生活費の節約!見直し改善したくない費用も節約対象に含めるのが基本

家計
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

生活費を見直して何か大きな買物に充てる資金を作りたいとか?考えた場合では、今までの生活を見直す必要が発生します。

でも、ここでよく考えて欲しいのが、急に節約生活なんてできるのでしょうか?たぶん、難しいんじゃないのかな?

それに、お小遣いは減らされたくないとか?交際費も現状維持で良いとか?といった感じになるのでは?

今回の記事は『生活費の節約!見直し改善したくない費用も節約対象に含めるのが基本』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

生活費を見直して改善する場合について

ここでは、色々な事情で生活費を見直して改善したいと考える場合もあるについての内容になります。

生活費は範囲が広い

毎日の日常生活で使うお金というと、食費、光熱費、被服費といった感じでとても範囲が広い事に気が付きます。

この中でどの費用を節約しようとしているのか?それとも全体的にまんべんなく節約を目指して、ある程度大きな金額を貯蓄や投資などの資金に充てたいのか?といった具体的なプランも必要になります。

そもそも、なんで節約したいのか?という具体的な理由や目的がないと継続するのは難しいですから、その有無は重要な要素の1うに該当します。

 

何から始めれば良いのか?

どうして節約したいのか?具体的な理由や目的が有る場合では、何から手を付ければ良いのか?も悩みのタネの1つになります。

というのも、生活費は範囲がとても広いので漠然としているため、どこから手をつけて良いのか?悩んでしまうのである。

結論から先に言えば、この悩んでいる時間はとても勿体ないですから、ブレない意思覚悟が有るのか?が重要です。その有無が成功への鍵になります。

 

毎月の支払いは把握している?

生活費を見直す場合では、そもそも1ヶ月単位の支払い状況は把握しているのかな?というのも重要です。

これを把握していないで、見直しを行うなんて有り得ないです。何にどれだけお金を使っているのか?最低でも把握してから始める必要があります。

 

スポンサーリンク

生活費の節約では見直したくない費用もある

ここでは、生活費の中には、削られたくない費用も有る。どのぐらい有るのかな?についての内容になります。

見直したくない費用はどれ?

生活費を見直して改善を目指し、最終的には節約の成果を得ようと考えている場合では、どうしても避けて通れない問題があります。

それは何なのか?と言うと、「見直したくない費用」が有ることです。この費用だけは節約対象に含めたくないと考えている部分が必ず1つは有る筈です。

これが1つだけ有るのか?それとも複数あるのか?というのを具体的に列挙する必要があります。そういう費用が何も無いのであればハッピーなんですけれども流石にそれは無いと思います。

 

お小遣い、嗜好品の購入費用

生活費の見直しの中で、これだけは削られたくないお金と言えば、「お小遣い」や「嗜好品を購入する費用」が該当します。

嗜好品は「たばこ」、「お酒」、「コーヒー」、「お茶」、「お菓子」などが該当しますが、これは個人差があるので一概には何とも言えません。

お小遣いの場合は交際費も兼ねている場合も有るので、このような場合では削られてしまうと困ってしまいますから節約対象に含めたくないと実感します。

 

嗜好品は節約対象に含める必要あり

嗜好品の場合では、栄養とは関係なく、好きだからという理由で飲んだり食べたりする場合が多いですから健康度外視になっていたりします。

やっぱり健康の事も考慮した方が良いですから、嗜好品節約対象から外すのは良い選択とは言い難いです。

 

生活費の節約では聖域が有ると上手くいかない

ここでは、生活費を見直して節約しようと考えている場合では、1つでも聖域を作ってはいけないについての内容になります。

生活費の節約では聖域を作ってはいけない

節約の基本は、これだけは見直したくないという費用を1つでも作らない事に尽きます。仮にこれが1つでも有ると実際の節約生活は大変になります。

具体的にどのように大変になるのか?と言えば、どの程度の節約金額を設定しているのか?によっても変わってきますが、その設定金額を圧迫します。

圧迫すると重く伸し掛かって来るので節約生活の継続が難しくなり、心も折れますし、気も緩みます。

 

1つでも見なしたくない費用が有ると良くない

お小遣いや嗜好品の購入費用も含めて、何かしら?1つは見直したくない費用というのが存在しますが、これを1つでも作ってしまうとよくない事も発生します。

何が良くないのか?と言えば、1つでも例外を作ってしまうと、あれも!これも!といった感じで節約対象から外してしまう可能性があります。

こんな事をやっていたら、結果的には節約はできる場合もありますが、大した結果は得られないと思います。

 

見直したくない費用も節約対象に含める必要あり

ここでは、1つでも見直したくないお小遣いなどの費用も節約対象に含めないと生活費の節約は効果が得られないについての内容になります。

生活費の全体を節約対象に含める

生活費を見直す場合では、1つでも聖域が有ると大した結果に繋がらない可能性が有るため、全体の費用を対象にしないといけません。

どんなに必要な「お小遣い」だったとしても、妥協できる金額というのも有ると思うので、どこまでなら妥協できるのか?も考慮した方が良いです。

 

無理なく節約できるのか?もポイントの1つ

実際に節約生活に入ると、どうしても無理な節約計画になっている場合も意外と多い事に気が付きます。

計画する時点においては、頭の中のイメージという事もあり、そんなに無理していない範囲だろう?という認識になっているので気が付きません。

でも、実際にチェレンジしてみると、キツイように感じるのである。このように感じている場合では節約計画に無理が有ると思います。

どこか?の時点で計画を見直してみる事も必要になります。一番最適なのは、無理なく継続できるのか?又はそのような計画になっているのか?だと思います。

途中で心が折れて挫折する場合も多いですから、継続できるのか?は重要な要素の1つになります。

生活費の節約!無理しない節約生活ができれば節約に繋がる可能性あり
皆さん こんにちは! 生活費といっても範囲がとても広いですが、この生活費を節約できれば貯蓄や投資の資金も確保できるようになるため、一度は節約生活にチャレンジするのではないでしょうか? 実際にチャレンジしてみると、頭の中で...