被服費の節約!衣服を買う時は試着できる衣服は試着してサイズ確認

LIFE
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

季節の変わり目といったシーズンでは寒暖差の影響も受けるようになりますが、このような時期に季節物衣類の売りつくしセールが有ったりします。

このような機会に新しい衣服を購入する場合も有るのではないでしょうか?でも、自分のサイズに合っている衣服の在庫が有るのかな?も関係あるため、無い場合ではそんなにお得という感じではないです。

やっぱり、ちゃんと在庫が有る時に新しい衣服を買った方が良いのでは?と思うのは気のせいでしょうか?

今回の記事は『被服費の節約!衣服を買う時は試着できる衣服は必ず試着でサイズ確認』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

日常生活では新しい服装も購入する

ここでは、新しい服装(洋服などの衣服)を購入する場合についての内容になります。

新しい衣服を購入する機会

生活していれば何となく新しい衣服も欲しくなりますし、購入に迫られる場合もあります。特に一人暮らしなどで新生活する場合が該当します。

また、入学や就職、その他イベント、旅行といった機会でも新しい衣服を買い求める場合がありますから、どのタイミングで購入するのか?は個人差があります。

服装と言えば、も含まれますが、どのタイミングで買い換えしているのでしょうか?基本的には靴底の溝が磨り減っていて、あまり溝がなかったら買い換えた方が良いです。

 

季節の変わり目などのセール時

それならば、どのようなタイミングで購入するのか?と言えば、お得感が得られるのは季節の変わり目などにある売りつくしセールといった感じなのかな?

確かに安く購入できるのでお得感がある反面、自分の元ている衣服が必ずしも販売されているとは限らないので一長一短があります。

特に自分のサイズに適合している商品が残っているのであればお買い得になりますが、残っていない場合もあるため、一概には何とも言えないのが実情になります。

 

クローゼットの整理も必要

新しい衣服を購入した場合では、衣服を収納する必要もありますが、この時にクローゼットを空いているのでしょうか?

少なくとも購入する前にクローゼットの整理整頓をしてからの方が良いと思います。

 

スポンサーリンク

衣服はどこで買う?ネット通販でも買える

ここでは、新しい服装を購入する場合はどこで買うのかな?店頭?ネット通販?についての内容になります。

衣類を取り扱っているお店で買う

イオンやイトーヨーカドーなどのスーパーやファッション専門店といったお店で衣服を購入する機会もありますが、どこで買っているのでしょうか?

専門店の場合では流行の衣類や人気のある衣服もあるのでファッションに興味のある人はこのようなお店で買うのかな?

それに対して量産品の衣服でも問題ない場合ではスーパーなどのお店で購入する方が多そうに感じます。

また、キャンプや登山といったアウトドアが好きな場合ではアウトドア専門店でも買い求める事ができるので色々な選択肢があります。

 

ネット通販でも購入できる

衣類を購入する場合では衣類を取り扱っているスーパーなどの店頭で購入する場合も多いですが、ネット通販でも購入できます。

但し、ネット通販で買う場合では基本的に試着できないですから、買っても返品するリスクが付き纏うので必ずしも最適な選択とは言い難いのが実情になります。

返品する場合では手数料や送料も発生しますから購入する場合は注意も必要です。

 

フリーマーケットでも買える

衣類は新品を取り扱うお店で買う物!と考えている場合も多いですが、フリーマケットでも購入できます。

中古だけれども本当に良い商品を安価で購入できるとお財布にも優しいので家計も助かります。

 

試着できる衣服は試着してサイズ確認を

ここでは、新しい服装を購入する場合は店頭に出向いて、試着した上で購入した方が良いについての内容になります。

試着しないで買うと返品リスクを伴う

衣服を購入する場合では、試着できない商品もあります。そのような商品は試着できないので致し方ないのですが、上着やズボン・スカートといった衣服を購入する場合では試着した上で購入した方が良いです。

既に自分のサイズなら把握しているので別に試着しなくても問題ない!という場合もありますが、この場合では基本的には試着した方が良いです。

何故か?と言うと、試着しないで購入した場合では、もしかすると返品するリスクも発生するからです。血自宅から近い店舗で買った場合でも、わざわざ出向いて返品しないといけませんから大変です。

 

試着できない衣服もある

肌着やシャツなどの衣服は試着できないので、とても残念に感じます。このような衣服はネット通販で購入しても良さそうに感じます。

 

衣服は店頭で買った方が良いと感じる

試着しないで買うと買ったは良いけどザイズが適合しない場合も実際にあります。製造メーカーや材質によっても実寸が異なるので試着できる衣服は試着を心がけるのが賢明の選択になります。

というのも、サイズが合わなければ返品すれば良い!と思っている場合もありますが、この場合だったとしてもお金の無駄遣いになると思います。

何せ、返品する衣服を持って行く 又は 指定の場所に送る必要がありますから送料などの手数料や余計な時間も発生します。

これって意外と勿体ないと感じるのは気のせいでしょうか?

 

試着して衣服を買うと被服費の節約に繋がる

ここでは、新しい服装を購入する場合では試着して衣服を買うと被服費の節約に繋がるについての内容になります。

試着して買うと返品のリスクを回避できる

どうして衣服を試着すると被服費の節約に繋がるのか?と言えば、試着してサイズ合わせをした上で購入すると返品リスクを可能な限り回避できます。

返品しなければ余計な費用は掛からないですし、時間も有効に活用できるため、結果的に節約に繋がるのである。

 

衣服を返品するとお金が掛かる

店頭で衣服を購入した場合でもサイズが合わなければ返品する事も可能な場合もありますが、この場合ではわざわざ購入した店舗まで出向く必要があります。

マイカーで行くから問題ない!とか考えているかも知れませんが、マイカーだったとしてもガソリン代が発生しますから、ちゃんとここまで考えているのかな?も考慮する必要があります。

 

被服費の節約

被服費の節約という観点から考慮すると、試着して衣服を購入するだけでは直接的には節約には繋がらないです。

これに加えて、現在所持している衣服をちゃんと整理してあるのか?も少なからず関係あります。

基本的に余計な買物に繋がらないようにするには、去年やその前に買った衣服を整理して自分の目で確認してみないとちょっと分からないです。