仕事・出張の持ち物!仕事バッグパックに求める機能は肩への負担軽減

旅行
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

通勤に持参する仕事バッグと言えば、ビジネスバッグの場合が多いのかな?と思いますが、筆者の場合はビジネスバッグではなく、普通の旅行用バッグを利用しています。

厳密に言えば、確かに以前はビジネス利用できるリュックも使っていましたけど、最近ではビジネス・旅行の両方で使えるバッグの方が効率的ではないかな?と感じるようになり、最低限、自分の求めている機能があれば旅行用バッグでも問題ないかな?と考えるようになりました。

そういう事もあり、ブラックでかつ、宿泊を伴う旅行にも活用できるリュック(バッグパック)を好んで通勤に利用しています。でも、電車通勤なのでワンショルダーのボディバッグも使っています。

今回の記事は『仕事・出張の持ち物!仕事バッグパック(リュック)に求める機能は肩への負担軽減』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

通勤や仕事に持参する仕事用バッグパック

ここでは、通勤に持参するリュック(バッグパック)についての内容になります。

基本的にはリュック(バッグパック)が好き

通勤に限らず出張や旅行といった場合でも基本的にはリュック(バッグパック)を好んで利用しています。何故か?と言うと、行く場所が異なるだけですから、バッグの色さえ注意すれば特に問題ないのではないかな?と個人的に考えます。

それに、幸いな事にビジネスリュックの場合では基本的にブラック系のカラーが多いですから、旅行で利用するリュックのカラーがブラックであれば、通勤でも特に問題ありません。

そのため、基本的にはビジネスリュックという種類のバッグは利用しないで、旅行に持参できるリュックを好んで通勤に利用していると言った方が正解になります。

でも、電車通勤なので、あまり荷物が少ない場合ではワンショルダーのボディバッグを持参する場合もあります。

 

電車通勤ではボディバッグが便利

電車通勤の場合では、リュックの場合だと背中掛けから前に抱える 又は 網棚に載せるなどの対策も必要になります。この場合では、リュックよりもワンショルダーのボディバッグの方が便利に感じます。

いつも通勤に利用しているボディバッグは旅行に持参しているワンショルダーバッグになります。色もブラックなので通勤に持参しても特に違和感もありませんし、11L容量なのでよく収納できます。

やっぱり必要に応じて、前後に斜め掛けできるのは便利だったりします。電車通勤では、あまり収納しないので有れば、ボディバッグの方が良さそうに感じます。

 

ノートPCやiPadを収納できるバッグ

流石にワンショルダーのボディバッグの場合ではノートPCを収納できませんが、iPadなどのタブレット端末を収納できるポケットが有るタイプを選択しています。

通勤に持参するリュックの場合では、15インチノートPCが収納できるポケットが有るバッグパックを好んで使っています。というのも、ノートPCを持参する出張も有るからです。

旅行用リュックの場合ではPCポケットは有りますけれどもクッションの関係で満足できない場合もありますが、このような場合ではバッグインバッグとしても利用できるノートPCケースを利用しています。

 

スポンサーリンク

通勤や出張に持参するリュックに求める機能

ここでは、筆者が仕事に持参するバッグに求めている機能についての内容になります。

通勤だけでなく、出張・旅行にも使えるバッグ

通勤に持参する仕事バッグに求めている物としては、通勤限定で利用できるリュックではなく、2泊3日の旅行にも持参できるリュックが良いな~と個人的に考えています。

その理由としては、旅行用リュックを購入しても1年の内に何回あるのか?分からない旅行の為にバッグを購入するのは如何な物かな?と考えるようになったからです。

以前は通勤用・旅行用・日常生活バッグは必要という考えだったのですが最近になって改めてるようになりました。

だからといって、全てを代用できる便利なバッグというのは存在しませんから、妥協も必要になります。

どのように妥協しているのか?と言えば、自分にとって気の利いたポケットが有って、軽量であれば良いかな?を最優先しています。

 

ノートPCやiPadが収納できるポケット

通勤だけでなく出張も有り、13.3インチノートPCを持参する機会にも恵まれるため、ノートPCを収納できるポケットは必要になります。本当は専用ポケットが有った方が良いのですが、そこまで拘りがありません。

というのも、リュックに収納できるノートPCケースなどを利用すれば、リュックの本体重量が軽量であれば、十分にカバーできるからです。余計な重みではありますが、これは仕方ないと割り切っています。

以前は、ノートPCとタブレットの両方を収納できるノースフェースのホットショットグレゴリーのスケッチ25を愛用していましたが、最近は特に拘りがないといった感じで普通に旅行用リュックで通勤する事も多いです。

 

ショルダーが分厚いのか?

基本的に優先しているという部分は、リュックのショルダーが分厚いのか?という部分が該当します。

その理由としては、ノートPCを持参する場合や宿泊を伴う旅行では、それなりに重量も重たくなるので肩への負担も考慮が必要になります。

この部分は基本的には譲れないと考えているため、多少価格が高くても良いから、なるべく厚みのあるタイプを好んで選んでいます。それでも実際に購入してみたら、そんなに分厚くないとガックリする事も実際にあります。

このような場合ではショルダーバッグにも利用できるJFT反重力ショルダーパッドを利用しています。

 

通勤バッグはビジネスリュック?旅行バッグパック?

ここでは、通勤に持参しているバッグはビジネスリュックなのか?それとも旅行用リュックなのか?についての内容になります。

ビジネス・旅行の両用で利用できるバッグ

通勤に持参するバッグは、主にリュックを好んで利用していますが、この場合ではビジネスリュックではなく旅行用の場合が多いです。

というのも、別にビジネスに特化しなくても旅行用バッグでもブラック系であれば見た目でも特に問題ないからです。

バッグの色がブラックであれば、旅行用リュックだったとしても普通に仕事用リュックとして利用できるので、そこまで気にしなくても良いのではないかな?と考えます。

それにビジネスリュックの場合では、傾向として、1Kg前後になるパターンが多いですから軽量とは言えない場合も有ります。

この部分を考慮すると、色がブラックでかつ、800g未満で有れば、ノートPCケースをバッグインバッグとして収納しても十分に大丈夫という感じになります。

それでいて、旅行でも利用できれば一石二鳥ですから、ビジネス・旅行用で別々に購入するのではなく、初めから両用で利用できるタイプを購入した方が良いと感じるのである。

 

キャビンゼロのワンショルダーバッグも利用

基本的には通勤時はリュックを好んで利用していますが、あまり持ち物が少ない場合も実際にあります。このような場合ではワンショルダーのボディバッグも利用しています。

それに、ショルダー部分が分厚いのであれば、基本的には特に問題ないですから、十分に検討しても良いと思います。実際に通勤で利用しているボディバッグは、キャビンゼロの11Lワンショルダーバッグになります。

このバッグは旅行用なのですが、ブラックでかつ、iPad Air も収納でき、さらには11L容量なので収納力も高いという事もあり、便利に活用しています。特に防犯対策も施されているので満員電車でも便利です。

 

通勤リュックやボディバッグのショルダーは肩への負担を考慮

ここでは、通勤に持参するバッグパックやワンショルダーバッグは肩への負担を考慮が最重要に感じるについての内容になります。

分厚いショルダーを求める

通勤リュックに求めるというか?譲れない部分は分厚いショルダーなのか?という部分に尽きます。その理由としては、ノートPCを持参する場合が有るからです。

お世辞にも分厚いとは言えないのに分厚いショルダーと謳っているリュックも実際にあるため、購入する場合では念入りに確認します。それでも、満足できるショルダーの厚みではない場合も実際にあります。

ネット通販で購入では間違いも発生するので、この部分は仕方ないのかな?と諦め半分、リュックでも利用できるショルダーパッドを活用するといった対策でも良し!としています。

ショルダーパッドが分厚ければ、肩への負担を軽減できますから、ノートPCを収納している場合でも重みを軽減できるので助かります。出張や旅行で利用しているグレゴリーコンパス30バッグパックでよく利用しています。

 

分厚いショルダーではない場合はショルダーパッド

出張や旅行で利用しているバッグパックのグレゴリーコンパス30は、お世辞でも分厚いとは言えないショルダーなのですが、スーツケースのように横にガバッと開く事ができるため、宿泊を伴う出張や旅行では重宝しています。

このバッグパックの欠点はショルダーの厚みですから、これをどうにか?する事ができれば重たい荷物を収納しても快適な移動ができる事になります。

これを解決する手段(方法)として、JFT反重力ショルダーパッドを購入しています。軽量でかつ、分厚いので申し分ありません。Lサイズを2個セットで購入しているため、リュックで利用していない時は、ショルダーバッグに取付して活用できるのも便利に感じます。

 

リュックのウェストベルトは必要?

リュックでは、ウェストベルトを装備している場合もありますが、基本的には通勤では利用しない場合が多いです。

というより、これが有ると邪魔に感じるため、収納できるタイプ着脱できるタイプの方が便利に感じます。

でも、自転車通勤の場合では、ウェストベルトが有った方が良いのではないかな?と個人的に考えます。これが有るとバッグを固定できますから、自転車で移動する場合に便利に感じます。