SANAG X6S ポータブル Bluetooth スピーカー レビュー

スポンサーリンク
ガジェット

 

皆さん こんにちは!

毎日の日常生活では、ヘッドホンでミュージックを聴いていますが、耳の健康も考えてると、ヘッドホンやイヤホンの利用はやめた方が良いと感じます。

ヘッドホン並のサウンドが聴けるBluetoothワイヤレススピーカーであるMini Wireless speakerを買いましたが、技適マークが無くてUSB接続にて使っています。

でも、USBケーブルの場合ではコードが邪魔に感じますし、iPadスマホと接続できないのでイマイチに感じた事もあり、新たに技適マークがあるSANAG X6S Bluetooth ポータブルスピーカーを購入となります。

今回の記事は『SANAG X6S ポータブル Bluetooth スピーカー レビュー』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

SANAG X6S Bluetooth ポータブルスピーカー

技適マークのあるBluetoothワイヤレススピーカーを購入したくて買ったSANAG X6S Bluetooth ポータブルスピーカーの紹介になります。

SANAG X6S ポータブルスピーカー 仕様

サイズ : 89mm × 75mm × 75mm
重量等 : 285g

通信等 : Bluetooth 5.0
再生等 : 18時間連続再生

機能等 : AUX、MicroSDカード対応(32GBまで)、高音質重低音、ハンズフリー

備考等 : 40mmの低音振動膜を搭載、技適マーク

付属品 : ストラップ、SIMピン、USBケーブル、AUXケーブル、説明書

 

SANAG X6S スピーカーの特徴

① 技適マーク
SANAG X6S ポータブルスピーカーには技適マークが有ります。ネット通販で購入できるBluetoothスピーカーの場合では技適マークがない商品もあるのが実情になります。

 

② MicroSDカード
32GBまでのMicroSDカードを利用できるポートが搭載されています。

 

③ きれいなサウンド
ヘッドホンのような感覚で聴こえてくるサウンドになります。但し、感じ方には個人差があるため、一概には何とも言えません。

 

④ 豊富なカラー
10種類のカラーから選択できるため、自分にとって最適に感じる色が見つかる可能性が高いです。

 

SANAG X6S Bluetooth スピーカーの一長一短

Windows PCと連携活用する目的で購入したSANAG X6S Bluetooth スピーカーのメリット&デメリットについての紹介になります。

SANAG X6S デメリット

① 起動時
電源ボタンをONにする場合に悩みます。というのも短い押し方をすると電源がONにならないからです。起動するには電源ボタンを長押しするのである。因みにモードを切り替える場合は短い押し方で対応できます。ちょっと分かりづらい感あり。

 

② 本体の音量ボタン
PCとBluetooth接続している場合では、本体の音量ボタンを操作しても全く反映されません。

 

③ SIMピン
SIMピンが付属されているのが意味不明といった感じ。何に使うのかな?といった感じ。

 

④ ストラップ
専用ストラップが付属されていますが、取り付けする事はできません。どうやって装着するのか?説明書に記載もないので、ストラップなんて不要なのでは?と感じます。

 

SANAG X6S メリット

① AUX接続
AUXケーブルが付属されているため、Bluetooth接続しないでAUXケーブルにて接続する事もできます。

 

② MicroSDカード
32GBまでのMicroSDカードを利用する事ができます。この場合では、スピーカー本体の音量ボタン()及び再生・一時停止ボタンを利用します。

 

③ 技適マークあり
SANAG X6Sには技適マークがあります。電波法令で定められている技術基準に適合していることを証明する技適マークがあるので安心して利用できます。

 

SANAG X6S Bluetooth ポータブルスピーカーのレビュー

ここでは、SANAG X6S Bluetooth スピーカーのレビューについての紹介になります。気になった事や感じた感想になるため、参考になるのか?分かりません。

イマイチに感じる部分

① 起動音
電源ONして起動すると、大音量ではないのですが、高くてちょっと鈍い音がします。もうちょっと小さい音の方が助かります。特にあまり音を立てたくない時間帯に高い音が出るのは大変宜しくないです。

 

② 自動電源OFF
このスピーカーには自動で電源OFFにする機能が搭載されています。これがイマイチに感じます。5分間、Bluetooth経由で通信していないと自動的にOFFになります。この機能は不要に感じるのは気のせいでしょうか?

 

触り心地が抜群

手のひらサイズにスッポリ収まる形状でかつ、触り心地も非常に良いので屋外に持ち歩ける絶妙なサイズ感になります。外観の表面にはスベスベ感があります。

実際に持ってみると、そんなに重く感じないので、手のひらサイズが功を奏しているのかな?と感じます。

 

SANAG X6S レビュー

① USB接続
MicroUSBケーブルが付属していますが、USBを本体に挿し込む場合が固いです。

 

③ サウンド
音質に関して言えば、とても素晴らしいと思えるぐらいに綺麗なサウンドになります。音飛びもあまりなく、ヘッドホンを利用しなくても高音質重低音音を楽しむ事ができます。

 

③ モード切り替え
一番よく分からないと感じるのはモード切り替えになります。電源ボタンを短く押す事で切り替える事はできるのですが、どうやったらハンズフリーになるのかな?というのが分かりません!使いづらいな~というのが率直な感想。

 

SANAG X6S PC連携 使用レビュー

SANAG X6S Bluetooth ポータブルスピーカーをWindows PC 及び Chromebook で接続して使ってみた使用レビューになります。

Windows PC と連携した場合

普段Windows PC で音楽を聴く場合では、MP3ファイルをWindows Media Playerを利用して聴いていますが、基本的に1曲ずつの単位でリピート再生したり、気分によって臨機応変に変更しています。

同じようにSANAG X6S Bluetooth スピーカーを利用すると問題が発生します。1曲ごとに終了させるとBluetooth接続が切れてしまうのである。

別の曲をまた再生すると、SANAG X6Sと接続し直す必要があります。毎回こんな事はやるのは面倒なのでWindowsではこのスピーカーは利用したくないです。

 

Chromebook と連携した場合

Chromebookでは、MP3ファイルを聴いていません。その代わりにYoutube動画でミュージックを視聴しています。

SANAG X6S をBluetooth接続して利用すると、Youtubeを視聴する場合では、Bluetooth接続が切断される事なく快適な音声やサウンドを聴けて満足できます。

但し、電源ONしていきなりYoutube動画を視聴するのは良くないです。というのも、音量がMAXになっている場合が多いので、適切な音量になっているのか?確認してから動画視聴が最適です。