黒糖生姜レビュー!ポカポカシリーズ黒糖生姜シークヮーサー飲みレポ

お土産・特産品

 

皆さん こんにちは!

今回の記事は『黒糖生姜のレビューです。ポカポカシリーズ黒糖生姜シークヮーサー飲みレポ』についての内容になります。

生姜湯の場合では生姜が効いている事もあり、あまり飲みやすいとは言えない場合が多いですが、この黒糖生姜シークヮーサーは別次元といった感じの飲みやすい生姜湯になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

ポカポカシリーズ黒糖生姜シークヮーサー

いつも好んで飲んでいるのは台湾産の黒糖生姜 又は ポカポカシリーズの黒糖生姜になりますが、マンネリ化した事もあり、シークヮーサー入りの黒糖生姜を購入してみました。

黒糖生姜シークヮーサーの原材料

① 原材料
粗糖、黒糖、糖蜜、シークヮーサーパウダー、沖縄産シークヮーサー、生姜粉末

 

② シークヮーサー
流石に黒糖生姜シークヮーサーというだけあって、シークヮーサー(ヒラミレモン)が含まれているのである。

そのお陰もあり、黒糖生姜の飲み物といった感じではなく、ホットドリンク的な感じの酸味のある味わいが楽しめるドリンク感覚な生姜湯に仕上がっているのだと思います。

 

③ 黒糖生姜
いかにも黒糖生姜がメインのようなパッケージの割には、一番多いのが粗糖というのが何とも微妙になります。生姜粉末も一番少ないので、黒糖と生姜が含まれている飲み物と言った方が正解かも知れません。

 

お取り寄せ商品(楽天市場で購入)

ポカポカシリーズの黒糖生姜は、楽天市場で購入しています。

沖縄に旅行しなくても、お取り寄せ商品であれば、注文して購入できますから、旅行に行かなくても行った気分を味わう事が出来ます。

そういう意味では、現地の特産品をお取り寄せできるのは大変素晴らしいと思います。

 

推奨の飲み方

パッケージの袋の裏面に推奨の飲み方が記載されているので、そのように飲んで頂ければ美味しく飲めると思います。

ホットミルクや温めた豆乳と混ぜると、どんな味になるのか?は個人的に気になる部分になりますが、実際に試した事はありません。

 

スポンサーリンク

ポカポカシリーズ黒糖生姜シークヮーサーのレビュー

シークヮーサーが含まれた黒糖生姜のレビューになります。筆者の視点での感想になるため、参考になるのか?分かりません。

甘さと辛さが控えめな生姜湯

実際に舐めて確認 及び 熱湯を注いで飲んで確認してみた結果になりますが、どちらの場合でも、甘さ辛さ控えめに感じます。

そのお陰もあり、非常に飲みやすいドリンクに仕上がっているのですが、その反面、黒糖の甘さや生姜の辛さが物足りなく感じるのも事実です。

そのため、物足りなさを感じる場合では、シークヮーサー(ヒラミレモン)が含まれていない黒糖生姜をお勧め致します。

筆者の場合は、どちらか?というと、甘さよりも生姜の辛さを好むため、物足りなさを感じました。

 

味と香りについて(舐めて確認)

黒糖生姜パウダーの状態で舐めて確認してみましたが、全然違う味わいを感じます。これが本当に黒糖生姜の飲み物なのかな?とつい袋の裏面を確認したくなるのが実情になります。

袋の裏面を確認すると、確かに黒糖と国産生姜の記載があるので、黒糖生姜なんだな!と分かるのですが、明らかに面白い味わいなのが特徴です。

香りの部分になりますが、開封直後の袋の香りを確認する限りで言えば、むせ方に違いが発生します。強烈に感じるのがシークヮーサーが含まれていない方になります。

 

黒糖生姜シークヮーサーのレビュー

パッケージのシールは異なりますが、実際の黒糖生姜パウダーの色は全く変わらないです。見た感じでは全く同じに見えます。

それならば香りはどうなのか?というと、確かにちょっと違っているのですが、袋を開封して別の容器に移し替えると両方ともむせます。

開封直後の感じ方は全く同じというのが率直な感想になります。

 

ポカポカシリーズ黒糖生姜シークヮーサー飲みレポ

ポカポカシリーズの黒糖生姜は、いつもノーマルタイプを購入しているのですが、マンネリ化している事もあり、他の種類の黒糖生姜も飲んでみたくなり、購入となります。

ドリンク感覚で飲める生姜湯

ドリンク感覚で飲めるというのは大袈裟な表現かも知れませんが、ホットでも非常に飲みやすい味わいなので、このような表現を使わせて頂きました。

その1つの要因に該当するのがシークヮーサーなのかも知れません。シークヮーサーは沖縄と台湾で生産されている果実なので、これが加わるだけで、飲み易さにも変化があるのには驚きです。

 

シークヮーサーが入ると別物の黒糖生姜

黒糖生姜の場合では、口の中に一口含めると甘さが効いているな〜と感じます。一口飲み終わった後は喉の奥から生姜の辛さが効いて来るといった感じになります。

それに対して、黒糖生姜シークヮーサーはこれがないのです。厳密に言えば、小さく感じる程度なので、そのように感じるのかも知れません。

ホットでもドリンク感覚で飲める生姜湯に感じる事もあり、全く別次元の黒糖生姜に該当します。これは実際に飲んでみた方が良いと思います。

筆者でもどのように表現すれば正解なのか?思い付かないのである。

 

飲みレポ

一言で言えば、『甘さと生姜が控えめなドリンク感覚で飲める飲みやすい生姜湯』というのが率直な感想になります。

黒糖生姜にシークヮーサーが加わっただけで、こんなに味が変わるのか?といった感じになるのが特徴になります。

どちらか?というと、酸味が効いている感じがするので、これが甘さを抑制する効果があるのかな?と考えています。

黒糖生姜の場合では、少なくとも『甘くて美味しい』又は『甘みを感じる』場合が多いのですが、黒糖生姜シークヮーサーの場合は甘さ生姜の辛さも控えめな生姜湯ドリンクのような飲み物になっています。

 

ホットミルクの飲みレポ

黒糖生姜シークヮーサーと黒糖入り生姜紅茶の2種類のポカポカシリーズで、ホットミルクを試してみましたが、甘いの一言に尽きるといった感じでした。

ミルクを温めると甘くなるので、ホットミルクで飲む場合は少なめに調整した方が良いと思います。

 

 

黒糖生姜と黒糖生姜シークヮーサーの比較レビュー

筆者の視点でのポカポカシリーズ黒糖生姜と黒糖生姜シークヮーサーの比較レビューになります。あくまでも実際に飲み比べてみた感想になるため、参考になるのか?分かりません。

飲みやすさ

飲みやすさで比較すると、圧倒的に黒糖生姜シークヮーサーに軍配が上がります。非常に飲みやすいので、小さな子供でも好きになる味わいといった感じだと思います。

シークヮーサーが加わるだけで、こんなに味わいが変わるのか?と正直ビックリしている状態になります。

甘さが抑制気味に美味しさになるのが絶妙に美味しいに結び付いているのかな?と個人的に考えます。

 

甲乙つけがたい美味しさ

美味しさに限って言えば、双方共に甲乙付けがたいのではないか?と考えます。どうしてか?というと、味わいが360度異なるといった感じになっているので、一緒に比較する事が出来ないからです。

ドリンク感覚で飲める黒糖生姜シークヮーサーと生姜湯として飲める黒糖生姜と言った方が正解なので、お好みで判断して頂くのが最適です。

 

総合評価は好みにもよる

① 黒糖生姜

一口ずつ味わって飲むのであれば、ポカポカシリーズ黒糖生姜が最適になります。特に冬の寒い季節では一口ずつ味わって飲みたいものです。

それに対して、ホットでも飲みやすいタイプだと直ぐに飲み終わってしまうので、これもちょっとどうかな?と感じます。

 

② 黒糖生姜シークヮーサー
生姜の強くない飲み物が好きな人には、こちらのタイプが最適になります。生姜が強いタイプの場合では、飲んだ後に生姜が喉からウワーっと効いて来るので、この感じが苦手な場合もあると思います。

このような場合では、それが抑え気味なポカポカシリーズ黒糖生姜シークヮーサーが最適です。

 

 

黒糖生姜レビュー!ポカポカシリーズ黒糖生姜は夏冬 美味しい生姜湯
皆さん こんにちは! 今回の記事は『ポカポカシリーズ黒糖生姜のレビュー 及び 飲みレポです。冬の季節は勿論のこと、蒸し暑い夏季でも美味しく飲めるオールシーズンに対応した生姜湯』についての内容になります。 黒糖生姜と言えば...
黒糖生姜レビュー!ポカポカシリーズ黒糖入り生姜紅茶の飲みレポ
皆さん こんにちは! 今回の記事は『黒糖生姜のレビューです。ポカポカシリーズの黒糖入り生姜紅茶の飲みレポ』についての内容になります。 ポカポカシリーズの黒糖生姜には紅茶バージョンも有るので、どんな味なんだろう〜について紹...