バッグパックでLCC旅行は5Kg以内に収まる身軽で楽なパッキング

服装パッキング

 

皆さん こんにちは!
今回の記事は『LCCを利用してバッグパックで旅行する場合は5.0Kg以内のパッキング』についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

LCCの機内持ち込み手荷物は7.0Kg以内

LCCを利用して海外旅行に行く場合は機内持ち込みのパッキングで旅行するのが良いです。全ての荷物を機内に持ち込むことになるため、大変ですけれども、その代わりに旅行先の空港に到着したら、手荷物の受け取りに伴う手間が発生しません。

 

機内持込の手荷物は7.0Kg以内

LCCでは全ての荷物を機内に持ち込む場合の合計重量は7.0Kg以内の場合が多いです。各航空会社のチェックインカウンターではチェックイン手続時に計量があります。

もし、この段階で航空会社が定める重量が超過していた場合は別途料金が発生することになります。

そのため、少なくとも自宅を出発する前には旅行に持って行く荷物は7.0Kg以内になっているのか?を最終確認した方が良いです。

但し、全ての荷物を機内に持ち込む必要がない場合は、7.0Kg以内にパッキングするという部分に拘る必要はありません。

 

どうして機内持ち込みのパッキングなのか?

LCCに限らず航空会社のチェックインカウンターで荷物を預けた場合は、到着後の空港で預け荷物を受け取る必要があります。

到着した空港のターンテーブルで預け荷物を受け取る場合、直ぐには受け取ることが出来ないため、自分の預けた荷物が流れて来るまで、ひたすら待つ必要があります。

この待っている時間は無駄な時間になりますし、意外と長く感じます。このようなロスタイムを無くすには荷物を預けないで全ての荷物を機内に持ち込むしか方法がありません。

 

手荷物の受け取る手間は勿体ない

到着後の空港で預け荷物を受け取るまでの時間は長く感じます。直ぐに自分の荷物が流れて来るのであれば何も問題ありませんが、そのように直ぐに流れて来る荷物は、ごく一部の人達の荷物になります。

一部の人以外は、ひたすら流れて来るのを待つしかありません。この待っている時間を有効に活用することが出来れば良いのですが、なかなか活用できないのが実情です。

 

バッグパックのパッキングでは5.0Kg以内で収納

LCCで機内持ち込みする場合は7.0Kg以内が多いのにも関わらず、どうして5.0Kg以内のパッキングにしなければならないのか?不思議に感じると思います。これには明確な理由があります。

 

旅行先で土産物を買わない場合

旅行先で特産品などの土産物を買わない場合は、7.0Kg以内のパッキングで何ら問題ありません。現地で何も買わない旅行になるので帰りのパッキングを気にする必要がないのが良いと思います。

おそらく、このような旅行では現地の美味しいグルメや現地の魅力を堪能する旅行になるのでは?と考えます。

旅行に行って満足して帰るため、土産物を購入しなくても問題ないといった感じになると思います。

 

旅行先で土産物を買う場合

LCCの機内に持ち込む手荷物は7.0Kg以内の場合は、7.0Kgのパッキングで現地に到着した場合、旅行先では特産品などの土産物を購入することも有ると思います。

この場合は確実に重量超過になってしまいます。重量超過になると別途料金が発生することになるため、LCCで旅行するメリットが半減してしまいます。

そうなって来ると、旅行先で購入する土産物のことを考慮した上でパッキングすることが求められます。

いつもの旅行では、どのぐらいの土産物を購入しているのか?を把握した上で、その分を差し引いた重量になるようにパッキングする必要があります。

 

パッキングは5.0Kg以内

バッグパックのパッキングでは全ての荷物を5.0Kg以内で纏めるのが良いと思います。このパッキングであれば、土産物を買う?買わない?に関係なく両方に対応することが出来ます。

お土産を買う場合であれば、最大で2.0Kg以内の土産物を購入することが出来ますし、土産物を買わない場合は身軽な旅行を楽しむことが出来ます。

特に旅行では、なるべく身軽な旅が好ましいです。荷物が多く重量が重たいと、その分、身体への負担も大きくなるため、疲れやすくなってしまったり、肩や背中が痛くなってしまうこともあります。

そのため、5.0Kg以内のパッキングで身軽な旅行を楽しむことが出来れば移動も楽になります。

 

5.0Kg以内に抑えるパッキングにするには?

全ての荷物を7.0Kg以内にするのも大変なのに5.0Kg以内にするなんて無理なのではないか?と思ってしまいますが、コツを掴めば意外と簡単です。

 

旅行便利グッズの持参を控える

旅行には様々な旅行便利グッズを持参する場合が多いです。旅行便利グッズは、旅行に持って行くと便利なグッズになります。このような便利グッズは別に持って行かなくても特に困らないグッズでもあります。

このようなグッズを旅行に持参しなければ、その分、旅行の荷物は少なくなります。旅行に持って行く持ち物はコンパクトになるように努力することも大切です。

 

旅行の着替え衣服

旅行の荷物の中で一番面積の広い持ち物といえば着替え衣服です。手っ取り早く旅行の荷物を減量化させるのであれば、着替え衣服を何とか軽量化する必要があります。

この着替え衣服を軽量化することが出来れば、身軽でコンパクトなパッキングが実現できるため、それこそバックパック1つで旅行も夢ではありません。

 

着替え衣服は2泊3日分で纏める

海外旅行の場合は3泊以上の宿泊になる場合が多いですが、3泊分の着替え衣服を旅行に持参するのは大変です。男性で衣類に無頓着といった場合でない限り、オシャレに気を使ったり、着替え衣服にも拘りがあると思います。

旅行の着替え衣服をアレコレと拘ってしまうと、着替え衣服が増えてしまいます。着替え衣服がふえてしまうと荷物の減量化には逆効果になるため良くないです。

そうなって来ると、この着替え衣服を何とかすることが出来れば旅行の全体重量を大幅に圧縮することも可能になります。

旅行の着替え衣服は1週間の旅行期間だったとしても2泊3日分の着替えに纏めるのが良いです。

 

スポンサーリンク

 

全ての重量を5.0Kg以内に抑える鍵は洗濯

1週間の旅行の場合でも2泊3日分の着替え衣服の場合、3泊以降の着替えが無くなってしまいます。これを補うには旅行先のホテルで洗濯するしか方法がありません。

 

旅行先のホテルで洗濯

楽しい旅行なのに洗濯?と思ってしまうかも知れませんが、旅行でも洗濯した方が良いです。

宿泊日数分の着替えを持参すると荷物が非常に多くなってしまいますが、2泊3日分の着替えであれば、出発時に着て行く分も含めると3泊4日分の着替えになります。

これを毎晩ホテルで洗濯することで十分に着替え衣服を回転させることが出来ます。

 

汚れ物の衣類が無くなる

旅行中も毎日洗濯することで汚れ物の衣類を持ち帰る必要が無くなります。宿泊日数分の着替えを持って行く場合、まるごと全部汚れ物の衣類として持ち帰ることになります。

汚れ物の衣類は綺麗に畳まないため、旅行バッグに占める面積も増えてしまいます。それだけでなく、旅行から帰宅した場合は洗濯が大変になってしまいます。

 

旅行に持参する洗濯セット

① 折りたたみハンガー
② 洗濯ばさみ
③ 洗濯ひも
④ 洗濯洗剤

 

バッグパックでLCC旅行では全ての荷物を機内に持ち込むパッキング
皆さん こんにちは! 今回の記事は『LCCを利用してバッグパックで旅行する場合は全ての荷物を機内に持ち込むパッキング』についての内容になります。 参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。 LCC...

コメント