被服費の節約!衣類を買う予算は季節の変わり目に組むのも1つの方法

LIFE
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

消耗品も含めて衣類を購入する場合では、被服費の中からお金を捻出する事になりますが、この場合の予算は毎月のように組んでいるのでしょうか?

個人的には毎月のように予算化しなくても良いんじゃないのかな?と感じるのである。それこそ3~4ヶ月毎に予算化すれば良いのでは?

肌着などは必要ですけど、長く着れる衣服は適切なタイミングで購入した方が良いのでは?と思います。

今回の記事は『被服費の節約!衣類を購入する予算は季節の変わり目にある在庫処分セールに組むのも1つの方法』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

新しい洋服などの衣服を買う場合

生活をしていれば新しい洋服などの衣類が欲しいな~と感じる事もありますし、必要に迫られる場合もあります。

新しい服が欲しいと感じたら買う

新しい洋服を買うタイミングというのもは個人差が有るため、一概には何とも言えないのが実情になります。

というのも、知り合いが着ている服装が気に入ったり、本当に新しい衣服が欲しくなったり、必要に迫られる場合もあるからです。

仮に必要に迫られる場合では直ぐにでも購入となりますが、欲しいな~という場合では買いたい商品を購入するまでにどれにしようかな?といった感じで大いに悩める展開が待ち受けています。

 

クローゼットは確認するのかな?

新しい服を購入する場合に自宅のクローゼットを確認する人はどれぐらい居るのかな?ちょっと分からないですが、確認した方が良いと思います。

その理由としては、夏のシーズンであれば薄着が多いので満杯でもどうにか?なりますが、夏以外のシーズンではそうもいきません。

新しい服を買うと収納する場所も必要なので、買う前に収納スペースを確保しておく必要があります。

 

どのぐらいの価格帯なのか?

新しい服を買う場合では少なくとも希望の価格帯も有ると思います。これは個人差があるので、どの価格帯が自分の基準なのか?自分のみぞ知る領域です。

価格帯に見合ったお金が有るのか?も含めて検討になるのでは?

 

スポンサーリンク

衣服や靴などを購入する予算(被服費)

ここでは、新しい衣服なども含めて購入する場合の被服費の予算についての内容になります。

被服費は衣服だけではない靴も含まれる

各種イベントも含めて新しい衣服を購入する機会もありますが、この時に衣服だけを購入するのでしょうか?被服費には靴も含まれます。

の場合ではパッと見では何でもなくても靴底を確認すると溝が磨り減っている事があるため、新しい服を購入するタイミングで靴底も確認した方が良いと思います。

もし、磨り減っていて半年ぐらい3ヶ月ぐらい持ちそうにないと判断できる場合では一緒に買った方が良いのではないか?と個人的に考えます。

 

衣服や靴は長持ちする

衣服や靴の場合では、直ぐに壊れてなくなってしまうようには作られていないので、一定の期間は使う事になります。

毎日履いている靴であれば消耗品なので短サイクルで買い換えになる場合もあります。でも、旅行やアウトドア用の靴の場合では基本的に頻繁に履かないので長持ちできます。

このような状況なのにも関わらず、毎月のように被服費を予算化する必要性は有るのかな?と思うのは気のせいでしょうか?

 

被服費は毎月のように予算化するのかな?

毎日着る肌着などは消耗品なので毎月のように被服費も必要に感じますが、毎日着るといっても1ヶ月単位で切れて壊れてしまうような衣類ではないと思います。

少なくとも2~3ヶ月は持つと思うので、3ヶ月毎に被服費を予算化するのが良いのではないかな?と個人的に考えます。

可能ならば季節の変わり目に予算化するのが最適に感じます。

 

衣類を購入予算は季節の変わり目に組む方法

ここでは、新しい衣服などの衣類は季節の変わり目にあるセールに合わせて被服費の予算化する方法もあるについての内容になります。

季節の変わり目にはセールがある

どうして季節の変わり目の時期に被服費を予算化するのか?と言えば、この時期には在庫品の売りつくしセールがあります。

このセールに合わせて予算化することで、ちょっと手がでなかった衣服も格安で入手できる確率が高くなります。来年度に着る目的で買うのも良いかも知れません。

 

在庫処分セール時に買うと節約できる

新しい衣服を在庫処分セールの時に購入することで、被服費の節約に繋がる可能性があります。安くなっているから、購入できれば節約になるのですが、必ずしもそうなるとは限りません。

というのも、自分に適合しているサイズが有るのか?が重要です。さらにはデザインや色も関係ありますから、ドンピシャ!でマッチしている衣服がどの程度残っているのか?も関係あります。

もし、そのような衣服を購入できれば節約できるので、この時期に予算化するのも1つの方法になります。

 

セール時に購入のデメリット

新しい衣服を売りつくしセール時に購入する場合のデメリットもあります。

自分に合うサイズ・デザイン・色の3つ全てが揃っている商品が果たしてどのぐらい残っているのか?店頭に出向いてみないと分からないのが実情になります。

店頭に出向いたけれども見つからない場合もありますが、せっかく足を運んだのだから何か?買っておいた方が良いかな?と思ったりします。

たぶん、この場合では余計にお金を使う結果に繋がってしまう可能性があります。、

 

生活では被服費の節約も必要に感じる

ここでは、新しい衣服を欲しい時に購入するのも良いですは、被服費の節約も必要に感じるについての内容になります。

どうして被服費の節約も必要なのか?

被服費の場合では、毎月のように予算化しなくても毎月のように新しい衣服を購入するとは限らないので確実に積み立てられていく場合が多いです。

ファッションが趣味という場合であれば毎月のように買うと思うので予算化しても良いですが、こちらの場合では衣服が多くて大変な事になってしまうのでは?

あまり着ていないのに着られなくなってしまって処分する展開になる場合も実際にあるため、被服費の節約も心掛けた方が良いのではないかな?と感じます。

 

衣服は消耗品を除いて長く着れる

もう1つ重要なのは、肌着や毎日のように着るシャツなどは消耗品に該当しますが、それ以外の衣服の場合では消耗品のカテゴリには当たらないと思います。

つまり、長く着ることができるので長持ちできるのである。それなのにも関わらず、デザインがちょっと異なるだけで同じような衣服というのも所持している場合が多いです。

さらには毎年のように流行の商品も出て来るので、これらも買っていたら大して着ないのにも関わらず服が散乱する事に繋がります。

 

整理整頓すると見つかる

季節の変わり目といった時期ではクローゼットや衣類収納ボックスを整理すると思いますが、この時に以前はよく着ていたけれども今は着ていない衣服も発見される場合があります。

このような衣服はどうするのか?も考慮が必要です。着るのであれば、被服費を削っても良いのではないかな?と考えます。

被服費の節約!衣服を買う前にクローゼットを整理するのも1つの方法
皆さん こんにちは! 新しい服が欲しいと感じた時はどうしていますか?直ぐにお店に直行するという人は少ないと思います。 どうしてか?と言えば、先ずは「お金」、次に「本当に必要なのか?」などを考えるのでないかな?といった感じ...