Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

非常食の食レポ!旅行や車中泊に持参の尾西アルファ米のわかめごはん

 

皆さん こんにちは!
今回の記事は『旅行に持参の尾西アルファ米のわかめごはんの食レポ』についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

旅行や車中泊に持参する尾西アルファ米のわかめごはんの調理

旅行に持参する防災備蓄のアルファ米のわかめごはんを調理する場合は、お湯 又は お水 が必要になります。旅先では調理時間が15分で済むお湯を確保した上で調理することになります。

 

 

尾西アルファ米のわかめごはんを調理

① わかめごはんを開封
尾西アルファ米のわかめごはんを開封します。ハサミなどを使う必要はなく、手で開封することが出来ます。ちょっと見た目は悪くなる程度です。

 

② スプーンや脱酸素剤を取り出す
開封したら、袋の中に入っているスプーン脱酸素剤を取り出します。特に脱酸素剤はかなり深く入っている場合があるので要注意です。

 

③ わかめご飯の袋を広げる
お湯を注ぐ前に、開封した袋をしっかり広げます。広げ方が足らないと、お湯の注水も少なくなってしまい、結果的にご飯の固さに影響を及ぼします。

調理後に出来上がった時にご飯が固い場合は注水量が足らなかった可能性が高いです。このようにならないためにも袋はしっかり広げてから、お湯を注いでください。

 

④ お湯 又は お水を注ぐ
お湯 又は お水 を注水線まで注いで密封します。お湯を注ぐど直ぐにアルファ米が膨らみ始めます。

 

⑤ 出来上がるまで待つ
お湯を注いだ場合は15分待つと、ふっくらしたわかめごはんが出来上がります。でも、ぴったり15分だとご飯が固かったりする場合もあるため、プラス1〜2分程度経ってから食べた方が良いと個人的に感じます。

 

 

⑥ わかめごはんを混ぜる
16〜17分後にわかめごはんが出来上がったら、付属のスプーンでご飯をかき混ぜてください。

 

尾西アルファ米わかめごはんを自宅で食べる場合

袋のまま食べるのではなく、お椀によそって食べた方が食べやすいです。付属のスプーンでも食べるのは出来ますが、ちょっと味気ないですし、深さがあるため、食べにくい感じです。

わかめご飯の量は、お椀によそると山盛り1杯よりも多い感じになります。山盛りにしなければ、軽くお椀2杯分といった感じの量になります。

筆者の場合は、どのくらいになるのか?確認するためにお椀に全部よそりました。

 

お椀によそる場合

調理後にお椀によそる場合は、かき混ぜないで、そのままお椀にあけるようにすると、スポッとお椀の中にご飯が入ります。かき混ぜるのはお椀に入った後でも良いのでは?と思います。

 

 

旅行や車中泊に持参の尾西アルファ米のわかめごはんの食レポ

今回は、旅行にも持参する防災備蓄の尾西アルファ米シリーズわかめごはんの食レポになります。

 

尾西アルファ米・わかめごはんを食べる場合の注意事項

わかめごはんを調理して、お椀によそった後の袋の中を見ると、わかめがタップリ袋の中にへばり付いています。そのまま袋を処分するのではなく、綺麗にわかめを取るなり、そのまま食べるなりした方が良いです。捨ててしまうのは勿体ないです。

 

尾西アルファ米・わかめごはんを実際に食べた感想

旅行に持参する尾西アルファ米のわかめごはんを実際に食べた感想は、わかめの風味がしっかり効いていて美味しく食べられるといった感じのご飯になります。

調理する時に、しっかり袋を広げて注水しないと、ご飯がふっくらしないため、お湯の注水量は注意した方が良いです。

食べている時にご飯が固い感じだと、あまり美味しくないと認識してしまうため、もう食べたくないと思ってしまう場合もあります。

肝心要の具材でもあるワカメはこれでもか!と言わんばかりにタップリ入っています。

 

 

アルファ米のわかめごはんを食べて気になった部分

アルファ米の携帯おにぎり・わかめと同様にアルファ米のわかめご飯は食べた後に問題が発生します。調理後にお椀によそった時にワカメがたっぷり袋の中にへばり付いているのが問題があります。

どういうことなのか?と言うと、わかめがこれでもか!と言わんばかりに含まれているので歯にくっ付きやすいです。

いつでも歯を磨ける状況といった場合では問題ありませんが、そうでない場合は口をゆすいだ程度ではワカメを取り除くことが出来ません。

防災備蓄するのであれば、少なくとも食べ終わった後のことも考慮した方が良いと思います。もしも!という場合では飲料水は貴重品になるため、直ぐに歯を磨けるとは限りません。

 

 

尾西アルファ米の携帯おにぎり・わかめとの違い

尾西アルファ米シリーズには、にぎらずできる携帯おにぎりという商品もあります。味付はわかめ・鮭・五目おこわの3種類あります。わかめご飯と携帯おにぎり・わかめの違いは何なのでしょうか?

 

純粋にご飯か?おにぎりか?の違い

実際の尾西アルファ米のわかめごはんと携帯おにぎり・わかめを食べてみた感想としては、全く同じといっても良いと思います。

単純に内容量と、おにぎりタイプなのか?そうでないのか?の違いといった感じになります。

というのも、両方とも食べ終わった後の歯のくっ付き状況が大して変わりません。わかめが歯にくっ付いてしまうという状況が改善されれば両方とも魅力的なのですが、現状では備蓄したくないかな?といった感じです。

 

用途が広いのは携帯おにぎり・わかめ

アルファ米のご飯と携帯おにぎりタイプの場合は、用途次第で大きく可能性が異なる感じになります。袋に入っているタイプだと気軽に食べるといった感じにはならないですけれども、おにぎりタイプならば調理時間が掛かっても食べたい気分になります。

携帯おにぎりタイプの場合は防災備蓄の用途の他にレジャーアウトドアといった用途でも活用できるのが良いと思います。

それに対して、袋に入っているタイプだと防災備蓄の用途の他に旅行等に持参して試食する程度の役割しかない感じです。

 

 

非常食の食レポ!旅行や車中泊に持参の尾西アルファ米おにぎりワカメ
皆さん こんにちは! 今回の記事は『旅行や車中泊に持参の尾西アルファ米の携帯おにぎり・わかめの食レポ』についての内容になります。 参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。 旅行や車中泊に持参の尾...

コメント