生活費の節約!タバコ代替品の電子タバコに乗り換えると節約になる?

家計
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

毎日のようにタバコを吸っている場合では生活費の節約は禁句になるのではないでしょうか?というのも、タバコは健康にもよくないですから真っ先に購入費用が節約対象になってしまいます。

だからといって代替品の禁煙グッズに乗り換えるという方法もありますけれども、アレコレ買ってしまう結果にも繋がってしまいます。

禁煙グッズは種類がありますし、その中には電子タバコも選択肢の1つに含まれます。

今回の記事は『生活費の節約!タバコ代替品の電子タバコに乗り換えると節約になる?』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

生活費の節約ではタバコ購入も節約対象

ここでは、生活費の節約を考えている場合ではタバコなどの嗜好品も節約対象に含まれるについての内容になります。

生活費の節約では嗜好品の扱いも考慮が必要

生活費の節約を考えている場合では、毎月のように支払っている買物や費用などを見直して改善する事も必要になります。

特に手っ取り早く節約に繋がる可能性が高い費用と言えば、間違いなく毎日の日課になっている可能性が高い嗜好品が該当すると思います。

嗜好品は主に「お酒」、「コーヒー」、「お茶」、「タバコ」、「お菓子」が良い例になります。

 

タバコを吸っている場合は禁煙はできるのか?

毎日の日課のようになっているのがタバコの場合では、節約する目的で禁煙できるのでしょうか?たぶん禁煙できないと思います。

その理由としてはタバコを吸うのが毎日の日課になっていますから、これを急に禁煙なんて無理です。

可能なのは「吸う本数を減らす」又は「購入費用を減らす」、もしくは「代替策を見つける」の3つ。

 

タバコ購入費用を減らしても意味がない

どうして?タバコの購入代金の源泉である購入費用を減らしても意味が無いのか?と言うと、お小遣いなどのお金から出てしまう可能性があるからです。

タバコを吸うのが日課になっている場合では、普通にこのような事が行われてしまうので抜本的な対策を施してもあまり関係ないのかな?というのが実情になります。

タバコ以外のストレス発散できる事を直ぐにでも用意できれば良いのですが、流石にこれは無理難題に等しいですから期限を切って代替策を見つけるしかないのかな?といった感じ。

でも、そもそも本人にタバコをやめる意思が無い場合では代替策をみつけても意味がないです。

 

スポンサーリンク

タバコ禁煙より吸う本数を減らす対策を

ここでは、タバコを禁煙できれば良いのですが、難しいので吸う本数を減らす対策で結果的に節約に繋げるについての内容になります。

タバコの禁煙は難しい

タバコを毎日の日課のように1日に何本も吸っている場合では、簡単には禁煙する事はできません。口では何とでも言えますが実際に行動を行うには相当の覚悟が求められます。

そのため、覚悟を持っていない場合では手を変え、品を変えといった感じで何をやっても上手くいかないのではないでしょうか?

自分との戦いに勝利できるのであれば禁煙も可能ですが、たいていの場合では自分には優しいですし、甘いの一言に尽きるので勝利は難しいです。

 

タバコの吸う本数を減らす対策

タバコの禁煙が難しいのであれば次に行うべき対策としては1日に吸う本数を減らす事になると思います。

1本でも良いので吸う本数を減らす事ができれば現実的な対応に向かうのですが、例え1本だったとしても、なかなか難しいのが実情です。

というのも、吸う本数が多い場合では大丈夫なのですが、そもそも吸う本数が少ない場合では1本を減らすというのはちょっとハードルが高いと感じるといった感じ。

こちらの場合でも最終的には覚悟が求められます。

 

禁煙グッズを利用するメリットは有るのか?

タバコを禁煙する方向に向かわせる方法としては、禁煙グッズを利用するという方法もありますが、これを買ったからといって直ぐに禁煙には結び付くというのは時期尚早になります。

最初の頃は上手くいくのですが時間が経過するに連れて飽きてしまうのである。いつの間にか?またタバコを吸っているといった感じになりやすいです。

正直のところ、禁煙グッズを購入するメリットは有るのかな?とも考える事ができます。

 

禁煙グッズの電子タバコに乗り換える目的は?

ここでは、タバコを禁煙する目的で電子タバコに乗り換える場合では、禁煙が目的なのか?節約も兼ねているのか?それとも?についての内容になります。

禁煙グッズの電子タバコ

タバコを禁煙するための便利グッズとして電子タバコもありますが、これを購入して利用すればタバコの禁煙に繋がると考えている場合もありますが、この考えは時期尚早になります。

その理由としては、禁煙グッズだったとしても、毎日のように吸っているタバコも吸いたくなってしまうのである。

特に電子タバコの場合では飽きないように色々な味や風味のリキッドが用意されていますが、それでも飽きてしまうのである。

結局のところ、この対策も兼ねて数種類のリキッドを買うパターンになってしまうと思います。

 

電子タバコに乗り換えても禁煙できない

禁煙も兼ねて電子タバコに乗り換えると禁煙できるのか?という部分も大いに気になる要素の1つに該当しますが、そんな事はないと思います。

個人的な見解としては、禁煙するのか?禁煙できないのか?は自分の意思が関係しているので、禁煙グッズの電子タバコを買ったとしても意思や覚悟が伴っていなければ意味が無いのである。

自分は何が何でも自分自身や家族の為に禁煙してタバコをやめるんだ!という覚悟を持てるのか?持てないのか?これに尽きます。

逆にこの覚悟があれば禁煙グッズなんて必要ありません。

ドクターベイプモデル2(DR.VAPE model2)電子タバコのレビュー
皆さん こんにちは! 筆者は喫煙者ではありません。それなのにも関わらず、電子タバコに興味や関心があります。どうしてなのか?というと、父親がタバコの喫煙者なので、どうにか?して最終的に禁煙して欲しいからです。 こればっかり...

 

電子タバコに変えても生活費の節約に繋がらない

ここでは、禁煙グッズの1つである電子タバコの乗り換えても生活費の節約には繋がらないので要注意についての内容になります。

電子タバコを利用しても生活費の節約に繋がらない

どうして電子タバコに乗り換えても節約に繋がらないのか?の説明としては、電子タバコ本体の価格リキッドの費用を考慮しているのかな?という部分が該当します。

電子タバコといってもピンからキリまであるので価格も様々になります。交換カートリッジであるリキッドもそれ相応の価格となります。

電子タバコに乗り換えたとしても、どこか?の時点で本物のタバコも吸いたくなってしまうタイミングがあります。

この時にタバコを吸ってしまうと電子タバコは家族へのアピールの道具に成り下がってしまうので購入代金が無駄遣いになってしまいます。

そのため、電子タバコに乗り換えても結果的には節約には繋がらないのでは?というのが個人的な見解です。

 

生活費を節約するなら禁煙を目指す

次に生活費の節約を目指すのであれば、嗜好品の1つでもあるタバコも節約対象に含める必要があります。

たいていの場合では購入費用は減らされたくないと考えると思います。でも、健康の事を考えると良い機会なので他の楽しみを見つけるチャンスだと考えれば良いのではないでしょうか?

禁煙を目指してチャレンジする機会が到来したと考えるべきなので、段階的に購入費用は減らしていくのが妥当な選択になります。