart Folio と Apple Pencil 2 になります。これとは別にしばらく経過した頃にApple Pencil 2 便利グッズのシリコンカバーケースを購入しています。

どうして購入したのか?と言うと、手に持た時に細いな~と感じて違和感が有ったので何か書き心地が悪く感じたのである。これだとちょっと使いづらい印象になるため、シリコンカバーケースを装着して試してみよう!という感じで購入しています。

この手の便利グッズは色々あるため、どれを選択すれば良いのか?悩んでしまいますが、お試しという事もあり、あまり考えないで直感で選択しています。ダメだったら、違う物をまた購入すれば良いかな?といった感じ。

今回の記事は『Apple Pencil 2、シリコンカバーケースのレビュー』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

Apple Pencil 2 製品や特徴について

ここでは、iPad Air 4 で利用する Apple Pencil 2 についての内容になります。

Apple Pencil 2 の製品仕様

サイズ : 165mm × 10mm × 10mm

重量  : 18g

充電等 : 充電ポートへのマグネット吸着によるワイヤレス充電

接続等 : ワイヤレス接続、充電ポートに接続で自動ペアリング

その他 : ダブルタップでツール(インク)の切り替え

 

充電方法は、iPad Air / iPad Pro に接続

Apple Pencil 2 を充電する場合では、iPad Air 又は iPad Pro のマグネット吸着の充電ポートに接続してワイヤレス充電する必要があります。

これ以外の方法で、Apple Pencil 2 を充電する事ができないため、要注意です。

特に充電切れによる使用不可は現実的な問題になるため、可能ならばもう1本、購入しておいた方が無難かも知れません。

 

特筆事項「ペン先は消耗品」

Apple Pencil 2 を購入した場合では、毎日のようにiPad Air / iPad Pro で使用すると思います。

毎日のように使っていると、その内にペン先が摩耗している事に気が付きます。これは実際の使用頻度によっても異なるため、具体的に何ヶ月でペン先が摩耗するとは断言できません。

全ては実際の使用頻度が関係してくるので、自分がどのぐらい使っているのか?次第となります。ペン先が摩耗したら、その内に芯が出て来るので、直ぐに交換した方が良いです。

芯が出て来ると、ディスプレイを傷付けてしまうので注意が必要です。まさか、ペン先が消耗品だったとは思いませんでした。

 

スポンサーリンク

Apple Pencil 2で利用するシリコンカバーケース

ここでは、Apple Pencil 2 に装着して使用する便利グッズのシリコンカバーケースについての内容になります。

Apple Pencil 2 は細いと感じる

使用者の感じ方によっても個人差が有るのですが、Apple Pencil 2 はちょっと細めに感じる事もあり、筆者の場合は別途シリコンカバーケースを購入して、装着しています。

ペンが細いと書き心地にも少なからず影響が出るため、自分にとって最適な太さは必要に感じます。

シリコンカバーケースを装着してみると自分にとって最適な太さになるため、丁度良いと感じます。

持ちやすいですし、書き心地も良いので一石二鳥になると思います。

 

シリコンカバーケースの装着方法

Apple Pencil 2 にシリコンカバーケースを装着する時は、本当に大変といった感じで相当に苦労しています。

というのも、だいたい半分ぐらいまではすんなり入っていくのですが、半分を越えた辺りから入っていかなくなるからです。

入れては伸ばしての繰り返しを行いながら、最後までピッタリと入れていく感じになるので、根気も必要になると思います。

 

シリコンカバーケースの感想

シリコンカバーケースの価格はそんなに高くはないので良いと購入しやすいと思います。でも、一度、装着すると、取付する時に大変に感じるため、実質的に装着したら最後、着脱はしたくないと感じます。

でも、いつも同じ色のカバーをしていると、その内に飽きて来るため、他の色に変更したいな~と感じるものです。筆者の場合は、面倒に感じる装着は嫌なので書き心地を優先しています。

 

Apple Pencil 2、シリコンカバーケースの購入レビュー

ここでは、iPad Air 4 で利用するApple Pencil 2 及び シリコンカバーケースの購入レビューについての内容になります。

Apple Pencil 2 デメリット「充電方法」

Apple Pencil 2 の充電方法は、iPad Air / iPad Pro とマグネット吸着によるワイヤレス充電1択になるので、まさか!の充電切れになった場合では他の選択肢がありません。

その時点でApple Pencil 2 の使用はできなくなってしまう事に尽きます。

これを解決する手段としては、もう1本、Apple Pencil 2 を購入する 又は、類似品を購入して予備として利用する選択となります。

 

Apple Pencil 2 購入レビュー

iPad Air 4 を注文する時に当然の如く、同時購入したのが、Smart Folio Apple Pencil 2 になります。別に同時購入しなくても良かったと後で感じています。

その理由としては、Smart Folio にしても、Apple Pencil 2 にしても類似品が豊富にあるため、これらの類似品を試してからでも遅くはないかな?という事に気が付いています。

でも、実際に類似品のスタイラスペンを使ってみると、何だかんだ言っても Apple Pencil 2 の方が全てにおいて最適に感じたりします。その理由としては消耗品であるペン先が関係してきます。

 

シリコンカバーケースの購入レビュー

シリコンカバーケースは購入価格も安価だった事も関係して、買って良かった便利グッズの1つに該当します。

ほぼ毎日のように iPad Air で利用している事もあり、これ無しではペン入力できないといった感じで一部になっていると思います。

でも、耐用年数はどのぐらい有るのか?ちょっと分からないので、どのタイミングで交換すれば良いのか?がちょっとイマイチに感じます。

 

Apple Pencil 2 使用レビュー

ここでは、iPad Air 4 で利用するApple Pencil 2の使用レビューについての内容になります。

充電はiPad Air にドッキング

Apple Pencil 2 を充電する場合では、必ず、iPad Air のマグネット吸着部分にある充電ポートに接続(ドッキング)して充電する事になるため、バッテリーが切れたら使用できません。

これ以外の充電方法は用意されていないため、どうにか?したい場合では、もう1本 Apple Pencil 2 を購入して対応する事になります。

 

ダブルタップでインク切り替え

Apple Pencil 2 の充電ポート側の面は平べったい形状になっていますが、この平べったい先っぽの方をダブルタップするとインクを切り替える事ができます。

但し、全てのインクから自由に変更できるという訳ではなく、消しゴムとインク 又は 1つ前のインクと今使っているインク といった感じに2種類から選択する感じになります。

そのため、必ずしも自分にとって最適な選択が行えるという訳ではないので注意が必要になります。

 

書き心地はグッドだが、ペン先が摩耗する

類似品のスタイラスペンと比較して、ペン先の書き心地は良いのですが、頻繁に使っていると、ペン先が摩耗するので、注意が必要になります。そのまま使っていると、中からが出てきます。

この状態で使うとディスプレイを傷付けてしまうので、純正品のペン先を購入した方が良いです。因みに、ペン先は消耗品となります。

iPad Air 4 購入&使用レビュー!デメリットや感想など
皆さん こんにちは! iPadシリーズを購入する場合では、どれにしようかな?といった感じで悩みに悩んでしまう場合も多いのではないでしょうか?その理由としては、どれも魅力的に感じるからです。 それに、自分では欲しいと思って...