ChromebookウィジェットはChrome拡張機能で対応できる

Chromebook
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

ChromebookはChromeで何でもかんでもやるパソコンになるので、通常では利用できない事も、力技でもないですが、Chromeで実現してみよう!という感じになる場合もあります。

例えば、Androidスマートフォンでも利用できるウィジェットが良い例になるのかな?標準では利用できないですけれども、Chrome拡張機能を利用すると対応できるようになるので、こういうのも有りかな?と感じます。

だからといって、この方法がベストなのか?と言えば、賛否両論といった方が正解です。だって答えは1つではないですから、別の方法も試してみないと何とも言えないと思います。

今回の記事は『ChromebookウィジェットはChrome拡張機能で対応できる』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

Chromebookでウィジェットを利用する方法

ここでは、ノートパソコンのChromebookでAndroidスマホのようにウィジェットを利用するにはどうすれば良いのか?についての内容になります。

ウィジェットは標準機能では利用できない

Chrome OS を搭載しているノートパソコンのChromebookの特長の1つとして、標準仕様ではAndroidスマホのようにウィジェットを利用できない!という部分があります。

それに対して、Windowsの場合では標準で利用できるウィジェットは、便利に感じないですけど、アプリをインストールできますから、デスクトップ上でウィジェットを利用する事も可能です。

この観点から考慮すると、Windowsの方が便利に感じるのかな?といった感じになります。とはいえ、あくまでも標準仕様では対応していないだけですから、機能を追加すれば対応できるようになります。

 

2種類の方法でウィジェット対応できる

Chromebookでは、標準でウィジェットに対応していないのがデメリットに感じますが、2種類の方法で対応する事ができるようになっています。

その2種類の方法とは「Chrome拡張機能」と「Androidアプリ」になります。どちらの方法が最適に感じるのか?という部分も気になる要素の1つに該当しますが、残念ながら一概には何とも言えません。

というのも、どのように感じるのか?は個人差があるため、流石にこればっかりは何とも言えないのが実情になります。大変申し訳ないのですが、2種類の方法を実際に試してみて、個々で判断して頂くのが最適です。

そんな面倒に感じるような事はやりたくない!と感じるのであれば、ウィジェット利用しなくて何ら問題ありません。

 

スポンサーリンク

ChromebookでウィジェットはChrome拡張機能で対応

ここでは、Chrome OSを搭載しているパソコンのChromebookでウィジェットを利用する場合はChrome拡張機能で対応できるについての内容になります。

Chrome拡張機能でウィジェット対応する方法

Chromebookでウィジェット対応する場合では、Chrome拡張機能を追加する必要があります。具体的に何の拡張機能を追加することでウィジェットを利用できるようになるのか?も重要になります。

これを知らないで検索してもヒットしないですから、キーワード検索は重要です。一番良いのはコピペで拡張機能の名称を入力して検索すれば一発表示できます。

筆者が実際に使っているのは「ProductivityTab – Custom New Tab Dashboard」という拡張機能。とても長いですからコピペして貼り付けた方が良いと思います。

ダッシュボードの用途で利用する感じの拡張機能なので、これを追加したからといって便利に感じるのは?は個人差があります。

 

Chromeで対応した場合のデメリット

Androidスマートフォンでウィジェットを利用する場合では、スマホのホーム画面で利用できるので便利に感じるのですが、Google Chromeの拡張機能でウィジェット対応する場合ではChromeで完結する事になります。

基本的にChromebookはChromeブラウザで何でもかんでも行うパソコンに該当するため、この方法でも特に問題ないのですが、壁紙のデスクトップ画面で利用できないため、不完全燃焼といった感があります。

どうしてか?と言うと、基本的にはデスクトップ画面ではフォルダやファイルを新規作成したり、配置する事ができないですから、ほぼ壁紙を楽しむ場所になっています。

それならばウィジェットは、ここで利用した方が良いのではないか?と感じるのである。

 

ウィジェット利用できるChrome拡張機能の追加方法

ここでは、Chromebookでウィジェットを利用する場合はウィジェット利用できる拡張機能を追加する必要があるについての内容になります。

Chromeウェブストアを表示する方法

① Chrome起動
ChromebookのシェルフからGoogle Chromeを起動し、画面右上の端っこにあるGoogle Chome 設定のアイコンをマウスやタッチパッド操作でクリックします。

 

② その他ツール
Google Chome 設定をクリックするとメニューが表示されます。その他のツールにマウスのカーソルを合わせると隣にサブメニューが表示されるので「拡張機能」を選択します。

 

③ 拡張機能
拡張機能では、現在利用しているChrome拡張機能が表示されます。Google Chromeのアイコンの左隣に横三本線のメインメニュー(アイコン)が有るので、これをクリックします。

 

④ メインメニュー
メインメニューを開くと、一番下に「Chromeウェブストアを開きます」が有るのでこれをクリックします。

 

Chrome拡張機能を追加する方法

① Chromeウェブストア
「Chromeウェブストアを開きます」をクリックすると、別のタブが開いてChromeウェブストアが表示されます。

 

② 検索
Chromeウェブストアの左側にはメニューが表示されているのを確認できます。メニューの一番上に「拡張機能を検索」と表示のある検索ボックスがあります。ここで「ウィジェット」と入力してEnterキーを押します。

 

③ 拡張機能をクリック
ウィジェットに関係する拡張機能やテーマ・アプリなどの一覧が表示されるので、左側メニューにある拡張機能をクリックして選択します。そうすると、ウィジェット利用できる拡張機能の一覧に絞り込みできます。

 

④ 選択
どの拡張機能を追加するのか?選択すると、説明等のページが表示されるのでページの少し右上にある「Chromeに追加」をクリックすると、拡張機能をChromeに追加できます。

 

追加した拡張機能が気に入ったら!

ウィジェットの拡張機能をChromeに追加した場合では、実際に使ってみる事になりますが、この時に継続して利用しても良いかな?と感じる場合もあります。

このような場合では、この新たに追加した拡張機能を常用できるように📌した方が良いです。

どのように行えば良いのか?というと、URLが表示されている右側にお気に入りの☆アイコンがあるので、そのすぐ右隣にある拡張機能のアイコンをクリックします。

その上で、「拡張機能を管理」という項目があるので、これを選択して、スイッチをオンにします。

 

Chromebook Chromeでウィジェット使用レビュー

ここでは、ChromebookにChrome拡張機能のProductivityTab — Custom New Tab Dashboardを追加して実際に使ってみたレビューになります。

ProductivityTab — Custom New Tab Dashboard

Chromeウェブストアで追加した拡張機能は、ProductivityTab — Custom New Tab Dashboardになります。この拡張機能を利用すると、Chromeブラウザのタブにウィジェットを追加できるようになります。

但し、ここでの注意事項としては、あくまでもChromeで利用できるウィジェットになるため、Androidアプリで利用できるウィジェットは利用できないという部分に尽きます。

さらには、この拡張機能は海外製ですから日本仕様になっている訳ではないため、実際に使ってみると、そんなに便利に感じないという場合もあります。

 

Chrome拡張機能で、ウィジェット使用レビュー

Chrome拡張機能の「ProductivityTab — Custom New Tab Dashboard」を実際に使ってみると、イマイチに感じる部分もチラホラと出て来るものです。

特に、日本語で利用できるウィジェットが少ないんですよね!この部分に尽きるのかな?それでも6個ぐらいは使えるので、とりあえず追加しているのですが、そんなに便利ではないです。

因みに、実際に追加しているのは「時計、天気予報(5日間)、ニュース、電卓、Google Keep、Google翻訳」になります。

デメリットもあります。タブを追加するとウィジェットが表示されるため、タブの追加には注意が必要です。

 

結論や感想

Chrome拡張機能を利用してChromebookでウィジェットを利用できるように対応する事は可能なのですが、実際に使ってみると、そんなに便利に感じないので、Androidアプリで対応する方法を実際に試してみてから判断した方が良いのではないか?と個人的に考えます。

やっぱり、こればっかりは「好み」や「感じ方」によっても異なりますし、個人差もありますから、2種類の方法を実際に試してみて、どっちが便利に感じるのか?で判断した方が良さそうです。

ChromebookウィジェットはAndroidアプリで対応できる
皆さん こんにちは! Chromebookでウィジェットを利用したいな~と思った場合ではどのように解決しますか?え?何を言っているのかな?と思ってしまうかも知れませんが、普通に利用できないですよね~。 標準では利用できな...