生活費と貯蓄!500円硬貨100枚5万円は銀行ATMに小銭預金?

家計
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

現金で商品を購入する場合もありますが、この時にお釣りも受け取ると思います。このお釣りとして受け取った小銭はどのように使っていますか?

100円や500円であれば便利に使えるますが、10円玉以下となると、なかなか上手く使えないのが実情になります。

このような小銭は貯金箱に入れて貯めるといったパターンになる訳ですが、満杯まで貯まったらどうするのでしょうか?というのも気になります。

今回の記事は『生活費と貯蓄!500円硬貨100枚5万円の活用方法は銀行ATMに小銭預金?』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

500円硬貨を貯金箱で貯める小銭預金は魅力的?

ここでは、小銭預金する目的で500円玉100枚を貯めるのは魅力的に感じるのかな?についての内容になります。

500円玉100枚を貯金箱で貯めるまでに時間が掛かる

500円玉100枚貯めるのは正直の話、とても大変でかつ、時間も掛かるのではないか?と思います。

10円玉や100円玉であれば100枚集めるのは意外と早いですが、500円硬貨はハードルが高いです。

それこそ継続的に何年も500円玉貯金するのが最短コースになるので、最短でどのぐらいの年数が必要になるのか?は個人差があります。

どうしてか?と言えば、500円玉は使い勝手が良いですから、お財布の中には1つは入れておきたい硬貨でもあります。

そのため、使い勝手が良いが故に直ぐに使ってしまうのである。

 

いくら?集めて貯めるのか?も関係あり

500円玉預金する場合では、具体的にいくらまで貯めるのか?も関係あります。何せ、使い勝手の良いお金に該当するので、そう簡単には集まらないです。

小銭預金として貯金箱で貯めるのであれば、20枚ぐらいが丁度よいのではないかな?と思うのは気のせいでしょうか?

500円玉20枚であれば1万円ですから、この金額であれば挫折しないで貯めることができると思います。それに20枚であれば、銀行ATMに小銭預金する場合にも楽です。

さらには、鉄道駅で交通系ICカードのsuicaやpasmoなどにチャージする場合にも便利に感じます。

 

電子マネーにチャージも魅力的

貯金箱で貯めている小銭の使い道として有効に感じるのは電子マネーにチャージできる機械に入れて入金する方法になります。

これならば確実に使い切ることができますし、日常生活の買物で利用できるので便利に使えます。

 

スポンサーリンク

生活費と貯蓄!500円玉100枚5万円の活用方法

ここでは、生活費のお金(現金)で買物するとお釣りとして500円玉も含めて小銭が発生しますが、これらのお金の活用方法についての内容になります。

500円玉100枚は5万円

自宅には貯金箱が1つは有ると思います。この中には小銭が入ってる訳ですが、この小銭の入っている貯金箱は、このままでは役にたちません。

本来であれば、貯金箱ごと銀行に持参して入金してしまえば良いのですが、これを行ってしまうと手数料が発生するので良くない選択になります。

そのため、硬貨の種類ごとに分けて管理する必要も発生します。500円玉であれば100枚集まれば5万円になるので預金しても良さそうに感じます。

それに対して、100円玉の場合では100枚集めても1万円ですから、流石に活用方法は悩むかも知れません。

 

5万円の活用方法は銀行預金?

小銭を集めて5万円まで貯めることができた場合では何に活用すれば良いのか?考える事になります。

銀行預金しても良いのですが、超低金利なので預金してもメリットは薄いのが実情になります。それならばどうすれば良いのか?になりますが、小銭なので買物で使い切るのが良さそうです。

とはいえ、小銭の状態では流石に使いづらいですから、電子マネーにしてスマホ決済で利用する 又は とりあえず預金してお札として引き出すという活用方法も魅力的です。

 

スマホの買い換え費用やスマホ決済に充てる

5万円として考えるならばスマートフォンの買い換えの費用に充てるのも1つの方法になります。というのも、スマホの価格は高いですから5万円は丁度よい金額になります。

だからといって500円玉100枚でスマホを買うのか?といえば、とりあえず小銭でチャージできる機械に入金してお札として引き出す方法 又は 電子マネーに変換してしまうのが良さそうに感じます。

電子マネーであればスマホ決済にも利用できますから使い勝手も良いです。

 

500円玉100枚5万円は銀行ATMに小銭預金?

ここでは、500円玉100枚有る場合では、銀行ATMに預金する活用方法は最適なのかな?についての内容になります。

銀行ATMに小銭預金

500円玉100枚が手元に有る場合では、銀行ATMに5万円として入金するのも1つの方法に該当します。

でも、それが最適なのか?と言えば、必ずしもそうではないので、自分なりに判断する必要があります。特にメリット・デメリットはよく検討するのが賢明です。

両替目的で預金するといった活用方法も有るので、とりあえず預金も考え方によっては最適かも知れません。

 

小銭預金は手数料に要注意

銀行ATMに硬貨である小銭を預金する場合では手数料に注意が必要になります。というのも、全ての銀行という訳ではないのですが、硬貨を入金する場合では手数料が発生する場合があります。

基本的には硬貨50枚や100枚までの入金に関しては手数料が無料になっている場合もあります。硬貨101枚以上については手数料が発生するようになっています。

そのため、事前に各銀行のホームページにアクセスして、手数料を確認しておく必要があります。

 

小銭預金の活用方法

500円玉100枚を銀行ATMで小銭預金した場合では普通預金の口座に入金されますが、普通預金に預けても超低金利ではメリットはないです。

利息も微々たる金額しか付きませんから、銀行に預金しても意味がないような気もしますが、こればっかりは考え方にも個人差が有るので自分にとって最適な方法であれば特に問題ありません。

それに、とりあえず、お金をプールする目的での利用もOKですし、普通預金すれば小銭をお札として引き出す事も可能になるので、このような活用方法も有りかも知れません。

 

銀行ATMに小銭預金なら決済用口座が魅力的

ここでは、500円玉100枚5万円を小銭預金するのであれば、決済用の銀行口座にATMで預金するのが魅力的に感じるについての内容になります。

決済用の銀行口座の理由

500円玉100枚は5万円になります。これを銀行ATMに小銭預金しても利息なんて微々たるものなので、そこまで小銭預金に拘る必要はないと個人的に考えます。

でも、日常生活では食料品やネット通販を利用する機会も多いのが実情になるため、この用途に活用するのが最適なのではないかな?と感じます。

というのも、食料品スーパーやネット通販ではクレジットカード決済を利用できるため、決済用の銀行口座に紐付けしているクレジットカードを利用すれば役に立ちます。

但し、決済目的に銀行口座を開設するのか?という部分は賛否両論になるのかな?とはいえ、もし、有るのであれば便利に使えるのではないか?と個人的に考えます。

 

実際に決済用銀行口座を利用している

筆者の場合ではネット通販を利用する時は決済用銀行口座に紐付けしているクレジットカードにて決済しています。

この銀行口座への入金は銀行ATMを利用して小銭預金していたりします。100円玉と500円玉それぞれ100枚ずつ貯まったらATMで小銭預金するようにしています。

なぜ100枚という単位なのか?と言えば、101枚以上になると手数料が発生するので魅力的に感じません。預金するのに手数料が発生したら何のための預金なのか?となってしまいます。

生活費と貯蓄!100円硬貨100枚1万円は小銭預金?買物で使う?
皆さん こんにちは! 日常生活ではお金を買物で使ったり、支払ったりして使っていますが、この時に現金で買物する場合も意外と多いのではないでしょうか? いやいや現金でお金を支払うとお釣りが発生するので、なるべく現金は使わない...