非常食3日分の備蓄!ポケットワンおみそ汁・長期5年保存の味噌汁

非常食
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

非常食3日分として、アルファ米ごはんシリーズを主に備蓄していますが、実際にはこれだけでは物足りないため、ごはんのお供となるお味噌汁やおかずも必要に感じています。

一応、5年保存できるお味噌汁やわかめスープ、コーンスープなども備蓄していますが、これでは栄養バランスが悪いため、おかずになる非常食も備蓄しておきたいと強く感じます。

とはいえ、一気に揃えてしまうと、賞味期限が切れる時に買い替えや実際に食べて処理する場合に大変ですから、急がず、確実に1つずつ揃えて備蓄していくように心がけています。

今回の記事は『非常食3日分の備蓄!ポケットワンおみそ汁・長期5年保存の味噌汁』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

非常食3日分の5年保存できるポケットワンおみそ汁

ここでは、防災の非常食3日分として備蓄しているポケットワンお味噌汁についての内容になります。

ポケットワンおみそ汁(お味噌汁)

商品名称 : 即席みそ汁

内容量  : 9.5g

賞味期限 : 製造日から数えて5年間保存できる

保存方法 : 直射日光、高温多湿の場所を避けて常温で保存

製造所  : 株式会社松本パック

備考など : 食器不要(折りたたみカップ、スプーン付属)

 

お味噌汁の栄養成分(1食9.5gあたり)

エネルギー : 33kcal
たんぱく質 : 2.4g
脂質    : 1.1g
炭水化物  : 3.3g
食塩相当量 : 1.8g

 

原材料

フリーズドライの粉末米みそ、粉末豆みそ、ふ、鰹節パウダー、乾燥わかめ/調味料(アミノ酸等)、酸化防止剤(V.E)、クエン酸、(一部に小麦を含む)

 

スポンサーリンク

ポケットワンおみそ汁は食器不要でお水でも作れる

ここでは、防災の非常食3日分備蓄しているポケットワンお味噌汁の特長についての内容になります。

お湯・お水で調理して食べれる

「開封して直ぐに食べれる食料品」又は「簡単な調理で食べれる食料品」が非常食になるため、このポケットワンおみそ汁もこの要件に該当します。

というのも、粉末米みそはフリーズドライの味噌なので、お湯(熱湯)・お水を注ぐだけで簡単に調理して食べれるようになるからです。

特にもしもの災害といった場合では、電気・ガスなどのサービスが利用できなくなる可能性がありますから、このような場合にお水でも調理して食べれる非常食があると便利です。

それに、主食としてアルファ米のごはんを備蓄している場合ではお味噌汁も有った方が美味しく食べられますから非常食3日分として備蓄するのであれば、お味噌汁やスープもセットが望ましいです。

 

食器不要

ポケットワンおみそ汁は非常食に該当するため、食器不要で飲食できます。1食分の即席みそ汁の袋を開封すると、折りたたみカップスプーンが入っています。

折りたたみカップは、しっかりと山折りして形を整える必要がありますが、これさえ行えば問題ありません。

 

長期保存食(5年保存)

お湯・お水を注いで調理できるアルファ米ごはんシリーズと同様に賞味期限は5年になります。主食のごはんと同じ長期保存できる食品になるため、期限管理する場合でも丁度よいです。

ごはんと味噌汁の期限が違っていると、期限管理や買い替えサイクルも少し大変になってしまう場合があります。

 

5年保存ポケットワンおみそ汁の調理方法(作り方)

ここでは、長期5年保存できる防災の非常食3日分の備蓄にも役立つポケットワンお味噌汁の作り方についての内容になります。

ポケットワンおみそ汁の「お湯」での作り方

① 袋を開封
ポケットワンお味噌汁の1食分の袋を開封して中身(折りたたみカップ、乾燥具材、粉末スープ)を取り出します。

 

② カップ
折りたたみカップを取り出したら、カップを広げた上で、乾燥具材と粉末スープを中に入れます。

 

③ お湯を注ぐ
この状態で熱湯150mlを注いで30秒待てば出来上がりになります。因みにスプーン付なので別途、割り箸などの食器を用意する必要がありません。

 

④ 食べる
出来上がったら、付属のスプーンでお味噌汁をかき混ぜてから食べたり、飲んだりします。

 

ポケットワンおみそ汁の「お水」での作り方

① お水で調理する場合
基本的には熱湯で調理する場合と同じように折りたたみカップの中に乾燥具材と粉末スープを入れます。

 

② お水を注ぐ
お水の場合も150mlをカップの中に入れて約10分待てば出来上がりになります。完成したら、中身をスプーンでかき混ぜてから食べたり、飲んだりします。

 

③ 補足事項
お水でも調理できますが、お湯を注いで食べた方が美味しいため、熱湯が用意できる場合では熱湯を注いだ方が最適です。お水で調理する場合は、約10分待つだけで良いです。

 

調理する場合の補足事項

① 熱湯を注ぐ場合
ポケットワンお味噌汁は、非常食(長期保存食)のお味噌汁なので毎日のように食べているお味噌汁の味付けとは異なる場合が多いです。具体的には、味付けが濃い感じになる傾向あり。

そのため、お湯(お水)などをカップに注いで調理する場合では、お好みに応じて注ぐ量を加減して調整した方が良いと思います。

 

② 折りたたみカップ
折りたたみカップは、しっかりと山折りにして形を整えてから使用します。

 

非常食3日分のポケットワンお味噌汁・レビュー

ここでは、防災の非常食3日分や7日分として備蓄しているポケットワンお味噌汁の評価レビューや感想についての内容になります。

ポケットワンお味噌汁の食レポ(飲みレポ)

防災の非常食3日分として、アルファ米ごはんのお供の用途で備蓄しているポケットワンおみそ汁の食レポになりますが、残念ながら実際に飲食した事がありません。

賞味期限が残り6ヶ月を切らない状態で食べてしまうのは、ちょっと勿体ないのではないか?という個人的な判断になります。

フリーズドライ食品に限った話ではないですが、メインの主食以外の非常食は試食しなくても良いと考えています。

但し、主食となるごはんに限って言えば、基本的に試食しています。その理由としてはメインのご飯は自分にとって美味しい又は、普通に食べれる食品じゃないと困るからです。

全く美味しいと感じない非常食のご飯を食べる時に苦痛を感じるのでは、備蓄する意味がありません。

 

《追記:飲みレポ
今まで、ポケットワン・おみそ汁を飲む機会に恵まれなかったので食レポしていませんでしたが、飲む機会に恵まれた事もあり、ちょっと感想を述べたいと思います。

毎日のように飲んでいるお味噌汁と比較すると味が濃いと感じます。お好み応じてお湯の量を調整した方が良いと感じます。

 

 

評価レビューや感想

ポケットワンおみそ汁の評価になりますが、実際に試食した事がないため、味についての評価はできないため、それ以外の部分での評価とさせて頂きます。

非常食という観点から考慮した場合では5年保存できて食器不要でかつ、お湯・お水があれば調理して食べれるため、買い替えサイクルの観点からも十分に魅力的に感じます。

おみそ汁の中身については、乾燥具材(麩、わかめ)がショボイのではないか?と思います。

どのぐらい備蓄しているのか?と言えば、ポケットワンシリーズは「おみそ汁」、「わかめスープ」、「コーンスープ」の3種類をそれぞれ3食分だけ備蓄しています。