生活費の節約!買物リスト持参で買物すれば余計な買物を抑制できる?

家計
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

お店に買物に出かけると、必ずではないのですが、購入しようとしていた商品ではない物も買ってしまう場合があります。

特に食料品などを買う場合では色々な商品が陳列されていますから、見た事がないパッケージの品があると、つい手に取ってしまうのである。

ここで食べてみたいかな?と思っちゃうと買ってしまうと思います。でも、これって余計な買物なんですよね~。

今回の記事は『生活費の節約!買物リスト持参で買物すれば余計な買物を抑制できる』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

生活費を節約するにはどうする?

ここでは、生活費を節約しようとしている場合では具体的にどのようにすれば実現可能なのか?についての内容になります。

生活費は節約できるのかな?

色々な事情で生活費などを見直して改善したいな~と考える場合もあります。その結果として、最終的には節約を達成して貯蓄に充てる資金を作るといったパターン。

このようなバラ色の節約プランを考えるんだけれども実際にはそう簡単にはいかないのが実情になります。

実際にチャレンジしてみるとイメージ通りの展開にならないですから、挫折もあり、四苦八苦する事になるのである。

そのため、生活費の節約は余程の覚悟が求められるのではないか?というのが個人的な見解になります。

 

具体的にどんな方法が有るのか?

生活費の節約を考えた場合では色々とアレコレ考えたり悩んだりしますが、何かしら?の名案も浮かぶ場合があります。

この場合では、この方法で突き進む事になるのですが、ちゃんと計画を立てた上で突き進まないと空回りするだけで終わってしまうと思います。

それに参考となるデータの有無も関係ありますから、少なくともデータも用意した上で、しっかりと考慮する必要もあります。

 

近道はあるのか?

生活費を節約したいと考えた場合では最短コースも気になると思います。残念ながら節約への近道というのは無いと思います。

有ったら、皆さん誰しも行っていますから、生活費の節約悩む必要はありません。

あえて言えば、お金の流れを把握するのが最短コースなのではないかな?と個人的に考えます。

 

スポンサーリンク

買物リストを持参して余計な物を買わない対策

ここでは、お店に買物に出かける場合では、買物リストを持参して記載されていない商品は買わないように心掛けるについての内容になります。

余計な買物するとお金の無駄遣い

毎日の暮らしでは買物も普通にしますけれども、この時に余計な買物も意外と多く行っていたりするものです。

本来は買わなくても良いのにも関わらず手に取って買ってしまうのである。逆を言えば、手に取らなければ購入する確率も下がります。

でも、目に留まってしまうと気になるので買ってしまうのである。このような買い方の場合ではお金を余計に使ってしまうため、お金の無駄遣いになる可能性があります。

 

余計な買物をしないように注意

お店に買物に出かけると、色々な商品が魅力的に感じる場合もあります。特に目が留まってしまった商品は不思議と気になってしまうのである。

一度気になってしまうと、つい手に取ってしまいがちになりやすいのですが、ここで魅力的に感じると買物かごの中に入れてしまうのではないでしょうか?

これを防止するには事前に買物リストを作成するなどの対策が求められます

 

買物リストは何を書くのか?

お店に出かける場合では買物リストを持参するとして、それならば具体的にどのような事を記載すれば良いのかな?も気になります。

何故か?というと、商品名を書いてしまうと、お店によっては同じ商品が有るとは限らないですし、類似品も多いからです。

食料品であれば、食材の名称と数量、相場の金額(前回の購入金額でも良いかな?)があれば良いのかな?

 

買物リスト持参のメリット・デメリット

ここでは、お店に商品を購入する目的で出かける場合では買物リストを持参するのが良いと感じるけど、一長一短もあるについての内容になります。

デメリット

買物リスト持参してお店に買物に出かける場合のデメリットは、事前に買物リストを作成しておく必要があるという部分に尽きます。

現実的にこのような事ができるのはケースバイケースになるのではないか?というのが個人的な見解になります。

というのも、お出かけついでに食料品や衣料品といった商品を購入する場合がありますから、このような場合に買物リストを所持していないんじゃないのかな?と思うのである。

それに事前に作成するのは可能ですけれども意外と面倒に感じますから、継続して続けるというのは厳しいような気がします。

 

メリット

事前に買物リストを作成した上で、お店に買物に出かける場合のメリットとしては、余計な買物をしないようになるという部分に尽きます。

たいていの場合では買物リストなんて持参しないで頭の中にインプットしてある状況になりますから、勘ピューターを信じるといった感じです。

あくまでも勘なので不正解もあるのが実情になります。そのため、これが有ると良いかも?といった感じで余計な買物もしている場合も多いです。

このような余計な買物を防止できるので、結果的に生活費の抑制にも期待できるのである。

 

余計な買物をしなければ生活費の節約に繋がる

一人暮らしで自炊している場合や家族が居る家庭では料理する必要があるため、毎週のように食料品スーパーで食材を購入しているのではないでしょうか?

食料品だったとしても余計な買物している場合もあります。余計な買物をすると食材を使い切る事ができない事にも繋がるのでストックの観点でもどうかな?と思います。

でも、買物リストなども含めて、余計な買物をしないように心掛ければ、生活費の節約に繋がりますから丁度よいと実感します。

 

生活費の節約では買った商品の有効活用も大切

ここでは、生活費の節約では、買ったのにも関わらず活用しない商品はお金の無駄遣いになるので有効活用した方が良いについての内容になります。

食料品の期限切れ

商品を買ったは良いけれども無駄になってしまう代表例としては、食料品の期限切れによる廃棄処分が該当します。

特に冷蔵庫に入れている食料品の場合では、開封したけれども使い切らずに忘れてしまっている調味料も有ったりします。このような食品が有ると冷蔵庫を有効に活用しているとは言い難いです。

同時に、お金の無駄遣いになっているので買った食品は期限内に使い切る必要も発生します。

生活費を節約しようとしているのに実際にはお金の無駄遣いに繋がっているのでは本末転倒になります。

因みに防災で備蓄する長期保存の非常食も期限切れになってしまう可能性が高い商品なので、備蓄している場合はチェックも必要です。

 

便利グッズ

出張や旅行といった場合では持参すると便利に感じる旅行グッズがあります。毎日の日常生活でも同様にお菓子を作る場合に便利に感じる製菓グッズや調理グッズもあります。

このような便利グッズもお金の無駄遣いになる可能性が高い商品だったりします。というのも、買っても便利に感じないという場合も十分にあるからです。

仮にそのような便利グッズを買ってしまった場合では、残念ながら次回も使うという気分にはなりませんから、もしかすると次の商品を買うキッカケにもなります。

 

購入した商品は有効活用を

食料品にしても便利グッズにしても、せっかく購入したのですから、便利に感じない!満足できない!期限切れといった理由で無駄にするとお金の無駄遣いになります。

少なくとも商品を買った場合では基本的には有効活用できるように心掛ける必要があります。

生活費の節約!食料品の期限切れをなくしてお金の無駄遣いの抑制を
皆さん こんにちは! 自炊している場合では食料品スーパー等で買物して料理をする事になりますが、購入した食材や調味料などは無駄なく使い切っているのでしょうか? というのも、冷蔵や冷凍が必要な食料品の場合では冷蔵庫や冷凍庫に...