黒糖生姜レビュー!黒糖しょうが糖ドライフルーツ甘納豆の食レポ

黒糖生姜

 

皆さん こんにちは!

黒糖生姜と言えば、飲み物が多いのですが、ドライフルーツの生姜(しょうが)糖もあります。今回紹介するのは黒糖漬けの生姜ドライフルーツになります。

「黒糖しょうが糖のドライフルーツ甘納豆」のレビュー&食レポについての内容。いつも飲み物ばかり飲んでいたので、ちょっと飽きてしまった事も影響して生姜の食べ物にチャレンジです。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

黒糖しょうが甘納豆

冬の寒い時期に食べると免疫力を高める効果が期待できるため、良いと言われる生姜糖のドライフルーツについての紹介になります。

黒糖生姜のドライフルーツ

濃いはちみつ生姜の黒糖バージョンに該当するのが「黒糖しょうが甘納豆」になります。

見た感じ、いかにも黒糖の色をしている生姜ドライフルーツと分かるのですが、食べた場合の生姜の辛さはワンランク上の辛さを感じます。

確かに甘辛いのですが、ワンランク上の甘辛さになっているのが特徴だと思います。甘納豆という表現にはちょっと微妙というか?抵抗を感じるのは気のせいでしょうか?

 

黒糖しょうが甘納豆 詳細

名称糖 : 生姜菓子

原材料 : 生姜、黒糖、上白糖、トレハロース、酸味料

内容量 : 200g

製造者 : 味源

 

甘納豆に感じない生姜の辛さ

濃いはちみつ生姜よりもワンランク上の生姜の辛味を感じる事ができる黒糖しょうが甘納豆になりますが、食べ慣れると辛さは弱まります。

十分に辛いので、1回に食べる量は1~2個程度になるのでは?と思います。

でも、健康的な事を考慮すると、1回あたり1個が最適です。というのも、黒糖、上白糖の2つが、それなりに多く含まれているため、食べ過ぎると糖尿病の予備軍になります。

幸いな事に十分に甘辛いため、そんなに食べれないのが救いになります。

 

スポンサーリンク

黒糖しょうが甘納豆のレビュー

楽天市場で購入した食べる生姜糖の「黒糖しょうが甘納豆」のレビューになります。食べて良し、生姜湯として飲んでも良し!なので購入してみました。

黒糖の甘さ

黒糖の甘さをどの程度感じる事が出来るのか?という部分については、ちょっと表現が難しいです。何故か?というと、生姜の辛さの方が完全に勝っているので黒糖を感じるといった感じにならないからです。

口の中に入れて噛んだ瞬間から生姜が口の中を充満するので、確かに黒糖で甘辛さを感じられるのですが、それをさらに上回る生姜の辛さなので甘辛いでなく、辛甘いといった表現の方が正解なのではないか?と個人的に考えます。

 

1個あたりのサイズはマチマチ

袋の中に入っている黒糖生姜のドライフルーツはどれも均一という訳ではなく、小さくスライスされている物もあれば、大きさサイズにスライスしてある場合もあります。

厚みも同様に、いかにも厚いと感じる物もあれば薄っぺらもあるので、小さなタイプを選んで食べる場合にちょっと探すのが大変です。

食べる場合は、均等に切ってから食べるのが丁度良いと思います。大小様々なサイズなので1回あたり1個だったとしても大きさによって変わります。

 

均等に切って食べるのがベスト

黒糖生姜ドライフルーツのサイズがマチマチなので、同じ1個でも実際に食べる量が異なってしまうのが実情になります。

これでは生姜の食べ過ぎ 及び 糖分の摂り過ぎに繋がってしまうため、最適とは言い難いです。均等のサイズになるように切って食べるようにした方が良いです。

生姜を食べると免疫力アップに期待できるからといって、生姜の摂り過ぎになっては健康にも良くないですから、程々に食べれるように努力する事も必要です。

 

黒糖しょうが甘納豆の食レポ

濃いはちみつ生姜の黒糖バージョンである「黒糖しょうが甘納豆」の食レポになります。食べて気になった事や感じた感想になります。

黒糖でも生姜に勝てない

いつ食べても辛甘いのが特徴の生姜菓子になります。生姜の辛さに慣れても、甘辛い感じにはならないのが特徴の1つになるのではないか?と考えます。

原材料の中で生姜が一番多く含まれているため、完全に生姜が勝っている状態になるので、生姜好きなら問題ないですけど、生姜が苦手な場合では1袋を食べ切るのが大変なのでは?と感じます。

あくまでも筆者は、このように感じました。

 

食べるタイプは3段階のポカポカを感じる

黒糖生姜の飲み物は大好きですけど、食べる方は苦手に感じます。その理由の1つとして、生姜の辛さが挙げられます。

噛んだ瞬間から一気に口の中から炎をふき出すか?のように辛さが伝わって来るのですが、これで終わりではないのです。

噛めば噛むほど口の中は辛くなり、顔の部分だけ熱く感じるようになりますが、トドメの一撃が飲み込んだ後にやってきます。

身体もポカポカな感じになるため、夏季に食べると発汗します。やっぱりこれを食べるのであれば肌寒い日 又は、冷房が効いている部屋が良いと思います。

 

黒糖生姜湯として飲む場合

湯のみ茶碗に黒糖しょうが甘納豆1つ入れて熱湯を注ぐと、黒糖生姜の飲み物として美味しく飲食する事が出来ますが、筆者の好みの味では無かったです。

というのも、生姜ドライフルーツに滲み込んでいた黒糖がお湯に溶け出してしまうため、そのままの生姜を食べる事になるからです。

本当に生姜が好きな人でないと、ちょっとこの食べ方は厳しいな~と感じました。お湯の方は美味しいけれども生姜をどのように食べるのか?も考慮した方が良いです。

 

 

黒糖しょうが甘納豆の食べ方はどれが良いのか?

辛甘い黒糖しょうが甘納豆の最適な飲食方法についての紹介になります。あくまでも筆者の場合なので参考になるのか?分かりません。

健康の免疫力アップを期待する場合

甘辛ではなく、辛甘いという表現が似合う黒糖しょうが甘納豆を健康目的に食べる場合では、サイズを小さく均一に切った上で、あまり食べ過ぎないようにコントロールする事が求められます。

小さく細かくすると物足りなさを感じる場合がありますが、生姜糖ドライフルーツの場合は決してそんな事は微塵も考えてはいけません。

そもそも辛甘いとはいえ、甘さを感じているので、十分に糖分は含まれています。恐らく生姜の辛さを目立たなくする為に、必要以上に糖分が含まれていると推測されます。

 

間食のおやつで食べる場合

間食の場合でも基本的には小さく均一に切った方が良いと思います。1個のサイズは薄くて小さいのであれば切らなくても良いのですが、明らかに大きなサイズも意外と多く含まれているので調整した方が良いです。

免疫力アップが期待できる黒糖生姜だったとしても基本的に黒糖と上白糖の甘さが含まれているため、本当に相当の甘さが効いていると思います。

生姜の辛さの影響であまり甘いと感じていないだけなので、間食として食べる場合は1個で十分なのではないか?と考えます。

 

お好みで生姜湯

筆者の場合は、あまりオススメしないですけど、生姜湯としても問題ないです。生姜が大好きという方は、この飲食方法が良いと思います。

 

濃いはちみつ生姜レビュー!生姜しょうが糖ドライフルーツの食レポ
皆さん こんにちは! 黒糖生姜と言えば、飲み物が多いのですが、ドライフルーツの生姜(しょうが)糖もあります。今回紹介するのは黒糖生姜ではなくて生姜のドライフルーツです。 「濃いはちみつ生姜」のレビュー&食レポについての内...