生活費の節約!電気・ガス・灯油等の光熱費の見直し改善も必要になる

家計
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

毎日の生活では色々なことにお金を使っていますが、自由に使えるお金は限られてしまいます。仮にどうしてももっと大きな買物をしたい場合も発生します。

この時にお金が無い時は貯蓄を切り崩す必要も発生するのが実情です。これでは貯蓄が減ってしまいますから、生活費を見直して改善することも考慮する必要も発生します。

この場合では電気・ガス・燃料などの光熱費も節約できると助かります。

今回の記事は『生活費の節約!電気・ガス・灯油等の光熱費も見直し改善も必要になる』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

生活費の節約では避けて通れない費用もある

ここでは、生活費を節約しようと考えている場合では避けて通れない事も有るので、その部分はどうするのか?についての内容になります。

節約の基本は例外を作らないこと

生活費の節約をする場合では、基本的には例外を作らない事が求められます。ここで言う例外とは何なのか?になりますが、「この費用だけは見直したくない」と感じるお金を指します。

その代表例としては、「お小遣い」や「嗜好品の購入費用」、「交際費」が該当するのではないでしょうか?どれも削られては困りますから抵抗を感じると思います。

1つでも例外を作ってしまうと、あれも・これも!といった感じで芯がなくなってしまう可能性があるので上手くいかない事も珍しくないです。

 

お小遣いや嗜好品も節約対象にする

生活費の中で自分が自由に使えるお金と言えば「お小遣い」や「嗜好品」、「交際費」等が該当しますが、このお金も節約対象に含める必要があります。

どうしてか?と言うと、自由に使えるお金が多過ぎるからです。自由に使えるお金の場合では、結果的に無駄遣いになっても問題ない感じですから、こういう考え方はどうなのかな?と考えます。

それならば、少しぐらい抑制しても問題ないんじゃないのかな?それに妥協できる金額も設定できると思います。

 

光熱費も節約に繋がるように努力する

生活費の中で光熱費の占める割合も大きいですから、どうにか?して見直し改善できるように努力も必要になります。

支払いが大きい費用を少しでも良い方向に改善できれば他の費用を圧迫せずに済むので無い知恵を絞ってでもどうにか?対策を見出した方が良いです。

 

スポンサーリンク

電気・ガス・灯油などの光熱費も節約の対象

ここでは、生活費の節約では光熱費も節約対象になるけれども、見直しや改善はできるのか?についての内容になります。

光熱費の内訳

一般的に光熱費と言えば、電気代ガス代水道料金が該当します。でも、ガス代に限って言えば、厳密には都市ガスとプロパンガスがあります。

さらには、冷暖房に利用する燃料代も含まれるため、冬のシーズンにファンヒーターを利用して灯油を購入する場合も光熱費として含まれます。

 

電気代、ガス代、水道代、燃料代

生活費の中で光熱費の占める割合も大きいです。でも、これは必需品と言っても過言ではないですから、見直して少しでも節約と考えても、実際には難しいです。

何故か?と言うと、使えば使うだけ消費するので抑制するにもどの程度、抑えれば良いのか?というのが分かりづらいです。明確に基準が分からないです。

分かるとしたら、冷暖房器具の設定温度を何度にする!という事ぐらい。

 

光熱費も節約対象

生活費の中で光熱費の占める割合も大きいのが実情になりますから、ここもどうにか?して節約に繋げたいのが実情になります。

電気代、ガス代、水道代、燃料代の中からどれが確実に節約できるのか?を考えがちですが、基本的にはどれがじゃなくてどれも目指す必要があります。

1つでも例外を作ってしまうと、他の部分も例外に結びついてしまう可能性があるので注意も必要です。

 

光熱費の電気代や灯油の節約は努力次第

ここでは、光熱費の電気代や灯油代の節約をする場合ではどのような努力が求められるのか?についての内容になります。

夏・冬のエアコンの電気代の節約

光熱費を少しでも節約したい場合では、夏・冬のエアコンの電気代をどうにか?するのも1つの方法になります。

この既設では電気代も多くなりがちですから、どうにか?してでも抑制したいところです。具体的にどのようにすれば良いのか?と言えば、環境省が推奨する設定温度を遵守する事が求められるのではないでしょうか?

夏のエアコンの冷房の設定温度は28℃、冬のエアコンの暖房の設定温度は20℃が環境省が推奨している設定温度になります。

夏はサーキュレーターや扇風機、遮熱シートやカーテンといった便利グッズを併用して対応。冬は衣類の重ね着で対応も検討した方が良いです。

 

冬の灯油代は設定温度と重ね着で対応

冬のファンヒーターなどに利用する灯油代を少しでも少なくして節約したいと考えている場合での具体的な対策も重要になります。

基本的にはエアコンの電気代と同じ対応になります。特に冬の場合ではとても室内温度だったとしも温度が低いので寒く感じます。

室内温度が寒いと設定温度を高めにする傾向が高いですが、もともとの室内温度が低い状態になるので、高めに設定すると余計に燃料である灯油を消費することになります。

その結果、灯油を多く消費するので灯油代が増えてしまうのである。

これをどうにか?するには設定温度を環境省が推奨する20℃にした上で残りは衣服の重ね着で対応するのが賢明の選択になります。

電気代の節約・節電!冬のエアコン暖房は設定温度を下げて重ね着で対応
皆さん こんにちは! 部屋の冷暖房を利用する場合ではエアコンは必需品の1つに該当しますが、このエアコンを夏だけでなく冬でも利用している場合は電気代も悩みのタネの1つになっているのではないでしょうか? というのも、夏のシー...

 

LPGプロパンガス料金の節約はハードルが高い

ここでは、光熱費の1つであるプロパンガス料金を見直して節約する場合は、とても大変についての内容になります。

ハードルが高い理由

LPGガス料金を見直して節約したい!と考えている場合も多いですが、ちょっとハードルが高いのではないかな?と実感します。

何故か?と言うと、プロパンガスの場合では都市ガスとは違うため、ガス料金も公開されていませんから分かりづらいです。

それに建設会社とガッチリ密接に繋がっている場合が多いですから、新規に家を立てた場合では既にガス会社が決まっている場合が多いです。選べないんですよね!

アパートなどの集合住宅に入居するとプロパンガス会社の場合がありますが、良心的なガス会社をただ祈るばかりです。

 

戸建て住宅はガス会社の変更で対応可能

自宅が戸建て住宅の場合では、プロパンガス会社を自分の意思で変更する事が可能になります。

あまりにもガス料金が高くて近所の他の家とくらべても明らかに違う場合では価格交渉するのも1つの方法になります。

でも、そんなに期待はできないですし、1立法あたりの価格が下がるにしても、それなら今まで払っていた分は何なのかな?と疑問に感じる事になるので不信感を抱く場合もあります。

このような場合では、プロパンガス会社を変更する選択も可能です。その結果、LPGガス料金が下がればガス会社の変更も1つの方法になります。

 

賃貸アパートは特に難しい

アパートなどの賃貸の集合住宅の場合はどうなのか?も気になる要素の1つに該当しますが、残念ながらハードルが高いです。

何故か?と言うと、ガス配管を契約しているのはアパートの大家さんだからです。大家さんと交渉して他のプロパンガス会社に変更を働き掛ける必要があります。

住民はガス配管を利用しているだけですから、ガス料金が高いからという理由だけでガス会社の変更は無理です。

どうしてもガス代が高くて仕方のない場合では、引っ越すしか方法がないと思います。

この場合では、引っ越し先のアパートのガス会社がまた同じにならないように注意も必要です。

電気代の節約・節電!夏・冬のエアコン使用では便利グッズ活用&対策を
皆さん こんにちは! エアコンを利用する季節では電気代の負担も多くなってしまうため、家計のやりくりも大変に感じる場合もあります。このような時は節約も考慮する必要があります。 でも、夏の季節では熱中症にならないようにしない...