リュックのホットショット26Lとイクリプス27はどっちを選ぶ?

旅行バッグ

 

皆さん こんにちは!
今回の記事は『同じ用途で便利に利用できるリュックのホットショット26Lとイクリプス27はドッチが良いのか?』についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

ホットショット26Lとイクリプス27について

通学・通勤から出張・旅行まで便利に利用できるリュックとしてノースフェースのホットショット26Lとカリマーのイクリプス27がありますが、どちらのバッグを選んだ方が良いのでしょうか?

 

同じ用途で便利に使えるリュック

ホットショット26Lとイクリプス27は両方とも同じ用途で便利に利用できるリュックになるため、汎用性が高いです。

サイズや容量も似ていますし、機能的な装備も充実しています。大きな違いがあるとすれば重たいのか?軽量なのか?という部分ぐらいです。

この2つのリュックの特性を見極めた上でどちらか?最適なリュックを選択したいものです。

 

両方とも一長一短がある

どんなに素晴らしいバッグだったとしても一長一短は意外と多いです。それでも気にいったり愛用してしまえば弱点の部分は気にならなくなるものです。

多少は不便に感じていても使い方や運用方法を臨機応変に変えることによって対応することが可能だからです。

ホットショット26Lとイクリプス27も同様にそれぞれ一長一短があります。どちらのリュックが自分にとって最適なリュックなのか?見極めることも重要になります。

 

ノースフェースのホットショット(hotshot)26L

ノースフェースのホットショット26LはPCやモバイル性能が非常に高いビジネス用途に向いているリュックになります。特に気の利いたポケットや装備も充実しているため、利便性が高いバッグになります。

 

 

ホットショット26Lの詳細

① サイズ&重量
サイズ: 510mm 330mm 200mm
重量 : 1135g

 

② メインルーム
ノートPC 及び タブレット端末の専用ポケットを1つずつ装備

 

③ フロントルーム
オーガナイザーポケットとして機能できるように設計されており、スマートフォンやモバイルバッテリー、USBコード類をそれぞれ収納することが出来るのは勿論のこと、鍵などの大事な物を収納できるキーフック搭載のファスナーポケットを装備しています。

 

 

④ 基本装備
大きなサイズの持ち手、チェストベルト、専用ポケットに収納可能なウェストベルト、コンプレッションベルト、両サイドにペットボトル用のポケット

 

ホットショット26Lの長所

① PC機器の収納に強い
ノートPC専用ポケットだけでなくiPad などのタブレット端末を収納できる専用ポケットを搭載しているのでドッチでも機能的に対応することが出来ます。

 

② モバイル性能
スマートフォンだけでなく、モバイルバッテリーを収納できるポケットを装備しているため、とても使いやすいです。それでいてUSB充電ケーブルやペンホルダー、コンデジ等を収納可能なポケットも装備しているため、機能的なポケットが充実していてビジネス用途でも十分に活躍できます。

 

③ ウェストベルト
ホットショット26Lはウェストベルトの収納や取り出しが行えます。通学や通勤といった用途では必要ありませんが、出張といった場合にはノートPC等を持ち歩くことになるため、バッグが重たくなります。

このような場合にウェストベルトがあると重宝します。しかも着脱ではなく専用ポケットから引き出せば良いので必要に応じて臨機応変に対応することが出来ます。

 

 

ホットショット26Lの短所

① 重たい
一番の短所はズバリ本体重量が重たいことです。何も収納していない状態で1135gあるため、これを旅行に持参すると、ちょっと何かを収納するだけで重く感じてしまいます。

 

② リュックのショルダーが分厚くない
ホットショットのショルダーは分厚いと呼べるだけの厚みはありません。それでも市販のリュックから比べれば十分に厚みはあります。

 

 

カリマーのイクリプス(eclipse)27

カリマーのイクリプス27は軽量でノートPC収納ポケットを搭載していることもあり、レジャーからビジネス用途まで便利に利用できるリュックになります。

 

 

イクリプス27の詳細

① サイズ&重量
サイズ: 490mm 330mm 280mm
重量 : 760g

 

② メインルーム
メインルーム内にはノートPC収納ホルダーも兼ねるハイドレーションボトルホルダーを装備しています。ポケットはクッション性があり分厚いです。

 

 

③ オーガナイザーポケット
ダブルファスナーで開閉できるオーガナイザーポケットはマチ幅も広く、多種多様なポケットも装備されていて機能的です。

但し、ホットショット26Lと比べるとポケット類は少ないですし、気の利いたファスナーポケットがありません。

 

④ フロントポケット
リュックのフロント側にあるシングルファスナー開閉のポケットになります。大きなサイズのポケットなのですが仕切りポケットはありません。

 

⑤ 基本装備
大きなサイズの持ち手、チェストベルト、着脱可能なウェストベルト、コンプレッションベルト、両サイドにペットボトル用のポケット

 

イクリプス27の長所

① 圧倒的な軽さ
イクリプス27の長所は圧倒的な軽量さが特徴になります。圧倒的という表現はちょっと大げさになりますが、それでもホットショットと比較すれば一目瞭然の軽さになります。

 

② 分厚いショルダー
リュックのショルダーは分厚いショルダーになっています。ホットショットよりも分厚いです。

 

 

③ 大きな持ち手
持ち手もサイズも大きくて持ちやすいので助かります。

 

イクリプス27の短所

① 機能的でないオーガナイザーポケット
スマホとモバイルバッテリーの両方を収納できるポケットを装備していないため、必ずどちらか一方を収納する感じになります。

さらに、キーフックは装備しているが、ぶら下げる形になるため、複数の鍵を引っ掛けるとチャリチャリ音がするため、1つが限度といった感じです。

 

② 内部にファスナーポケットがない
リュック本体の外側にはファスナーポケットが充実していますが、内部にはファスナーポケットが1つもないため、管理したい小物といった類を収納することが出来ません。

 

スポンサーリンク

 

ホットショット26Lとイクリプス27はどっちが良いのか?

同じ用途で利用することが出来るホットショット26Lとイクリプス27はどっちを選べば良いのでしょうか? それぞれの特性や一長一短といった部分を考慮すると、両方とも甲乙つけがたい感じになります。

でも、これでは答えにならないので用途別に甲乙つけたいと思います。

 

ビジネス用途

通勤や出張といったビジネス用途で毎日のようにノートPCやiPadのようなタブレット端末を持参している場合であればホットショット26Lが最適です。

ポケットが多くて鍵などの大事な小物を管理できるファスナーポケットも装備しているため、仕分け管理できるので使いやすいです。

バッグ本体重量は多少重たいですが、PC機器を収納する場合はしっかりした作りになっている方が安心できます。

 

旅行やレジャー

日帰りも含めて国内や海外といった旅行のメインやサブバッグとして利用するリュックの場合はカリマーのイクリプス27が最適です。

旅行やレジャーといった用途では持ち物も多くなるため、なるべく軽量である物が良いです。特に重たい荷物を背負った場合に両肩への負担を軽減することができるのは分厚いショルダーです。

ホットショットよりも分厚いショルダーを装備しているイクリプス27であれば旅行で活躍することが出来ます。

 

 

通学や習い事、通勤

一番悩ましいのがこの用途になります。特に毎日の通勤でノートPCやタブレット端末を持ち歩いていない場合では、特にモバイル性能が充実しているポケットは一般的な物さえあれば問題ありません。

また、通学や習い事といった場合は教科書や参考書といった書籍で重たくなってしまうのでリュックの中に収納するとズッシリ感が出て来ます。

このような場合ではリュックの重量は軽量で両肩への負担が少ないがイクリプス27が最適だと考えますが、イクリプス27にはリュックの内部にファスナーポケットが装備されていません。

習い事といった場合では家の鍵を持ち歩いている場合も多いため、鍵などを機能的に管理できるファスナーポケットが有った方が便利です。

そうなって来るとホットショット26Lの方が良さそうに感じます。

 

カリマー軽量リュック&分厚いショルダーのイクリプス27レビュー
皆さん こんにちは! 今回の記事は『軽量でショルダーが分厚いカリマーのリュック(イクリプス27)のレビュー』についての内容になります。 参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。 カリマーのイクリ...
ノースフェイス・ホットショット26L 通勤出張リュックのレビュー
皆さん こんにちは! 今回の記事は『ノースフェイス・ホットショット26L 通勤及び出張に愛用しているリュックのレビュー』についての内容になります。 参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。 ノー...

コメント