黒糖生姜レビュー!ポカポカシリーズ黒糖入り生姜紅茶の飲みレポ

黒糖生姜

 

皆さん こんにちは!

今回の記事は『黒糖生姜のレビューです。ポカポカシリーズの黒糖入り生姜紅茶の飲みレポ』についての内容になります。

ポカポカシリーズの黒糖生姜には紅茶バージョンも有るので、どんな味なんだろう〜について紹介できれば!と思いました。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

ポカポカシリーズ黒糖入り生姜紅茶

いつも飲んでいるのはポカポカシリーズの黒糖生姜なのですが、黒糖入り生姜紅茶という商品もあるので、どんな味なのか?気になりお試し購入しました。

黒糖入り生姜紅茶の原材料

① 原材料
粗糖、黒糖、糖蜜、紅茶粉末、生姜粉末

※ 粗糖と黒糖は沖縄県産になります。

 

② 紅茶粉末
黒糖入り生姜紅茶となっているので、紅茶の割合が多いのかな?と思っていましたが、粗糖黒糖の方が多いようです。

 

お取り寄せ商品

ポカポカシリーズ黒糖入り生姜紅茶はお取り寄せ商品になります。Amazon や 楽天市場で購入になります。

お取り寄せ商品の場合は、旅行に行かなくても自宅で旅行に行った気分を味わう事が出来るので便利だと思います。

もっとも筆者の場合は、黒糖生姜を愛飲しているので旅行はあまり関係ないです。

 

飲み方

小さじ3〜4杯をカップに入れて熱湯 又は ホットミルク100mlを注ぐだけという簡単さになります。

ホットミルクの代わりにホット豆乳でも問題ありません。

但し、ホットミルクを注ぐ場合は注意も必要になります。何に注意なのか?というと、ミルクの場合は温めると甘くなるので、生姜紅茶粉末は少なめに入れた方が良いと思います。

 

スポンサーリンク

ポカポカシリーズ黒糖入り生姜紅茶のレビュー

紅茶粉末が含まれているポカポカシリーズの黒糖入り生姜紅茶のレビューになります。筆者が気になった事や感じた感想になるため、参考になるのか?分かりません。

見た目は他の2種と全く同じ

パッと見た感じでは、他のポカポカシリーズの黒糖生姜と何ら変わらない色具合になります。表面だけでなく、掻き混ぜて確認してみたのですが、同じ色というのが率直な感想です。

熱湯を注ぐと、明らかに濃厚な色合いに変化するのである。紅茶の色よりも濃厚な色合いになるので、黒糖も多少なりとも影響しているのかな?と思います。

 

味について(舐めて確認)

黒糖入り生姜粉末を直接舐めてみると、生姜のピリ辛さを感じる事が出来ます。強烈に辛いという訳ではないのですが、普通に生姜が効いているといった感じになります。

それなのに、熱湯を注ぐと、どういう訳か分かりませんが、この生姜のピリ辛さが和らいでしまうのである。なかなか興味深いといった感じになります。

因みにどの程度ぐらい舐めたのか?というとスプーンですくって先っぽの部分だけなので、もっと舐めてみると、また違った感じ方になるのでは?と思います。

 

熱湯を注ぐと色だけ濃い紅茶のような感じ

熱湯を注ぐ前までは生姜のピリ辛さを感じる事ができるのですが、熱湯を注いだ瞬間から生姜のピリ辛さが和らいでしまうのも不思議な感じです。

さらには、舐めた時は紅茶が含まれているのは感じられないのですが、熱湯を注いで初めて、これは紅茶なのかな?生姜湯かな?という感じの飲み物として認識できます。

ちょっと紅茶として飲むには時期尚早になります。味わいも濃いめなのである。

 

ポカポカシリーズ黒糖入り生姜紅茶の飲みレポ

黒糖入り生姜紅茶の飲みレポになります。実際に飲んでみて気になった事や感じた感想になるため、参考になるのか?分かりません。

紅茶の味わいではない美味しさ

先ず、口の中に含んでみた感想は、紅茶ではないな!と感じました。確かに紅茶粉末も含まれていますが、紅茶の味わいではないのである。

紅茶に、お砂糖を入れて美味しくなっているといった味でもないので、生姜が絶妙に合わさっているのがポイントかも知れません。

色は紅茶よりも濃く、味わいは生姜湯ではない、それでいて黒糖の甘さも効いているといった何とも分かりづらい感覚。

一言で表現すれば、『子供が飲んでも美味しく飲める生姜湯』なのかも知れません。

 

ほんのり生姜が効いている

生姜の辛味は効いていますが、目立たないような感じになります。一口飲むと、口の中が熱く感じるので生姜は確かに効いていますが、強烈に辛いという訳ではないのである。

こればっかりは感じ方によっても個人差があるため、他の第三者が飲んで見ると、また違った味わいを感じると思います。

実際に飲んでみるのが良いと思います。普通に飲んで美味しいですから、購入しても損はないと思います。但し、糖分が多いので飲み過ぎには要注意です。

 

生姜湯や紅茶でもない感覚の飲み物

あくまでも黒糖と紅茶粉末が含まれている生姜紅茶といった感じの味わいになっているため、紅茶や生姜湯感覚で飲むと物足りなさを感じる場合が多いです。

特に生姜のピリ辛といった感覚が好きな人にとっては、生姜の辛味が自分好みでないと満足できない場合が多いです。

あえて言えば、子供や生姜の辛味が苦手な人に向いている生姜湯なのではないか?というのが個人的な感想になります。生姜湯でもなければ紅茶でもない飲み物です。

 

生姜湯とホットミルクで飲みレポ

黒糖入り生姜紅茶に熱湯を注いで飲むよりも、ホットミルクで飲んだ方が美味しいです。牛乳を温めると甘くなるので黒糖入り生姜紅茶がとっても美味しくなります。

お湯を注いで生姜湯として飲むのも良いですけど、違った味わいを堪能できるホットミルクもお勧めになります。

因みに、プレーンヨーグルトに混ぜてみたら、意外といける味わいでした。もっとも、ヨーグルトに混ぜるのであれば、黒糖生姜シークヮーサーの方が美味しいと筆者は感じました。

 

 

飲み易さは黒糖生姜シークヮーサーと良い勝負

飲み易さで比較すると、ポカポカシリーズ黒糖生姜シークヮーサーと良い勝負になります。普通に飲めるので何杯でもいけてしまう美味しさだからです。

紅茶の味わいではない

紅茶にお砂糖を入れて飲んだ場合の味わいではないのが特徴になります。ピリ辛の生姜が含まれているので、紅茶感覚にはならない不思議さがあります。

だからといって、生姜湯でもない飲み易さがあるので、配合が絶妙なんだな!と思います。直接舐めるとピリ辛全開なのに、お湯を注ぐと別の味わいになるのが面白いです。

色が濃いのにも関わらず、味は濃くなくて非常に飲みやすいのが不思議な魅力かも知れません。

生姜の辛さが苦手な場合では、黒糖生姜シークヮーサーと良い勝負というのが率直な感想になります。

 

黒糖生姜シークヮーサー

ポカポカシリーズ黒糖生姜シークヮーサーには、シークヮーサー(ヒラミレモン)がが含まれている事もあり、酸味が効いている感じの黒糖生姜になります。

生姜のピリ辛感が酸味によって目立たなくなっている感じになるため、非常に飲みやすいというのが率直な感想になります。

冷蔵庫に冷やして飲んでも美味しいので真夏の蒸し暑いシーズンに最適のような感じです。但し、覚めると粉末生姜が沈殿するので、飲む直前に再度、かき混ぜる必要も発生します。

 

 

飲み過ぎに注意

熱湯を注いだ場合では、甘さがそんなに感じない事もあるため、何杯も飲みたくなってしまう場合がありますが、決して糖分は少ない訳ではないため、飲み過ぎには注意した方が良いです。

何せ、この黒糖入り生姜紅茶には粗糖と黒糖が沢山含まれているので、糖分は十分に摂取していると思います。

生姜で甘さが目立たなくなっているだけなので、くれぐれも飲み過ぎには注意した方が良いです。

 

黒糖生姜レビュー!ポカポカシリーズ黒糖生姜シークヮーサー飲みレポ
皆さん こんにちは! 今回の記事は『黒糖生姜のレビューです。ポカポカシリーズ黒糖生姜シークヮーサー飲みレポ』についての内容になります。 生姜湯の場合では生姜が効いている事もあり、あまり飲みやすいとは言えない場合が多いです...
黒糖生姜レビュー!ポカポカシリーズ黒糖生姜は夏冬 美味しい生姜湯
皆さん こんにちは! 今回の記事は『ポカポカシリーズ黒糖生姜のレビュー 及び 飲みレポです。冬の季節は勿論のこと、蒸し暑い夏季でも美味しく飲めるオールシーズンに対応した生姜湯』についての内容になります。 黒糖生姜と言えば...