ASUS VivoBook R543MA ノートPC レビュー(Windows11対応)

Gadget

 

皆さん こんにちは!

ある日突然、いつも使っているパソコンが動かなくなってしまった場合はどうしますか?というのも、家族が使っているパソコンが、昨日までは普通に利用できたいのに電源を入れたら起動しなかったという展開に見舞われています。

どのように使えないのか?と言うと、キーボード入力しても入力できるキーと、何度入力しても入力されないキーが有ったり、動作もノロノロといった感じでOfficeソフトが満足に利用できない状態。

本来ならば、これで諦めるような事はしないで色々ともがくと思いますが、残念ながら家族はこのような面倒に感じるもがき作業はしていません。

何と!家電量販店に行って、即断即決して新しいパソコンを購入するという方法で解決しちゃっています。流石に、このような選択はやった事がないので凄いな~と感じます。

今回の記事は『ASUS VivoBook R543MA Windows11対応 ノートPC レビュー』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

15.6インチ ASUS VivoBook R543MA ノートPC

ここでは、Windows ノートPCである ASUS VivoBook R543MA 15.6インチについての紹介になります。

ASUS VivoBook R543MA 仕様

型番等 : R543MA-GQ1191TS

サイズ : 381mm × 251mm × 272mm

重量等 : 1.9Kg

画面等 : 15.6 インチ、1366×768ドット (WXGA)

性能等 : CPU Celeron N4020、メモリ 4GB、SSD 256GB、Windows10

ソフト : Microsoft Office Home and Business 2019

付属品 : 電源コンセント、Officeのプロダクトキー、説明書

 

VivoBook R543MA 補足事項

① キーボード:107キー日本語キーボード(10キーあり)
② WEBカメラ(30万画素Webカメラ内蔵)
③ Word、Excel、PowerPoint などのOfficeソフト付き

 

インターフェース(各種ポート類)

① HDMI
② USB 3.0 × 1
③ USB 2.0 × 2
④ SDカードリーダー
⑤ DVDスーパーマルチドライブ
⑥ ヘッドホン
⑦ 無線LAN : ac/n/a/g/b
⑧ Bluetooth 4.1

 

ASUS VivoBook R543MA ノートPC 装備・機能など

ここでは、Windows ノートパソコン ASUS VivoBook R543MA の装備・便利な機能についての紹介になります。

Windows10 ノートPC(Windows11 対応)

このノートパソコンは Windows10 Home 64bit を搭載しているパソコンに該当しますが、Windows11にアップグレードできます。実際にアップグレード確認済み。

また、Microsoft Office Home and Business がプリインストールされているので、別途Officeソフトを購入する必要がありません。

但し、メインメモリが4GBなので動画編集の用途には向いていません。ストレージは256GB SSDを搭載しています。

 

Officeソフト付(プリインストール)

ASUS VivoBook R543MAは、Microsoft Office Home and Business がプリインストールされています。付属品として、Officeのプロダクトキーが箱の中に含まれています。

「Word、Excel、PowerPoint、Outlook」のどれか?を最初に起動した時にプロダクトキーを登録する必要があります。

Office無しを購入の場合では、別途購入する必要があるため、お財布との相談も必要になりますし、安価で購入できる「WPS Office 2」や無料で利用できる「Office互換ソフト」を利用する選択になります。

Office互換ソフトの特徴としては、あくまでも互換なので全ての機能が対応している訳ではないです。利用できない機能も実際にあるため、仕事で利用するのであれば純正品が良いと個人的に考えます。

 

テンキー(10キー)搭載

14インチ以下のディスプレイを搭載したノートパソコンの場合では、キーボードにテンキー(10キー)が搭載されていない場合の方が多いのですが、このVivoBook R543MAは15.6インチという事もあり、テンキーを搭載しています。

テンキーが有ると、数値入力する場合に便利に使えますから、Excelなどの表計算ソフトを利用する場合に役立ちます。

特に仕事でこのパソコンを利用する場合では、効率化にも繋がる可能性があります。

また、ノートパソコンにログインする場合でも数字を組み合わせている場合では役立ちます。

 

Microsoft Office Home and Business 2019 利用方法

ここでは、プリインストールされているOfficeソフトを利用する場合に必要になるプロダクトキー登録についての内容になります。

VivoBook R543MA にプリインストールのOffice

① 利用できるOfficeソフト
Word、Excel、Powerpoint、Outlook の4種類

 

② プリインストール
Microsoft Office Home and Business 2019 はプリインストールされています。使用する場合はタスクバーのWindowsメニューをマウスでクリックする 又は Windowsキーを押して、スタートメニューを表示した上で、このソフトを起動します。

 

プロダクトキーの登録方法

① プロダクトキーを用意
ASUS VivoBook R543MA 15.6 の箱の中には、Microsoft Office Home and Business 2019 のプロダクトキーが入っているので探します。

 

② コインを用意
プロダクトキーはコインで削らないと見えない仕組みになっているため、コインで削ってプロダクトキーの記載を表示します。

 

③ プロダクトキーを登録
Word、Excel、Powerpoint、Outlook どれでも良いので、アプリを起動します。最初にアプリを起動すると、プロダクトキーを登録する画面が表示されるため、ここで、プロダクトキーを入力して登録します。

 

ASUS VivoBook R543MA 15.6 メリット・デメリット

ここでは、Windows11に対応しているノートパソコンの ASUS VivoBook R543MA 15.6 のメリット・デメリットについての紹介になります。

メリット1「Windows11対応」

Windows10を搭載していますが、Windows11にアップグレードできるため、Windows11の操作方法に慣れておく事も可能になります。

特にWindows11では、以前のバージョンと比較して、スタートメニューやタスクバーの使い勝手が大きく異なっているため、使い慣れておいた方が賢明の選択になります。

もっと性能の高いパソコンを購入するにしても、Windows11を使い慣れていなければ、活用できませんし、それこそ宝の持ち腐れになってしまいます。そういった意味では入門機の役割を兼ねる事ができます。

 

メリット2「15.6インチ」

ベゼル幅が太いですが、15.6インチサイズのディスプレイはとても大きいので視認性が良いです。

メインで使っているパソコンは、13.3インチの ASUS Zenbook 13 をプライベートで利用しているため、ASUS VivoBook R543MAと比較すると、流石に大きいと実感します。

因みに、このパソコンは家族が購入して使っています。

高齢者も含めて視力が衰えている人にとっては、15.6インチ以上の画面サイズの方が視認性も良くて便利なのではないか?と思います。。

 

デメリットは、指紋認証・顔認証に非対応

ASUS VivoBook R543MA は指紋認証顔認証センサーが搭載されていないため、ノートパソコンにログインする場合は、PINコードでログインとなります。

起動時は毎回のように最初に設定したPINコードを入力してログインします。また、ロック画面を解除する場合でも同様にPINコード入力になるため、数字の組み合わせは短い方が良さそうに感じます。

指紋認証できるタイプのUSB機器もあるため、このような物を利用すれば指紋認証に対応できると思います。

 

15.6インチ ASUS VivoBook R543MA 評価&レビュー

ここでは、家族が購入した15.6インチ Windows ノートパソコン ASUS VivoBook R543MA の評価・レビューについての紹介になります。

イマイチに感じる部分はUSBポート

USBポートは合計で3つ装備していますが、USBポートが有る場所は、向かって左側の手前に3つ並んでいます。

この場合だと、右利きでかつ、USBケーブルタイプのマウスを利用している場合は不向きに感じるのではないか?と考えます。やっぱり、右側にもUSB Type-A が装備されている方が便利に使えると思います。

因みに、搭載されているUSB Type-A ポートは、「USB 3.0 Type-A」が1つ、「USB 2.0 Type-A」が2つという内訳になるのも盲点の1つになります。

あと、このパソコンにはUSB Type-C ポートがないため、使いたい場合は、USB Type-C に対応しているUSBハブを利用する必要があります。

 

VivoBook R543MA 評価・レビュー

家族が家電量販店で即断即決して買ったパソコンなので自分は購入していません。

ノートパソコンを利用する用途はウェブページの閲覧、Youtube などの動画視聴、ゲーム、文書作成ソフトのWord、表計算ソフトの Excel を利用しているみたいです。

そのため、USB Type-C ポートが搭載されていなくても何ら問題ないらしく、USBポートが3つも有るので特に困らないそうです。

というのも、USBレシーバー付ワイヤレスマウスを使っているため、USBレシーバーは常に接続しっぱなしになるため、この分を除いて2つも常に利用できる状態になるため、便利と言っておりました。

さらには、Microsoft Office Home and Business 2019 がプリインストールされているので超便利と言っているため、良い買い物をしたのでは?と思います。因みに、家族の評価は非常に高いです。