生活費と貯蓄!貯金箱に貯めている硬貨等の小銭の使い道や活用方法

家計
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

お店で買物する場合では現金の他にカード払いやスマホ決済という選択肢もありますが、そのような支払い方法を行っていますか?

どのお店でも共通して全部の支払い方法を利用できれば良いんですけれどもそうではないですから、現金も持ち歩く必要があります。

現金で支払いするとお釣りが出ますから小銭が発生します。この小銭は現金で買物すると増えていくので使い道も重要になります。

今回の記事は『生活費と貯蓄!貯金箱に貯めている硬貨等の小銭の使い道や活用方法』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

現金での買物では小銭のお釣りを受け取る

ここでは、お店にて現金で買物した場合に受け取るお釣りについての内容になります。

お釣りは財布に入れる

店頭で現金にて買物した場合ではピッタリにお金を支払っていないと思いますから、お釣りも発生するのではないでしょうか?

本当であればお金をピッタリに出して買物すれば良いんですけれども、財布に中に入れてあるお金はキリの良い単位になっている場合が多いため、多く出してお釣りを受け取るパターンが多いです。

この場合ではお釣りは財布の中に入れて持ち歩く事になります。お札であれば軽いので問題ないですが、硬貨などの場合では数量が多くなればなるほど財布も重たくなってしまいます。

また、それだけでなく歩いていると財布の方からジャラジャラ音がする場合があるので必ずしも最適という訳ではないのが実情になります。

 

小銭は財布の常連

買物で受け取るお釣りに小銭は財布の中に入れてある場合が多いです。財布とは別に小銭入れ専用の財布を所持している場合もあります。

たぶん、マイカーなどで通勤している場合では、小銭入れや車内に財布も有るのでは?と思います。

 

小銭はどのように使う?

買物でお釣りとして受け取った小銭は、財布の中に入れてはいるものの、残念ながら自販機で飲み物を購入する用途で利用する場合を除いて、そんなに便利に使えるといった感じでもないです。

でも、現金で買物をしている場合では、小銭は自然に増えてしまいますから、消費する必要も発生します。使い切らない内に次から次へと増えていくと管理も大変になります。

基本的には小銭は使い切る 又は 貯金箱の常連の2択かな?と感じます。

 

スポンサーリンク

生活費と貯蓄!硬貨は貯金箱で管理?

ここでは、100円硬貨などの小銭は貯金箱で管理するのかな?それとも財布の中に入れておくのかな?についての内容になります。

財布の中の小銭

買物に出かける場合では財布を持参しますが、財布の中にはお札だけでなく小銭も入れていると思います。

とはいえ、あくまでも小銭入れが有る場合に限られますから、小銭入れがないタイプの財布では持ち歩かないのかな?

そもそも現金での買物をしていない場合もあるので一概には何とも言えません。

 

小銭は貯金箱で管理?

財布の中にある小銭も含めて、意外と多くの小銭が自宅に有ると思います。この小銭はどのように管理して使っているのでしょうか?

使わないで貯金箱やとりあえず纏めて入れておける缶などに入れている場合もありますが、たいていの場合では入れっぱなしになっていて自宅で眠っていると思います。

というのも、貯金箱に入れてしまうとスッキリしますから興味や関心も薄れてしまうのも要因の1つに該当します。

 

貯金箱は貯めているだけ?

100円や10円といった硬貨を貯金箱に入れている場合では、ごちゃ混ぜになっている場合も多いです。

100円なら100円玉だけを1つの貯金箱に入れた方が管理する上で便利に感じますが、途中で面倒になっていつの間にか?10円玉も入れちゃっている場合も多いです。

この貯金箱は基本的には満杯になるまで貯めているだけになっている場合が多いです。残念ながらこれでは活用するまでに相当の時間を要する事になるのであまり良い選択肢ではないです。

 

貯金箱のお金は貯めるだけでは役立たない

ここでは、自宅の貯金箱に小銭を入れて貯めている場合も多いですが、貯めるだけでは役立たないについての内容になります。

貯金箱で小銭を貯めても役に立たない

現金で買物した場合では必ずではないのですがお釣りとして小銭を受け取る事になる場合が多いです。

小銭は財布の中に一時的に入れる事になりますが、自宅に戻ると、小銭を出して貯金箱やとりあえず保管できる場所に入れてしまうのでは?

これでは全く役に立ちませんし、お金を使い切ることが難しくなるため、これ以上小銭が増えないように努力する事も必要です。

 

貯金箱を活用する必要あり

小銭を入れて貯めている貯金箱はこのままでは何の役にも立ちません。それなのに自宅で眠っているだけなのである。

小銭といってもお金には違いないので、お金は使わないと勿体ないです。でも、小銭を財布の中に入れると重たくなってしまいますし、ジャラジャラ音がするので、あまり持ち歩きたくないのが実情です。

でも、こんな事で躊躇していると現金で買物する度に小銭が増えてしまう事に繋がるため、結果的に貯金箱がどんどん増えてしまう事になります。

このようにならない為にも貯金箱は積極的に活用する必要があります。

 

貯金箱を活用する場合

ただ小銭を貯金箱に入れて貯めるだけでは何の役にも立ちません。どうしてか?というと、色々な種類の硬貨が混ざっているからです。

これではお金を数える場合にも不便ですし、面倒に感じるので最適な選択とは言い難いのが実情になります。

そのため、貯金箱には100円硬貨だけといった感じで1つの硬貨の種類別に貯めるようにする必要があります。これならば数える時にも不便に感じません。

 

貯金箱に貯めている小銭の有効的な活用方法

ここでは、貯金箱に貯めている100円硬貨などの小銭の有効的な活用方法についての内容になります。

先ずやるべき事

先ず最初のやるべき事は貯金箱を開封して、硬貨の種類別に分ける事に尽きるのではないでしょうか?

その理由としては、銀行ATMに小銭を入れて預金する場合や鉄道駅のチャージできる券売機で小銭を入れてチャージする場合に利用する必要があるからです。

何せ小銭の状態では買物での支払い不便ですから、便利に利用できる状態にする必要があります。その為には貯金箱に入っている小銭を硬貨の種類別に分けて効率よく持ち出せるようにしないといけません。

 

小銭をお札に両替する活用方法

貯金箱に貯めている小銭はそのままの状態では何の役にも立ちませんから買物で使う事もできません。実際には使えるのですが、会計で支払いに利用したくないです。

これをどうにか?するには小銭お札両替する必要があります。一番手っ取り早い方法としては、とりあえず一時的に銀行のATMに入金が良さそうに感じます。

後で1000円単位でお金を引き出せば有効に活用できるようになります。但し、銀行によっても異なりますが小銭を入金する場合では手数料が発生するので注意も必要になります。

硬貨の場合では50枚まで無料 又は 100枚まで無料だったりするので事前に確認もした方が賢明の選択です。

 

小銭は電子マネーにチャージ

貯金箱に貯めている小銭を有効に活用するのであれば、買物で利用して使い切るのが最適です。この場合では電子マネーチャージするのも1つの方法になります。

電子マネーにチャージできる機械は鉄道駅や大規模スーパー等、国際空港にありますから、この方法も十分に有りなのではないでしょうか?

生活費と貯蓄!500円硬貨100枚5万円は銀行ATMに小銭預金?
皆さん こんにちは! 現金で商品を購入する場合もありますが、この時にお釣りも受け取ると思います。このお釣りとして受け取った小銭はどのように使っていますか? 100円や500円であれば便利に使えるますが、10円玉以下となる...