フラップ付きの財布目的の旅行用ベルトポーチは利便性が悪いので注意

ポーチ等

 

皆さん こんにちは!

今回の記事は『旅行用ベルトポーチにはフラップが付いている利便性が悪いので注意を』についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

旅行中のお金の管理にベルトポーチを利用する場合

国内や海外といった旅行では財布目的でベルトポーチを利用する場合があります。国内旅行であれば日常生活で使っているいつもの財布を利用しても良いのですが、海外旅行では流石にリスクを伴うので海外旅行に向いている財布が欲しいところです。

 

ポケットで管理しなくて便利

ベルトポーチを旅行中の財布として利用するメリットとしてはズボンのポケットに財布を収納すると盗難の被害に遭ってしまう可能性を低くする事ができる事になります。

何せ、ベルトが通してあるので、ほぼズボンと一体化しているので、この状態でベルトポーチごと盗難するのも困難です。

鋭利な物で都合よくベルトを切る事も出来ないですから、セキュリティ面も考慮すると旅行には最適なお財布といった感じになります。

また、パスポートを収納する事が出来るタイプの場合では海外旅行でも便利に利用する事が出来ます。

 

パスポートの携帯に最適

パスポートを収納できるベルトポーチであれば、パスポートを携帯する目的で便利に利用する事が出来ます。

というのも海外旅行では常時パスポートを携帯しないといけないため、宿泊先のホテルで食事をする場合でも携帯している必要があります。

サコッシュのような貴重品収納に特化した小さめなバッグが有ると便利なのですが、ホテルの食事ではバイキング形式の場合も多いため、サコッシュをぶら下げたまま食材を選ぶのはちょっと宜しくない場合もあります。

どうして宜しくないのか?というのは、サコッシュが他の食材に触れてしまいそうで気が気でならないといった感じ。

このような場合にベルトポーチがあると助かります。

 

ベルトポーチは国内旅行に向いている

パスポート収納できるブルとポーチの場合は海外旅行でも問題ないのではないか?と考えてしまう場合がありますが、その考えは時期尚早になります。どちらかというと国内旅行に向いているポーチになります。

 

財布サイズの旅行用のベルトポーチは利便性

旅行目的に特化しているベルトポーチを旅行に持参すると分かるのですが、利便性が悪かったりします。どうしてそのように感じるのか?というと、構造上の問題かも知れません。

財布サイズの旅行用に特化したベルトポーチの場合だとダブルファスナー開閉になっている場合があります。確かにダブルファスナーであれば左右どちの方向からも開閉できるので便利そうに感じますが、実際には困ります。

どのように困るのか?というと、片手で開閉できないので、必ず両手を使わないといけない事になります。

このような動作を海外旅行で行ったら、スリの専門家は見逃さないと思います。決してベルトポーチだからといってセキュリティ面がバッチリという訳ではないのである。

 

海外旅行では微妙なベルトポーチ

海外旅行にベルトポーチを利用する場合に特に気を付けて欲しいのが、いかにも財布であるといった感じのポーチという事になります。

ベルトにパスポートが収納できるサイズのポーチが装着されていたら、いかにもココに貴重品が入っていますよ!と自らアピールしている状態になります。

これってどうなのでしょうか?海外旅行では、ただでさえ日本人はターゲットになり易いです。それなのに自らアピールする行為というのは、あまり良くないのではないか?と考えます。

少なくとも海外でベルトポーチを利用するのであれば宿泊先のホテル内に限定するのが良いと思います。

 

スポンサーリンク

 

フラップ付ベルトポーチは利便性が悪い

実際にベルトポーチを海外旅行で使った事がありますが、残念ながら筆者が持参したベルトポーチは利便性がすこぶる悪いダブルファスナー開閉のフラップ型でした。旅行では利便性も考慮した方が良いです。

 

フラップ付は邪魔である

海外旅行用のパスポートを収納できるベルトポーチの場合に限って言えば、フラップ付のタイプがあります。フラップが付いている事で2重の備えになるため、セキュリティ性が強化される事になります。

盗難対策を考慮するのであれば、フラップ付きが良いと思いますが、その反面、この蓋はハッキリ言って邪魔になります。

というのも、開閉する度にフラップも開閉しないといけないため、頻繁にお金の出し入れを行う場合では邪魔そのものになります。

お金の盗難対策なのだから仕方のない部分になりますが、それでも利便性にも配慮しないと困るのは自分になります。

 

使い方によってはセキュリティも危うい

フラップ付きのベルトポーチの場合ではセキュリティ面が蓋を装備する事によって格段に強化されている筈になりますが、使い方次第で何の意味もない状態になっている場合もあります。

どういう事なのか?というと、ファスナーを閉め忘れてしまう可能性も高くなります。フラップさえ閉めていれば問題ないといった感じになりやすいので蓋を開けたらファスナーが開いていた!という場合もあります。

このような事を行っていると、何の為のセキュリティ強化なのか?意味が分からなくなってしまいます。

セキュリティ対策に秀でたグッズだったとしても自分の使い方によっても大きく変わって来る事になります。

 

旅行で財布タイプのベルトポーチの利用ではシングルファスナーが最適
皆さん こんにちは! 今回の記事は『旅行で財布タイプのベルトポーチの利用ではシングルファスナーが最適』についての内容になります。 参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。 旅行には財布型ベル...

コメント