バッグパック旅行に履く靴は軽いダンロップの紐なし撥水スニーカー

服装パッキング

 

皆さん こんにちは!
今回の記事は『バッグパックで旅行に履いて行く靴(スニーカー)』についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

バッグパック旅行にはゴム底のスニーカーが歩きやすい

バッグパックで旅行する場合に限らず、スーツケースで旅行に行く場合でも履いて行く靴は歩きやすい靴が最適です。歩きやすければ何でも良いのか?ということでもありませんが、クッション性のあるスニーカーが旅行には最適なのでは?と考えます。

 

旅行には履き慣れた靴を

友達との旅行の場合も含めて楽しい旅行には新しい靴を購入して行くという場合は注意が必要です。特に新しい靴の場合は足と靴が慣れていない場合が多いため、靴擦れや足が痛くなってしまう場合が多いです。

そのため、新しい靴を購入した場合は、少なくとも何度か実際に履いて足とフィットできるようになってから旅行に履いて行くのが賢明です。

靴と足がフィットしないままの状態で旅行に行くと足が疲れやすくなるので注意が必要です。

 

旅行にはスニーカーが最適

スニーカーの靴底はゴム底になっているため、クッション性があって歩きやすいです。旅行でアチコチ街歩きする靴としては最適な靴なのではないか?と考えます。

都市部を歩くのであればカジュアルシューズでも問題ありませんが、旅行の場合は都市部だけではないため、場合によっては凸凹した道や段差のある歩道を歩くことがあります。

このような道を歩くと足が疲れやすくなってしまうため、靴底にクッション性のあるスニーカーが重宝します。特に海外旅行では段差のある歩道や凸凹した道もあるため、対応できるようにした方が賢明です。

 

雨天時にゴム底のスニーカーで歩く場合は足元に注意

軽くて歩きやすいスニーカーですが、どの場面においても万能な靴という訳ではありません。特に天候が良くない日(雨天時)に滑りやすい路面を歩く場合は注意が必要です。

海外旅行に行くと、タイルになっている歩道もあります。このような歩道を雨天時に歩くと非常に滑りやすいため、歩く際は足元に注意が必要です。細心の注意を払っていても滑ってしまう場合もあるため、転ばないように歩くのが良いです。

 

バッグパック旅行の靴はダンロップのスニーカー

いつもバッグパックを背中に背負って旅行に行く場合の靴はダンロップの紐なしスニーカーを履いて出かけています。色々な靴を履いてみましたが、自分の足にぴったりフィットして歩きやすい靴だと感じました。旅行では履き慣れた靴が良いので色違いで2種類購入してローテーションで履いています。

 

バッグパック旅行はダンロップのマックスランライト

いつも旅行に履いて行く靴はダンロップの靴紐がないスニーカー(マックスランライト)を愛用しています。この靴は靴紐が無いのにも関わらず足にぴったりフィットして非常に歩きやすいです。

それだけでなく、撥水にも対応しているため、雨の日でも履くことが出来る優れものです。旅行ではいつも天気の良い日とは限らないこともあり、雨天時でも濡れずに履くことができる靴があると便利です。

但し、スニーカーの場合はゴム底になっているため、雨天時にタイルなどの滑りやすい場所を歩く場合は注意が必要です。スニーカーだからどんな場所でも安心という過信は捨てた方が良いです。

過信していると、ツルン!ドテッという感じで転んでしまうこともあると思います。

 

愛用しているダンロップのスニーカー

① 品名
マックスランライト(ダンロップ)

 

② 紐なし
靴紐(くつひも)がないタイプです。

 

③ 靴のタイプ
ランニングシューズなのでジョギングやウォーキングといった運動を行うには最適のスニーカーだと思います。

 

④ どこでもOK
普通に毎日の通勤や買い物、旅行等に履いています。雨天時以外はほぼOKという感じで重宝しています。撥水性もあるため、雨天時でも多少の雨ならば特に問題ないところが良いです。流石に大雨といった場合には厳しいため、長靴などの防水性のある靴が良いと思います。

 

靴紐(くつひも)がないタイプの靴は旅行に最適

スニーカーの場合は靴紐があるタイプが多いですが、靴紐があるとしっかり結んでいないと歩いていて自然に紐が緩んでしまい、解けてしまうことがあります。

解けたまま歩いていると誰かが靴紐を踏んだりして倒れてしまうリスクも高まるため危ないですし、ちょっとみっともないです。

これを旅行でやる訳にもいかないですから、気がついた時点で靴紐を結び直す必要があります。それに引き換え、靴紐がないタイプのスニーカーであれば、そのような要らぬ心配がないため、旅行でも安心して履いていられます。

靴紐がないため、直ぐに履けるのも魅力的です。

 

旅行する場所によっても履いて行く靴は異なる

少なくとも旅行を計画した時点 又は 旅行が決まった時点で旅行に履いて行く靴選びを行うと思います。旅行のことで頭がいっぱいという場合だと何も考えずにいつも履いている靴で出かけてしまう場合もありますが、このような場合は注意が必要です。

特に旅行で訪れる場所によっては、いつも履いている靴では歩きづらかったりする場合もあるため、事前にどの靴を履いて出かければよいのか?は考えるべきだと思います。

 

旅行が決まったら靴底の確認を

旅行が決まった時に意外と忘れがちなのが靴底の確認です。どの靴を履いて行くか?悩むことは有っても靴底まで確認するということは少ないのではないか?と考えます。

靴底を見たとしてもパッと見で判断してしまう場合が多いため、靴底の溝がどのぐらいあるのか?まで詳しく確認しない場合が多いです。

いつも天気が良いとは限らないですから旅行に履いて行く靴底の溝は重要です。雨で路面が濡れていたりすると滑りやすくなります。ただでさえ滑りやすくなっているのに靴底の溝があまり無いといった状況では余計に滑ってしまいます。

旅行が決まった時点で靴底を確認することが出来れば、その時点で新しい靴を購入しても靴を慣らす時間を考慮しても旅行には十分に間に合います。次回の旅行から靴底を確認するようにした方が良いと思います。

 

スポンサーリンク

 

旅行に履いて行く靴選びに迷ったら

旅行というと、国内の観光スポットや海外旅行がイメージされてしまう場合が多いですが、登山や都市部の観光施設やテーマパークも旅行のうちの1つに数えられます。

登山であれば登山靴、都市部の観光スポットであればカジュアルシューズといった靴が最適になるため、旅行によっても履いて行く靴は異なります。

旅行に履いて行く靴を悩んでしまった場合は、自分がどの場所に旅行に行くのか?という視点で履いて行く靴を選ぶのが良いのでは?と考えます。

 

旅行に履いて行く靴底の溝には注意を

旅行に履いて行く靴はお気に入りの愛用シューズが多いですが、靴底を確認しないまま旅行に履いて行ってしまう場合が多いです。

お気に入りに靴の場合は、普段の生活でも好んで履いている場合が多いため、靴底がすり減ってしまっている場合も多いと思います。

特に靴底の溝が無くなっている場合は雨天時ではツルン!ドテッという感じで転んでしまう場合も発生するため危ないです。

旅行に行く前に靴底の溝をしっかり確認しておくことが求められます。もし、すり減っていたら、その靴は履いて行くのを諦めて違う靴をチョイスするという選択も必要になります。

バッグパック旅行の防寒カッパ部屋着はライトシェルパーカ・パンツ
皆さん こんにちは! 今回の記事は『バッグパック旅行時の機内防寒や簡易カッパ、部屋着はモンベルのライトシェルパーカ&ライトシェルパンツで代用』についての内容になります。 参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸い...

コメント