生活費と貯蓄!小銭の使い道は決済用の銀行口座に預金も1つの方法

家計
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

お店で買物する場合では現金で買物をするのでしょうか?それとも電子マネーやクレジットカード決済、スマホ決済を利用するのかな?

というのも、現金払いで買うとお釣りが出るので財布の小銭入れが満杯になってしまう確率が高くなってしまうのである。

自宅に帰って取り出して少なくするんですけれども、今度は小銭用の貯金箱が満杯になる確率が高くなるので、どうやって小銭を使い切るのか?悩みます。

今回の記事は『生活費と貯蓄!小銭の使い道は決済用の銀行口座に預金も1つの方法』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

現金で買物すると小銭が自然に貯まる

ここでは、店頭で買物する時に現金払いすると小銭がどんどん増えて貯まってしまうについての内容になります。

現金払いで買物する場合の悩み

お店に買物に行って現金払いする場合では必ずではないのですがお釣りを受け取る事になるので、これが悩みのタネになります。

何故か?と言うと、お釣りの量によっても変わって来るのですが、お釣りの小銭が多いと財布の小銭入れの部分が膨らんでしまいます。

さらには、この状態で歩くと今度はジャラジャラ音がする場合が有るので悩ましいのである。

だからといって、小銭を少なく財布に入れても結果的には増えてしまうのであまり意味がない感じ。

これを解決するにはそれこそ現金払いをやめるしかない感じになります。

 

お釣りを出ない買物も必要

現金で買物するとお釣りが出るのであれば、お釣りが出ないような買物を心掛ける必要も発生します。この場合では2通りの方法になるのかな?

1つは現金払いでピッタリになるようにお金を出す方法。でも、1円玉も含めて一通り小銭を用意しておく必要があるので、ちょっと厳しいかな?と感じます。

もう1つは電子マネーやクレジットカード決済を利用する方法になりますが、食料品スーパーやコンビニ、ファーストフードといった場所での支払いには便利に使えます。

とはいえ、クレジットカードの場合では或る意味、借金して買物する感じになるので、なるべく利用を控えたいと考えている場合もあるため、一概には何とも言えません。

 

スポンサーリンク

生活費と貯蓄!小銭の使い道について

ここでは、自宅の貯金箱で眠っている場合が多い硬貨などの小銭の使い道についての内容になります。

小銭は何に使うのが最適なのか?

現金で買物した場合に受け取る小銭の使い道になりますが、現金で買物を継続するのであれば残念ながら使い切るのは難しいのではないか?というのが個人的な見解になります。

現在ある小銭はどうにか?して買物で使うように心掛けるのは勿論のこと、これに加えて、これ以上の小銭を増やさないようにする対策も必要です。

 

小銭用の貯金箱は利用する?

小銭は買物で使うのが最適なのですが、残念ながら便利に使うことができないのが実情になります。その結果、財布の中にも少しは入れているといった程度になると思います。

財布の中に入れられない小銭はどうするのか?と言えば、たいていの場合は貯金箱などのケースに入れておくだけといった感じ。

この時に、小銭用の貯金箱を利用しない場合もあります。

何故か?というと、最初のうちは貯金箱を利用しているのですが、直ぐに満杯になってしまうので、空き瓶やサプリメントのボトル型ケースで代用する場合が多いです。

 

小銭はお札に両替するのが最適な活用方法

小銭は買物で使い切るのが一番良いのですが、なかなかそれも難しいのが実情になります。それならば、どのようにすれば買物で便利に使えるのか?も考える必要があります。

結論から先に言えば、両替するのが一番の選択肢になります。どのように両替するのか?と言えば、銀行ATMに小銭を入金した上で、1000円単位でお札として引き出すのである。

たぶん、この方法が最適なんじゃないのかな?と思いますが、小銭を入金する場合では手数料が発生する場合もあるので要注意です。

 

小銭の使い道は預金と電子マネーが最適?

ここでは、自宅で眠っている貯金箱にある小銭も含めて、小銭の使い道は銀行に預金と電子マネーのチャージどちら?が最適なのかな?についての内容になります。

貯金箱で貯めるだけでは活用できない

現金で買物するとお釣りとして小銭を受け取る場合が多いですが、この小銭は財布の中に入れていても、使い切るのが難しいのが実情になります。

どんどん増えていってしまうので財布の中から取り出して貯金箱の中に入れて管理する場合が多いのですが、直ぐに満杯になってしまうので空き瓶などに入れている場合も多いです。

この貯金箱に入れて管理している小銭などの硬貨はそのままでは何の役にも立たないですから活用する事はできません。

 

銀行ATMに預金の活用方法

貯金箱に入れて管理している硬貨の小銭の活用方法としては、銀行に預金するのが良さそうに感じますが、残念ながらデメリットが発生する場合が多いです。

というのも、銀行によっても異なるのですが、硬貨50枚や硬貨100枚までは手数料が無料で預金できるといった感じになっているからです。

そのため、小銭の貯金箱に入れてある小銭を銀行に預金するのであれば、ホームページで手数料を確認した上で、手数料無料で預金できる枚数を持参して預金する必要があります。

これってちょっと面倒に感じますから、最適な活用方法とは言えないんじゃないのかな?と思ってしまうのである。

 

電子マネーにチャージする活用方法

小銭の貯金箱を活用する手段としては、電子マネーにチャージする活用方法もあります。こちらの場合では、チャージできる専用の機械が有る場所を見つける必要があります。

その上で1回に何枚までの小銭を投入できるのか?も調べた上でチャージ専用機が設置されている場所に出向いて電子マネーにチャージするといった感じ。

こちらも面倒に感じますが、幸いな事に鉄道駅にsuicaやpasmoにチャージできる機械があるので利用しやすいかな?と思ったりします。

実際に100円玉10枚を入れてチャージしてみた事があるのですが、この方法も十分に魅力的に感じます。

 

小銭の活用方法は決済用の銀行口座に預金

ここでは、小銭の使い道として、決済用の銀行口座に入金するのが良さそうに感じるについての内容になります。

決済用の銀行口座も1つの方法

日常生活では現金払いの他に電子マネー決済やクレジットカード決済も利用しています。クレジットカードによっては利用すれば利用するほどお得になる場合もあります。

そのため、クレジットカードに紐付けされている銀行口座を決済用銀行口座という扱いにして、この口座に小銭預金するパターンで入金して活用するのが最適なのではないでしょうか?

もっとも、必ずしも最適という訳でもないので、あくまでも案の1つに過ぎないのですが、筆者の場合はこのようにして、どんどん増えていまう小銭を活用しています。

 

決済用の銀行口座を活用のデメリット

メリットが有るという事はデメリットも有るのが実情になりますが、それならば具体的なデメリットは何なのかな?というのも重要です。

デメリットはズバリ!銀行ATMに出向いて小銭預金する必要が有るという部分に尽きるのですが、それだけではないのが実情になります。

利用している銀行によっても異なるのですが、硬貨を入金する場合では何枚まで無料で入金できるのか?も関係あります。

入金する硬貨の枚数によっては手数料が発生するのである。事前に銀行のホームページで手数料の確認を行った上で、1回で入金する枚数を準備する作業も必要になります。

あと、決済専用口座の場合では無利息になります。