Bluetooth キーボード 折りたたみ タッチパッド付 レビュー(iClever IC-BK08)

Gadget

 

皆さん こんにちは!

iPadなどのタブレット端末で入力を伴う作業を行う場合ではキーボードが必要になりますが、iPad 純正キーボードである Magic Keyboard などの場合では本体重量も重たいです。

このような重たいキーボードを外出先に持参するのは賢明の選択ではないため、もっと軽量でかつ利便性の高いキーボードが最適に感じます。

これに該当するのがタッチパッド付の折りたたみキーボードになりますが、色々なタイプが有るので本当に使い勝手が良いのか?は実際に使ってみないと何とも言えないのが実情になります。

また、1つのデバイスでしか利用できないタイプでは活用できるとは限らないので可能ならば、WindowsやChromebookでも利用できる方が良いと思います。

今回の記事は『Bluetooth キーボード 折りたたみ タッチパッド付 レビュー(iClever IC-BK08)』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

Bluetooth 折りたたみ キーボード iClever IC-BK08

ここでは、Bluetooth接続にて使用できるタッチパッド付き折りたたみキーボードのiClever IC-BK08についての紹介になります。

iClever IC-BK08 タッチパッド付キーボード 仕様

通常使用時 : 278mm × 90mm × 13mm

折りたたみ : 158mm × 90mm × 15mm

重量    : 220g

接続方式  : Bluetooth 5.1

連続使用  : 60時間(USB充電)

備考等   : ファンクションキー(Fn)有り

付属品   : MicroUSB充電ケーブル、専用キーボードケース

 

iClever IC-BK08 機能

① ペアリングボタン
Bluetoothマウスの場合では本体裏面にペアリングボタンが有りますが、iClever IC-BK08の場合では、Fnキーを押しながら、ペアリングボタン「C (Pairing)」となります。

 

② 左右クリックボタン付タッチパッド
キーボードの右側に配置されているタッチパッドには左右のクリックボタンを装備しています。タッチパッド一体型ではなく、それぞれ独立しているタイプのボタンになります。

 

③ Bluetooth切り替えするボタン
iClever IC-BK08 には3つのデバイス切り替える事ができるBluetooth切り替えボタンを3つ装備しています。

パソコン、iPad、スマホといった感じで、3つの異なるデバイスやOSでも利用できるようになります。

 

利用できる機種

iClever IC-BK08 を利用できるデバイスは、Windows、Chromebook、Android、Mac OS、iOS、iPad OS に対応しているデバイスとなります。

ほぼ全てのデバイスで利用できるようになっているため、便利に利用できると思います。

 

Bluetooth キーボード iClever IC-BK08 機能・特徴

ここでは、折りたたみキーボードの iClever IC-BK08 の機能や特徴の詳細についての内容になります。

携帯性に優れる折りたたみ式

Bluetooth 接続にて利用できる iClever IC-BK08 は、軽量でかつ、持ち運びに便利な折りたたみ式キーボードになります。

折りたたみ式のため、外出先に持ち歩く用途(携帯性)に優れており、iPadシリーズなどのタブレット端末と連携して外出先で利用する場合では役立ちます。

というのも、iPadシリーズに専用のSmart Keyboard や Magic Keyboard が用意されていますが、このキーボードケースよりも iClever IC-BK08 の方が圧倒的に軽量だからです。

サイズも折りたたんだ状態で、158mm × 90mm × 15mm(220g)とコンパクトでかつ、平べったい形状のため、バッグなどに収納して持ち運ぶ際にも便利です。

 

タッチパッド(トラックパッド)

折りたたみキーボードの右側部分に左右クリックボタン付タッチパッド 及び Bluetooth 切り替えボタンが装備されています。

クリックボタンはタッチパッド一体型ではないため、タッチパッドのサイズが小さいと感じます。それに対して、クリックボタンは逆にサイズが大きいと感じます。

ちょっとアンバランスな感じのサイズ感です。因みに、左右のクリックボタンを除いた タッチパッドのサイズは、47mm × 56mm となります。

便利に利用できるという訳ではないため、購入する場合は折りたたみ式なので仕方ないといった感じで割り切る事も必要になります。

 

Bluetooth 切り替えボタン

タッチパッドの上に配置されている3つのボタンがBluetooth 切り替えボタンになります。

3つのボタンになっており、それぞれのボタンに利用するデバイスを登録できるようになっています。

そのため、デバイスを切り替える場合では、Fnキーを押しながら、対応するボタンを押すだけで簡単にデバイスを切り替える事ができます。

 

iClever IC-BK08 メリット・デメリット

ここでは、Bluetooth キーボード iClever IC-BK08 のメリット・デメリットについての紹介になります。

タッチパッドは一長一短に感じる

iClever IC-BK08のメリットは左右のクリックボタンが付のタッチパッドを搭載している部分が該当しますが、これはデメリットにも当てはまります。

というのも、お世辞にもサイズが広くて便利に使えるといったサイズ感とはないからです。

さらに言えば、左右のクリックボタンが独立しているが故に余計に小さく感じるのもマイナス要因の1つになります。

タッチパッドのサイズも 47mm × 56mm のため、便利に使えるサイズではないです。

 

Bluetooth切り替えボタンは、iPad 2台持ち活用に便利

3つのBluetoothデバイスをボタン1つで簡単に切り替える事ができる部分は実際に使ってみると便利に感じます。

特にiPad 2台持ち活用(併用)している場合に便利に感じます。

基本的に、Smart Keyboard や Magic Keyboard を利用すると思いますが、携帯性を考慮すると、専用カバーが利用できる軽量な折りたたみキーボードの方が何かと都合が良いです。

 

イマイチに感じる部分

タッチパッドを除いた部分がキーボードになりますが、折りたたみ式なので余計にサイズが小さいな!と感じます。

キーボードのサイズが小さいと、1つ1つのキーも比例して小さくなりますから負の連鎖といった感があります。

この部分を気にしないのであればコンパクトで便利に使える携帯できるキーボードとして活用できると思います。

 

Bluetooth キーボード iClever IC-BK08 レビュー

ここでは、タッチパッド付き折りたたみキーボード iClever IC-BK08 の評価・レビューについての内容になります。

サイズ・形状 及び 使い勝手

折りたたみ時では、158mm × 90mm × 15mm になるため、薄くてコンパクトな形状になります。薄くてコンパクトなので外出時に持参するバッグの中にもiPadと一緒に持参できるので便利に感じます。

折りたたみ式は観音開きタイプです。両手でパカッと開くと右側にタッチパッド、左側と中央部分にキーボードとなります。

パッと見ると分かるのですが、キーサイズが小さいですし、キーの配置も若干異なるので入力する場合は見ながら入力になってしまうのではないか?と感じます。

使い慣れたら、見ながら入力しなくても良いですから、使い勝手は良くなると思います。

 

USB充電

iClever IC-BK08 タッチパッド付き折りたたみキーボードは、USBケーブルにて充電となります。

でも、充電端子が、MicroUSBなので、Androidスマートフォンで利用できる USB Type-Cではないため、外出先に持ち歩く用途では、自動巻き取り式の3in1ケーブルなどを持参した方が良いと感じます。

幸いな事に通勤や旅行で持ち類ている4in1タイプの自動巻き取り式充電ケーブルを所持しているので問題ありませんが、この部分は考慮も必要かも知れません。

 

iClever IC-BK08 評価・レビュー

iClever IC-BK08 は外出先に持参する用途で活用するのが最適に感じる折りたたみキーボードになります。

自宅でも利用できますが、サイズが小さいので便利に活用できるといった感じではないです。iPad などのタブレット端末等でキーボードを利用したい場合に活用できるアイテムに該当します。

どのデバイスでも利用できるので便利に感じますが、パソコンには向いていないと感じます。パソコンではサイズの大きいキーボードの方が圧倒的に便利に感じます。

iPadなどのタブレット端末で利用するキーボードとして使った方が活用できるのではないか?というのが個人的な見解になります。

 

iClever IC-BK08 Windows PC、Chromebook ペアリング設定方法

ここでは、Windows11やChromebookでBluetoothキーボードをペアリングする方法についての紹介になります。

Windows11 Bluetooth ペアリング設定方法

① 設定
Bluetooth デバイスとのペアリングを行う場合では、「設定 → Bluetoothとデバイス」を開きます。

 

② デバイス切り替え
IC-BK08 は3つのデバイスを切り替えできますが、どのボタンにWindows11のデバイスを割り当てるのか?決めます。その上で、Fnキーを押しながら切り替えボタンを押すと切り替えできるので、1~3のどれか?を選択します。

 

③ ペアリング設定
ペアリングする場合は、ペアリングボタン「Fnキー + C」を押します。Cにペアリングが割り当てられているので、ファンクションキー(Fn)を組み合わせて設定となります。

 

④ 設定完了
iClever IC-BK08 Keyboard」が表示されるので、クリックします。そうすると、接続済みと表示されるので完了をクリックしてウィンドウを閉じます。

 

Chromebook Bluetooth ペアリング設定方法

① 時刻
シェルフの右端に表示されている時刻をクリックすると、通知ステータスが表示されるので、歯車アイコンの設定をクリックします。

 

② Bluetooth
ネットワークが表示されるます。Bluetooth の右側にある ➤ (矢印)をクリックします。(Bluetoothスイッチの左横にあります)

 

③ ペアリング
ペア設定されていないデバイスの右横にクルクル回っているアイコンが表示されています。この状態で、Chromebookに接続するBluetoothキーボードの電源ONにします。

 

④ ペアリングボタン
Bluetoothキーボードのペアリングボタンを押すと、ペア設定されていないデバイスに型番が表示されます。ここでは、iClever IC-BK08 Keyboard を接続します。

 

⑤ タップ(クリック)
画面に表示されている iClever IC-BK08 Keyboard をタップすると接続完了となります。

iPad キーボードケース「ロジクール Folio Touch」レビュー
皆さん こんにちは! iPadシリーズを購入する場合では、一緒に利用すると便利に感じるアクセサリーも同時購入する場合が多いと思います。 本当はこの選択は良くないと感じるのですが、一緒に購入した方が色々と自分にとって最適に...