生活費と貯蓄!余剰資金の使い道は預金・保険・投資?どれにする?

家計
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

パソコンやスマホを購入する場合では、ある程度まとまったお金も必要になりますが、このお金はどこから捻出するのでしょうか?

余っているお金(余剰資金)から捻出するのかな?それとも買う事が既に判明している場合では何か?理由をつけて用意している場合もあります。

この余っているお金は直ぐに使うよりも運用してから使った方が良いのでは?と思うのは気のせいでしょうか?

今回の記事は『生活費と貯蓄!余剰資金の使い道は預金・保険・投資?どれにする?』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

生活費と貯蓄!余剰資金の使い道

ここでは生活費とは別に余剰資金がある場合の使い道についての内容になります。どのように活用するのか?によっても生活が変わってきます。

生活費の他に余剰金は有るのかな?

毎月どのように生活しているのか?は個人差があるので一概には何とも言えないですけれども、生活費というくくりで給与などのお金をやりくりしていると思います。

このやりくりが上手く機能すると徐々に買物に充てるお金貯蓄するお金といった感じで色々な費用や目的にお金を利用できるようになります。

その内に定期預金や投資、保険商品といった感じで金融商品にも手を出していく事になります。その結果として余剰資金と呼ばれる余っている資金も出て来るのではないでしょうか?

仮に余剰資金が有る場合ではどのように運用しているのか?も意外と重要になると思います。

 

余剰資金が有る場合はどのように活用?

余剰資金といっても色々なタイプがあります。本当に余っているお金なのか?それとも、一時的に有るお金なのか?といった感じです。

一時的に有るお金は、何か?に使う目的で保管してあるお金に該当するのではないでしょうか?これも余剰資金には違いないので手元に置いておくのは勿体ないような気がします。

何故か?というと、手元に置いていてもお金は増えませんから、ある程度纏まっているお金であれば銀行に預けておいた方が良さそうに感じます。

本当に必要な時に引き出すといった感じで良いと思うのは気のせいでしょうか?仮に余剰資資金が有る場合ではどのように活用するのか?も重要です。

 

スポンサーリンク

余剰金の使い道は預金・保険・投資どれかな?

ここでは、余剰資金が有る場合では使い道や活用方法も考慮が必要についての内容になります。預金・保険・投資どれで運用するのかな?

余剰金の活用に向いている金融商品

余っているお金が有る場合では買物に使ってしまう場合もありますが、買物で商品を買うよりも金融商品で運用するのも選択肢の1つに該当します。

その理由としては、余剰資金を上手く運用することが出来れば欲しい商品を購入する資金も得ることができるからです。

もっとも、何を買うのか?によっても変わって来るので一概には何とも言えません。

この余剰資金の活用に向いている金融商品はたぶん株式投資や投資信託などの投資商品が該当するのではないかな?と思います。

 

株式投資や投資信託

余剰資金を少しでも増やしたいな!と考えた場合では真っ先に株式投資や投資信託が思い浮かぶのではないでしょうか?

お金を大きく増やす場合では魅力的に感じますが、逆に大きく減らしてしまう結果に繋がる場合も有るので、頭の隅にでも入れておいた方が良いです。

投資商品の場合では常に元本割れになるかも知れないというリスクが付き纏います。

 

保険商品も魅力的に感じる

元本割れのリスクを限りなく回避したい場合では貯蓄型の保険商品が選択肢の1つに入って来るのではないでしょうか?

貯蓄型の保険商品といえばかんぽ生命の養老保険が該当しますが、他の金融機関にも似たような商品があるため、調べてみるのも1つの方法になります。

 

株式投資を利用する場合の注意事項

ここでは、株式投資や株式投資信託を利用する場合に注意した方が良い事についての内容になります。

株式投資は元本割れリスクを伴う

株式投資を行うメリットとしては株式配当金や株主優待、株式売却益の3点が該当します。

メリットが有るという事はデメリットも有るのが当たり前になりますが、デメリットは何が有るのか?と言えば、元本割れになります。

元本割れにならずに売り抜けること出来れば利益も発生するのですが、こればっかりは株価も絡んで来るので簡単に利益は出せないと思います。

 

元本割れを考慮すると余剰資金が最適

株式投資や株式投資信託の場合では常に株価が変動しているため、元本割れのリスクが伴うという特長があります。

そのため、生活資金の一部を株式投資に充てる運用方法はオススメできません。この運用に向いている資金は余剰資金が最適な選択になります。

余剰資金であれば元本割れになっても生活費に影響は出ません。

 

リスク軽減も必要

株式投資や株式投資信託を利用する場合では世界情勢や物価などの影響も受けやすいので、株価の乱高下も発生します。

株価が高い時に株式を購入すると、なかなか投資金の回収も難しくなるため、投資リスクを軽減できるような対策も必要になります。

一般的にはコツコツ株式を累積投資するパターンで買付していく運用方法がリスク軽減に寄与できるとされているので「るいとう」も選択肢の1つに考えるのも良いと思います。

 

生活費と貯蓄!余剰資金はしっかり運用を

ここでは、生活費とは別に余剰資金が有る場合では、銀行の定期預金よりもお金を増やす運用を心掛けた方が良いについての内容になります。

余剰資金は運用した方が良い

余っているお金が有ると何か欲しい商品の買物に充てる選択を行ってしまう場合も多いのではないでしょうか?

特にスマートフォンなどの買い換え費用に充てるといった感じになってしまうので、手元に置いておく時間も多くなります。

でも、ここで考えて欲しいのが手元に置いてもお金は増えないのである。さらには目的の買物に使うまで時間も掛かる場合も多いです。

直ぐには買う場合もありますが、具体的に決まっていない場合も多いので手元に置いている時間も長いんですよね。それならば運用しても良いんじゃないでしょうか?

 

どのように運用するのか?は要検討

余剰資金が有る場合では運用した方が良いというのが結論になりますが、それならばどのように運用するのか?も大いに気になる要素の1つに該当します。

ここで検討した方が良いことは、「お金を増やす目的で運用するのか?」という部分になります。仮にこの目的の場合では元本割れリスクも考慮する必要があります。

お金はそう簡単には増えませんから、株式投資や投資信託といった金融商品も検討する必要があります。

それに対して、「お金を増やすのが目的ではない」場合の運用では定期預金や個人向け国債、貯蓄型の保険商品といった選択肢も検討した方が良いです。