非常食3日分の備蓄!ポケットワンコーンスープ・長期5年保存スープ

非常食
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

非常食3日分としてアルファ米ごはんとセットで5年保存に対応しているお味噌汁やわかめスープを備蓄しています。というのも、主食のごはんだけでは物足りませんし、汁物やスープ等も欲しいからです。

それに、いつもアルファ米のごはんだけという訳にもいきませんから、カンパン等も食べる機会にも恵まれると思います。このような場合では流石にお味噌汁の組み合わせもできないため、コーンスープも有った方が良さそうに感じます。

でも、栄養バランスを考慮するのであれば、長期保存できる野菜ジュースも捨てがたいのではないかな?と考えたりします。

今回の記事は『非常食3日分の備蓄!ポケットワンコーンスープ・長期5年保存スープ』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

非常食3日分の5年保存ポケットワンコーンスープ

ここでは、防災の非常食3日分として備蓄しているポケットワンコーンスープについての内容になります。

ポケットワンコーンスープ

商品名称 : 乾燥スープ

内容量  : 9.8g

賞味期限 : 製造日から数えて5年間保存できる

保存方法 : 直射日光、高温多湿の場所を避けて常温で保存

製造所  : 株式会社松本パック

付属品等 : 食器不要(折りたたみカップ、スプーン付属)

備考など : お湯・お水で調理できる

 

コーンスープの栄養成分(1食9.8gあたり)

エネルギー : 32kcal
たんぱく質 : 0.3g
脂質    : 0.1g
炭水化物  : 7.4g
食塩相当量 : 1.5g

 

原材料

糖類(国内製造ぶどう糖、砂糖)、食塩、コーンパウダー、酵母エキスパウダー、ホワイトペッパーパウダー、うきみ(コーン)/調味料(アミノ酸等)、微粒二酸化ケイ素、香料

 

スポンサーリンク

ポケットワンコーンスープは食器不要でお水でも調理できる

ここでは、防災の非常食3日分備蓄しているポケットワンコーンスープの特長についての内容になります。

お湯・お水で調理できるコーンスープ

「開封して直ぐに食べれる食料品」又は「簡単な調理で食べれる食料品」が非常食になるため、このポケットワンコーンスープもこの要件に該当します。

というのも、折りたたみ式のカップとスプーンが付属されているため、お湯(熱湯)・お水を注ぐだけで簡単に調理して食べれるようになるからです。実際にはカップはしっかり山折りにするといった作業も必要になります。

特にもしもの災害といった場合では、電気・ガスなどのサービスが利用できなくなる可能性がありますから、このような場合にお水でも調理して食べれる非常食があると便利です。

現実的にはお水で調理して飲むのと、熱湯を注いで飲むのとでは美味しさも変わって来るため、熱湯を注いだ方が良いです。

 

食器付属なので用意する必要なし

ポケットワンコーンスープは非常食に該当するため、食器不要で飲食できます。1食分の即席みそ汁の袋を開封すると、折りたたみカップとスプーンが入っています。

折りたたみカップは、しっかりと山折りして形を整える必要があります。

 

アルファ米やカンパンのように5年保存

お湯・お水を注いで調理できるアルファ米ごはんシリーズと同様に賞味期限は5年になります。主食のごはんカンパンと同じ長期保存できる食品になるため、期限管理する場合でも丁度よいです。

ごはんとコーンスープの組み合わせは流石にどうかな?と思うため、カンパンを食べる時のお供が丁度よいのかな?と思います。何故か?と言うと、カンパンはお菓子ではなく主食の部類に含まれるからです。

 

非常食のポケットワンコーンスープの調理方法(作り方)

ここでは、長期5年保存できる防災の非常食3日分の備蓄にも役立つポケットワンコーンスープの作り方についての内容になります。

ポケットワンコーンスープの「お湯」での作り方

① 袋を開封
ポケットワンコーンスープの1食分の袋を開封して中身(折りたたみカップ、粉末スープ)を取り出します。

 

② カップ
折りたたみカップを取り出したら、カップを広げた上で、粉末スープを中に入れます。

 

③ カップにお湯を注ぐ
この状態で折りたたみカップの7分目まで熱湯150mlを注いで30秒待てば出来上がりになります。因みにスプーン付なので別途、割り箸などの食器を用意する必要がありません。

 

④ 飲む
出来上がったら、付属のスプーンでコーンスープをよくかき混ぜてから飲みます。

 

ポケットワンコーンスープの「お水」での作り方

① お水で調理する場合
基本的には熱湯で調理する場合と同じように折りたたみカップの中に粉末スープを入れた上で、お水を注ぎます。

 

② お水を注ぐ
お水150mlを折りたたみカップの中に入れて約5分待てば出来上がりになります。中身をスプーンでよくかき混ぜてから飲食します。

お水でも5分で調理できるので非常食3日分に備蓄しておくと便利に感じますが、温かいお湯の方が美味しいため、熱湯が用意できる場合は熱湯を注いだ方が良いです。

 

コーンスープを調理する上での補足事項

① 熱湯を注ぐ場合
ポケットワンコーンスープは、非常食(長期保存食)のスープなので味付けが濃い感じになる傾向あり。そのため、お湯(お水)などをカップに注いで調理する場合では、お好みに応じて注ぐ量を加減して調整した方が良いと思います。

 

② ミネラルウォーター
お湯・お水で調理する場合に共通の補足事項になりますが、調理用のミネラルウォーターなどの飲料水を用意しておいた方が良いと考えます。

 

③ 折りたたみカップ
折りたたみカップは、しっかりと山折りにして形を整えてから使います。

 

非常食3日分のポケットワンコーンスープ・レビュー

ここでは、防災の非常食3日分や7日分として備蓄しているポケットワンコーンスープの評価レビューや感想についての内容になります。

ポケットワンコーンスープの食レポ

防災の非常食3日分として、備蓄しているポケットワンコーンスープの食レポになりますが、残念ながら実際に飲食した事がないため、どんな味がするのか?という食レポはできません。

でも、1年保存の粉末コーンスープは何度も飲んでいるので、メーカーも異なるので全く同じではないですけど、だいたい同じ感じの味付けなんじゃないのかな?と推測しています。

そのため、あえて試食しなくても、賞味期限の6ヶ月前になれば試食や試飲する機会に恵まれますから、非常食として備蓄しておくのが賢明の選択ではないかな?と個人的に考えています。

備蓄する前に試食しているのは、尾西アルファ米ごはんシリーズになります。これ以外の非常食は基本的には賞味期限が残り6ヶ月を切ったら食べてます。

 

評価レビューや感想

ポケットワンコーンスープの評価になりますが、実際に試食した事がないため、味についての評価はできないため、それ以外の部分での評価とさせて頂きます。

賞味期限が製造日から数えて5年保存できるので買い替える場合も考慮すると、この点は助かります。ポケットワンのおみそ汁やわかめスープも5年保存なので、セットで備蓄しておく選択も良さそうに感じます。

因みに、お味噌汁・わかめスープ・コーンスープはそれぞれ3食分ずつ備蓄しています。個人的な評価としては実際に食べてないので一概には何とも言えないのですが、スープも有った方が良いのでは?と思います。