生活費の節約!ポイントカードの作り過ぎは賢い買物?見直しも必要

家計
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

食料品の買物やネット通販を利用する場合では、ポイントもゲットできる場合が有るので魅力的に感じると思います。

その結果、ポイントが貯まる店舗で買物するようになりますから、日常的な買物ではポイントが貰えるお店しか利用していないのではないでしょうか?

あと、お財布の中にはポイントカードも多いのでは?ちゃんと整理整頓はしているのかな?

今回の記事は『生活費の節約!ポイントカードの作り過ぎは賢い買物?見直して改善も必要』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

ポイントカードを利用した買物が多い

ここでは、日常生活の買物ではポイントカードを利用した購入も多いのが実情についての内容になります。

ポイントが欲しい

日常生活の買物では、何か?とポイントが貯まる場合が多っかたりします。というのも、ポイントが貯まるとお得感な気分になるので、ポイントを多く貯めようとするのである。

そうなると、必然的にポイントをゲットできるポイントカードを作って、もっと買物をしよう!という展開になります。

そんなこんな事をしていると、いつの間にか?財布の中はポイントカードだらけになっているのも珍しくないと思います。

あまり利用していないカードは?というと、いつの間にか?財布から出されてしまっている状態も多いです。

 

ポイントを貯める買物に繋がる

ポイントカードを作って買物をするとポイントが貯まります。貯まったポイントは次回以降の買物時や、ある程度纏まったら利用できるようになります。

これが本来の姿なのですが、時間が経過すれば経過するほど、人は変わってしまうのである。いつの間にか?ポイントを貯めるのが目的になってしまうのである。

本来ならば買物して結果的にポイントが貯まるのですが、これがポイントを貯めるのが目的で買物するに変化する場合があります。

このような買物はお金を有効に使っているとは言えないです。何せ、ポイントが沢山もらえる買物をするようになってしまうのでね。

これがポイントが貰える負の魅力に該当するのではないでしょうか?

 

スポンサーリンク

ポイントカードの作り過ぎは賢い買物にならない

ここでは、買物で役立つという理由でポイントをカードを必要以上に作り過ぎると賢い買物に繋がらないについての内容になります。

ポイントカードを作り過ぎると

ポイントをカードを作ると、利用できる店舗で買物するとポイントが貰えるので次回以降の買物に役立つ場合があります。

実際には、ある程度ポイントを貯めないとそんなにメリットを感じないですから、少なくとも何回か?利用できる店舗での買物も必要になります。

そういうポイントカードが沢山あるとアチコチで買物する事になるのでポイントを効率的に貯められない状態になるのである。

少なくともこの辺の部分も考慮した方が良いのではないでしょうか?たぶん、賢い買物とは言い難いと思います。

 

ポイントは有効期限がある

ポイントカードを作り過ぎてしまうと弊害も発生します。というのも、ポイントには有効期限が設定されているので期限内に使い切る必要があります。

仮に何枚もポイントカードが有り、アチコチのお店で使っている場合では効率的にポイントは貯められないですし、もしかするとポイントが流れてしまう可能性も否定できません。

この部分も考慮すると、ポイントを管理できる枚数というのも有りますから、このようなカードは自分が管理できる枚数に厳選も必要です。

 

スマホ決済でも管理できる個数が最適

スマホにポイントカード機能を搭載するアプリも有るので、スマホ決済時にポイントも貯まって便利に利用できます。

スマホで管理している場合でもアチコチにポイントが乱立しているのは良くないと思います。

 

生活費の節約ではポイントや電子マネーも見直し

ここでは、生活費の節約を考えている場合ではポイントカードや電子マネーカードの見直しも必要になるについての内容になります。

ポイントを効率的に貯める必要性

買物するとポイントを貯める事ができるポイントカードは魅力的です。可能ならば沢山ポイントを貯めたいと感じると思います。

でも、アチコチで作成してしまうとポイントが分散するので効率的ではないです。貯めたポイントを有効に活用するのであれば効率的にポイントを貯める必要があります。

ポイントカードや電子マネーは可能な限り少ない方が効率的です。

 

ポイントカードが多いと効率的ではない

無料でカードは作成できるので別に良いじゃないか?と思うのでは?実際に買物するとポイントも貯まるのでデメリットに感じないです。

それならば、どうしてポイントカードが多いとダメなのか?と言えば、ポイントが乱立する事になるので、1箇所に貯める事ができるのであれば良いですけど、それができないのであれば、結果的にお金の使い過ぎに繋がります。

Pexポイントのようなポイントを纏めることができるサービスを利用する方法もありますが、手数料も掛かりますし、利用できない場合も有るので必ずしも最適とは言い難いです。

 

電子マネーも含めて見直しが必要

買物では現金、スマホ決済、電子マネー、クレジットカードなどの決済方法を利用していると思います。

イオンやセブンといった系列の店舗を利用している場合では系列のクレジットカードを使っている場合も多いです。nanacowaon電子マネーもセットになっているので便利に使えます。

またネット通販をよく利用する場合では楽天カードのように楽天EDY電子マネーもセットになっているのでカードを電子マネーをメインで利用する場合では便利に感じます。

これらの電子マネーに全てをチャージしている場合ではお金を有効に使っているとは言えないんじゃないのかな?と感じます。

チャージする電子マネーは2つまでといった感じに見直しも必要になります。

 

生活費の節約ではお金を効率的に使う事も必要

ここでは、生活費を見直して節約を考えている場合では、お金をどうやったら効率的に使うのか?も考慮する必要ありについての内容になります。

生活費を見直して節約の場合

生活費を見直して節約を目指す場合では買物や支払いの多い費用を少しでも少なくできるように努力する事になります。

少ないお金で効率的に使う事を求められるので、ポイントや電子マネーも含めて見直す必要も発生します。

要するに、ポイントを効率的に貯めるのであれば枚数を絞る必要がありますから、カード類も一緒に見直しが必要です。

これをやらずに、他の費用を抑制するなどしても正直のところ、あまり効果がないと思います。

 

クレジットカードを見直すのは大変

特にクレジットカードが良い例になるのですが、作成する時はあまり面倒に感じないですけれども、解約する時は労力を感じる場合が多いです。

何せ、インターネットのホームページから簡単に解約できないですから電話連絡しないといけません。

直ぐにオペレーターに繋がれば良いんですけど、回線が込み合っていて繋がらない場合も多いです。

繋がらないと日時をずらして電話するといった感じになるので面倒大変に感じるのである。