非常時3日分の備え!常温で食べれる長期保存レトルト食品も魅力的

防災
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

もしもの災害では水道・電気・ガスが使えなくなる場合も有るため、このような展開になった場合では食事では美味しい料理が食べれなくなります。

このような状況でも毎日のように食事する必要があるため、非常食などの食品やミネラルウォーターなどの飲料水を備蓄しておいた方が良いです。

でも、電気やガスが利用できない状態での食事を経験した事がない場合では試行錯誤も必要ですし、常温でも食べれる食品も実際に食べて体験しておいた方が良いのでは?と感じます。

今回の記事は『非常時3日分の備え!常温で食べれる長期保存レトルト食品も魅力的』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

非常時3日分の備え!長期保存食も必要

ここでは、非常食3日分として備蓄する場合では長期保存できる保存食も必要に感じるについての内容になります。

非常食とは?

非常食3日分の備蓄と言われていますけど、そもそも非常食ってどのような食品なのかな?は理解しているのかな?も考慮した方が良いです。

たぶん、「パッケージ袋をハサミを使わずに開封して、直ぐにそのまま食べられる食品」又は「スプーンなどの食器は付属していて、お湯・お水で簡単に調理して食べられる食品」が該当するのではないか?と個人的に考えます。

 

非常食3日分の備蓄?足りるかな?

もしもの災害に備えて備蓄しておいた方が良いと言われる非常食になりますが、最低でも3日分は備蓄が推奨されていますが、本当に3日分だけで大丈夫なのでしょうか?

足りないんじゃないのかな?と感じるのである。その理由としては、水道・電気・ガスが復旧するまでにどれだけの期間が必要になるのか?を考えていないからです。

たぶん、7日分ぐらいは余裕を持って見ておいた方が賢明の選択になるのでは?と思いますが、実際にはそれは難しい選択になります。ハッキリ言って、そんなに備蓄するのはとても大変です。

そのため、現実的な対応としては3日分プラスαぐらいなのかな?といった感じ。

 

非常食ではないけれども長期保存食も必要

どうして長非常食ではなく、長期保存食も必要に感じるのか?と言えば、必ずしも自分にとって最適に感じる非常食が見つからない可能性が高いからと言った方が正解になります。

どういう事なのか?と言うと、非常食の場合だと種類が限られてしまうので、自分が求めている食品ではない場合も有るからです。

例えば、主食のごはん系だと、選択肢は2~3種類になってしまいます。「アルファ米ごはん」と「フリーズドライ食品のごはん」から選択する事になります。

因みに、主食っぽくないと感じるカンパンも主食に含まれるみたいです。毎日の食事としてパンを食べている場合では選択肢に困ります。

 

スポンサーリンク

常温で食べれる長期保存レトルト食品も魅力的

ここでは、非常食3日分として備蓄する場合では長期保存できる長期保存レトルトパックの食品も魅力的についての内容になります。

常温で食べれるのは魅力的

どうして常温で食べれる長期保存のレトルトパック食品が魅力的に感じるのか?と言えば、お湯・お水を使う事なく、美味しいのか?は別として開封して直ぐにそのまま食べれるからです。

食器が付属していないため、完全な非常食の代用にはなりませんけれども、この用途に準じる使い方ができるため、もしもの非常時に助かるのではないか?と考えます。

湯せんや電子レンジで温めなくても、食べれるんですから十分に検討しても良いと思うのである。

 

常温で食べても美味しいのかな?

常温でも食べれる長期保存のレトルトパック食品は確かに十分に魅力的に感じますが、やっぱり実際に常温で食べてみないと一概には何とも言えないのではないか?と思います。

そもそもレトルトパック食品の場合では温めて食べる方が美味しいと思うので、これを常温で食べて本当に美味しいのかな?といった感じです。食べる事はできても、美味しくないのでは意味がないです。

そのため、自分にとって最適に感じるタイミングで常温にて試食する事も必要になります。

 

長期保存できるのは魅力的

長期保存のレトルトパック食品は5年保存できるタイプも有るため、非常食と同じ賞味期限である部分も魅力的に感じます。

というのも、非常食と同じ賞味期限になりますから管理する上で丁度よいと感じます。

 

長期保存レトルト食品のメリット・デメリット

ここでは、長期保存レトルトパックの食品を非常食3日分として備蓄する場合に感じるメリット・デメリットについての内容になります。

デメリットは「食器が必要」になる

長期保存レトルトパック食品を非常食3日分として備蓄する場合のデメリットは、食器が必要になるという部分に尽きます。それに対して、非常食の場合はスプーンなどの食器が付属されているので、用意しておく必要がありません。

特に災害時といった場合では、お水が貴重になります。その上で、保存食を食べる場合に使った食器は次回使う時の為に洗う必要が発生するので何かと貴重に感じるお水の節約に苦労する展開になると思います。

これは流石にどうなんだろうか?といった感じになるため、食器を洗わなくても済むようにスプーンやお皿にラップを巻いたりセットしたりして利用するなどの対策も必要になります。

この場合ではラップも備蓄しておく必要がありますから、レトルト食品を備蓄する場合はよく検討した方が良いです。

 

メリットは「非常食」の代用に使える

長期保存レトルト食品のメリットに感じる部分としては、完全ではないですが、非常食に準じる用途で利用できる点が該当します。

何せ、デメリットは食器が付属されていない事に尽きますから、これをどうにか?克服する事が出来れば、非常食の用途でも使えるようになるのは便利に感じるのではないか?と思います。

 

ごはんの「おかず」用途に向いている食品

主食のごはん系非常食の場合では系統が2つに限られてしまうのに対して、長期保存レトルトパック食品の場合では「おかず」の用途で利用できる食品が多いのも十分に魅力的に感じます。

もしもの非常時では主食の「ごはん」だけでは栄養が偏ってしまうため、不健康になってしまいます。やっぱり「おかず」や「スープなどの汁物」も必要になります。

 

長期保存のレトルトパック食品も備蓄

ここでは、非常食3日分として備蓄する場合に参考になる長期保存レトルトパック食品も備蓄についての内容になります。

カゴメ野菜たっぷりスープ4種類

筆者の場合は、常温でも食べれる5年保存できるカゴメ野菜たっぷりスープ4種類(豆、きのこ、トマト、かぼちゃ)を購入しているのですが、非常食だと勘違いして購入しています。

この勘違いに気が付いたのは、購入してからパッケージ裏面を読み直している時に気が付きました。そういえば、スプーンなどの食器が含まれていないのではないかな?とね。

よく読まないで買ってしまったので自業自得になりますが、流石にちょっと困りました。常温で食べる事ができるのは助かりますが、非常用の食器なんて用意すらしていないので、どうしようかな?といった感じ。

まだ答えは出ていないのですが、落としても割れないかつ、軽量なお皿を購入 及び ラップを備蓄しようかな?と考えています。

 

可能なら備蓄前に試食して味の確認が望ましい

基本的には「おかず」や「スープなどの汁物」の長期保存食は試食しなくても良いと考えていますが、常温で食べる事を想定している場合では、試食した方が良いのではないかな?と感じます。

その理由としては、購入する時の想定としては電気やガスが利用できる前提になっている場合が多いので「温めて食べる」という選択肢になっていると思います。

でも、この前提条件が崩れてしまう可能性も十分にあるため、可能ならば常温で食べても美味しいのか?は確認した方が良いのでは?と考えるようになりました。

非常食3日分の尾西アルファ米ごはん・おにぎり食レポ比較レビュー
皆さん こんにちは! 防災の非常食として、開封して直ぐに食べられる食料品や簡単な調理だけで食べれる食品を備蓄している場合では、実際に食べた事がある非常食を備蓄しているのでしょうか? もし、1回も食べた事がない非常食を備蓄...