被服費の節約!ミニマリストの考えを取り入れるのも1つの節約方法

LIFE
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

日常生活では、各種イベントに遭遇する事も多いですが、このようなイベント時に着て行く衣服も意外と重要です。

やっぱり、場面ごとに合っている衣服がありますから、場違いな格好で行く訳にもいきません。そのため、お店に出向いて新しい衣服を買い求める事になります。

でも、頻繁に着る衣服であれば問題ないのですが今年限りとかある場面しか着ないような衣服が多いとクローゼット広くないと大変です。

今回の記事は『被服費の節約!ミニマリストの考えを取り入れるのも1つの節約方法』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

衣服を買う場合では被服費からお金を捻出

ここでは、日常生活をしていれば、何となく、そろそろ新しい衣服が欲しくなる場合もあります。このお金は被服費から買うのでは?

被服費に含まれるのは衣服だけではない

衣服を買う場合では生活費の中から、しいては被服費の中からお金を捻出する事になりますが、被服費は衣服だけではないです。

外出する場合に履いていく靴、通勤や通学といった用途に持ち歩くバッグなどのカバン類も被服費に含まれます。

あと、傘とか帽子、服飾品なども含まれるため、意外と範囲が広かったりします。

 

靴(シューズ)も被服費の1つ

被服費に含まれる物と言えば、衣類が該当しますが、も含まれます。靴の場合では基本的に靴底の溝が擦り減ってしまって、そろそろ買い換えの時期かも知れないというタイミングに買うのかな?

それとも旅行やアウトドアといったイベントに合わせて購入する場合もあるため、このような時期に予算化しておくのも良いのかも知れません。

 

バッグも被服費に含まれる

各種イベントに出かける場合では、新しい衣服などを買う場合もありますが、一緒に新しいバッグも欲しくなって買い求める場合もあります。

バッグも被服費に含まれるため、予算化する場合では少なくとも前もってどのぐらいの価格帯のバッグを欲しいのか?検討しておくことも必要です。

右から左にお金を動かせれば問題ないですが、一人暮らしならともかく、家族が居る場合ではそうもいきません。

 

スポンサーリンク

新しい衣服は毎月買うのかな?

被服費の場合では毎月のように予算化している場合も有りますが、そもそも新しい衣服は毎月買うのでしょうか?

衣服が欲しいと感じた時

新しい衣服が欲しいと感じる場合も多いですが、このタイミングで買うのが一番多いのかな?と思います。

でも、それが人によっては毎月あったり、1年に1回だけの場合もあったりと様々なので、回数が少なければ少ないほど、節約にも繋がるのかな?といった感じです。

 

季節の変わり目に買う?

衣類を買うタイミングとしては、季節の変わり目などにある在庫処分の売りつくしセールを利用して購入する場合も多いです。

自分に最適に感じるサイズやデザインが残っているのか?はちょっと分かりませんが、それでも見つかる可能性もあります。

それに在庫処分なので、今までは手に出せなかった価格帯の商品でも安くなっているのでお買い得感があります。

その反面、来年着るかも知れないといった感じで買うと、実際には着ないで新しい服を買う結果にも繋がります。

 

必要に迫られた場合に買う?

学校への入学、引っ越し、就職による新生活、一人暮らし、結婚といった場合では、新生活に相応しい衣類も必要になります。

このように新しい衣類が必要に迫られる場合も有るので、このようなタイミングを利用して必要な衣類ではない物は一緒に購入する場合も多いです。、

 

被服費の節約をしたいな~と考えた場合

ここでは生活していれば、生活費も節約して何か?大きな買物をする場合に役立てたいと考える場合おあるについての内容になります。

どうして被服費を節約するのか?

生活費の中からどの費用を節約するのか?については個々の判断に委ねられますが、どうして被服費を節約するのか?と言えば聖域になりやすい費用の1つに該当します。

基本的に肌着や靴下といった毎日のように着る衣類を除いて、他の衣服の場合では着る頻度も比較的に少ないですから長持ちします。

それなのにも関わらず、毎年のように新しい流行物の衣類が出て来るので不思議と欲しくなってしまうのである。

その結果、欲しいと感じた時に買っていると、大して着ないのにも関わらず次から次へと同じ用途で着れる衣服も増えてしまいます。

このような展開にならないようにするには被服費の節約にも心掛ける必要があります。、

 

節約してはいけない被服費もある

毎日のように通勤や通学等で着る衣類は消耗品に該当するため、薄くなって姉妹には切れてしまって着れなくなると思います。

着る頻度が高い衣類は致し方ないのですが、このような場合ではその都度、買い換える事になります。この費用は削ってはいけません。

最低限必要に感じる被服費は予算化しておいた方が賢明の選択になります。

 

かばん(バッグ)等の購入

通勤・ビジネス出張や旅行といった場合ではバッグ(かばん)も必要に感じますが、流石に悩みますよね~。

通勤で利用していれば使う頻度によっても異なりますが、飽きてしまったっり、壊れてしまう場合もあります。

旅行では新しいバッグで行きたいという気分にもなるのが実情です。この購入費用はどのように予算化するのか?も考慮が必要です。

 

ミニマリストを参考にする被服費の節約方法

ここではミニマリストの真似事はできないけれども考え方を取り入れて被服費の節約に取り組む節約方法についての内容になります。

被服費の節約はミニマリストを参考

ミニマリストって何かな?と思う場合もありますが、基本的に必要最小限の持ち物で生活する人を指す場合が多いです。

実際にこれと同じような事をするには余程の覚悟がないと真似できないのが実情なのでチャレンジするのは厳しいです。

でも、ミニマリストの考え方については十分に参考できるので取り入れるのが良いです。この考え方を参考にすると被服費の節約にも繋がる可能性が高いです。

何せ、本当に必要な物(確実に何度も着る衣類)しか買わなくなるため、今年限りしか着ないという衣類は買わなくなります。

 

本当に被服費の節約に繋がるのかな?

ミニマリストの考え方を取り入れた場合では、本当に被服費の節約に繋がるのか?という部分も大いに気になる要素の1つに該当すると思います。

基本的には最初は成功すると言った方が正解になります。でも、時間が経過するうちに考え方も変わって来るので意思が弱い場合では半年も経過した頃にはいつもの日常に戻ってしまう場合が多いです。

被服費の節約に繋げる事ができるのは、節約に大しての意識が高くて、意思も強い人に限定されるのではないでしょうか?と個人的に考えます。

被服費の節約!衣類を買う予算は季節の変わり目に組むのも1つの方法
皆さん こんにちは! 消耗品も含めて衣類を購入する場合では、被服費の中からお金を捻出する事になりますが、この場合の予算は毎月のように組んでいるのでしょうか? 個人的には毎月のように予算化しなくても良いんじゃないのかな?と...