コロンビア・アシュレイフォールズワンショルダーバッグのレビュー

レビュー

 

皆さん こんにちは!
今回の記事は『コロンビアのアシュレイフォールズワンショルダーバッグのレビュー』についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

コロンビア・アシュレイフォールズワンショルダー

旅行のメインバッグでもあるノースフェイスのホットショット26Lのサブバッグはコロンビアのアシュレイフォールズワンショルダーバッグになります。

 

日常生活での用途

アシュリーフォールズワンショルダーバッグは日常生活でも役立ちます。習い事や通院、お出かけといった用途に利用できます。

何と言って2つのサイズの大きいポケットがあるため、収納性は抜群ですし、メインルーム内ファスナーポケットとしても機能するファスナーポケットは便利です。

ちょうど、スマートフォンが収納できるサイズなので大事な物を管理することも出来ます。イマイチなショルダー部分を除けば特に不満はないため、日常生活でも便利に使えるバッグになります。

 

旅行での用途

旅行のメインバッグでもあるノースフェイス・ホットショット26Lのサブバッグ兼バッグインバッグとして利用しています。

僅か180g程度という重量なのでホットショット26Lのバッグインバッグとして重宝します。ポケッタブル形態でもファスナーポケットとして利用することが出来るため、ホットショットのメインルーム内バッグインバッグに丁度良いです。

空港や飛行機の機内ではボディバッグとして身の回り品の収納バッグになりますし、リュックとの併用も出来るため、旅行では大活躍するバッグになります。

また、宿泊先のホテルでは朝食等の食事の時に貴重品等を収納するバッグとしても重宝するので、どの場面においても便利に利用することが出来ます。

 

アシュレイフォールズワンショルダーはどんなバッグ?

コロンビアのアシュレイフォールズワンショルダーバッグはポケッタブル仕様の8Lボディバッグになります。撥水性のある生地になっているので多少の雨でも中身が濡れなくて済みます。

 

 

アシュレイフォールズワンショルダーについて

① サイズ&重量

収納時: 高さ 170mm × 横幅 150mm × 奥行 40〜50mm

 

通常時: 高さ 415mm × 横幅 270mm × 奥行 125mm

 

重量 : 179g

 

容量 : 8L

 

② 収納ポケット
1. フロントルーム
2. メインルーム
3. メインルーム内ファスナーポケット

 

 

アシュレイフォールズワンショルダーの装備

持ち手が2つ装備されています。
ポケッタブル形態時では持ち手が1つですが、ボディバッグ形態の場合は、持ち手を2つ利用することが出来ます。

その内の1つはメインルーム内ファスナーポケットの中に持ち手があるため、カラビナ等を付ければキーフックとして利用することが出来るようになります。

 

撥水性あり

アシュリーフォールズワンショルダーバッグには撥水性のある生地が使われているため、多少の雨であれば濡れてもバッグ内部に染み込んで来る心配はありません。とはいえ、長い時間の場合では染み込んで来るので注意が必要です。

 

スポンサーリンク

 

コロンビア・アシュレイフォールズワンショルダーのレビュー

アシュリーフォールズワンショルダーのレビューになります。あくまでも筆者が実際に使ってみて感じた使用感になるため、参考になるか?分かりません。

 

各ルームへのアクセス感

身体の前に掛けた場合のメインルームへのアクセスも良いため、小物を収納するのに適しています。収納も8Lサイズの割には意外とよく入るため、旅行の身の回り品を収納するサブバッグとしては良好です。

スマホはフロントルームに収納するのが最適なのですが、ここに入れてしまうとスマホ本体の重みでバッグが潰れてしまう感じになります。

メインルームにタオル等が入っていると良いかも知れません。

 

使い勝手は良好

① 急な雨
旅行では急な雨に遭遇することもあります。アシュリーフォールズワンショルダーバッグは撥水性のある生地になっているため、多少の雨でも雨粒を弾いてくれます。

旅行やレジャーといった用途では最適なサブバッグといった感じです。

 

② フロントルーム
メインルームも大きくて広いですが、フロントルームも大きいので便利に使えます。中には仕切りポケットが無いのでアレコレ収納には向いていません。位置的にスマートフォンの収納に向いています。

 

ちょっとイマイチな部分

① ショルダー
ポケッタブル・ボディバッグなので仕方ない部分になりますが、ワンショルダー部分に厚みがありません。クション性になっているため、柔らかい感じで良いのですが、重たい物を収納すると肩にズッシリ感が伝わってきます。

 

② ポケッタブル形態にする場合
ボディバッグ形態からポケッタブル形態にする場合はコツが必要です。メインルーム内にあるファスナーポケットの中に収納するため、本当に収納できるのだろうか?といった感じになります。

慣れてしまえば簡単に収納することが出来るので慣れるまでは一苦労します。

 

 

 

③ ペットボトルの収納は不向き
ペットボトルの飲み物を収納した場合、ボディバッグの中のバランスが悪くなります。不向きなのではないか?と考えます。

 

 

ノースフェイス・ホットショット26L 通勤出張リュックのレビュー
皆さん こんにちは! 今回の記事は『ノースフェイス・ホットショット26L 通勤及び出張に愛用しているリュックのレビュー』についての内容になります。 参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。 ノー...

コメント