非常時3日分の備え!長期保存食は防災・病気等の自宅療養にも役立つ

非常時の備え
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

もしもの非常時が発生した場合に備えて非常食を3日分プラスαを備蓄していますが、4日分は無いです。3日分に加えてちょこっとだけプラスを維持するのがやっとかな?と言った方が正解になります。

簡単そうに見えて実は難しいのである。何せ、5年保存できる場合が多いですから管理が大変。同じ賞味期限にならないようにバラける必要があるので余計に大変に感じるのである。

でも、この非常食は病気等で自宅療養する場合にも該当するので、備蓄しておくのも有りかな?と最近ではプラス思考で考えています。

今回の記事は『非常時3日分の備え!長期保存食は防災・病気等の自宅療養にも役立つ』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

非常時3日分の備え!非常食は最低3日分の備蓄を

ここでは、災害等の非常時に有ると重宝する長期保存の非常食は最低でも3日分は備蓄しておいた方が良いについての内容になります。

非常食はどんな食品なのか?

非常食と長期保存食は何が違うのかな?と思った事はありませんか?両方とも長期保存食なんじゃないのかな?と思うのである。

でも、非常食の場合では食べる為に必要なスプーン割り箸などの食器が付属している場合が多いです。

あと、カンパンなどの缶入りの非常食の場合では食器は付属していませんが、缶を開封してそのまま食べられる長期保存食も被常食と言えるんじゃないのかな?

この2つの事を考慮すると、開封してそのまま食べられる食品や簡単な調理をすれば食べれる食品が被常食に該当するのではないか?と個人的に考えます。

 

実際には3日分では足らない

もしもの非常時に必要な被常食ですが、最低でも3日分は備蓄しておいた方が良いと言われていますがこれは本当なのでしょうか?たぶん足らないですよね?と思います。

普通に考えて3日でライフラインが復旧するとは思えないですから、少なくとも復旧できるぐらいの期間分は必要になるんじゃないのかな?

避難所に行けば問題ないかも知れませんが、近くに無い場合では行けませんから、やっぱり備蓄するしか方法がない感じ。

 

3日分の非常食を備蓄するのは大変

1人あたり3日分の非常食を備蓄するのはとても大変です。1人暮らしであれば大丈夫かも知れませんが、4人家族の場合では結構な量になってしまうと思います。

とてもじゃないですけれども、たったの3日分とはいえ簡単に考えるのは良くないと思います。その理由としては、栄養を考えて備蓄しないといけないからです。

特に非常時では偏った食生活になりやすいですから、備蓄するのであれば栄養バランスも考慮しないといけません。

 

スポンサーリンク

長期保存の非常食は防災や海外旅行・留学に役立つ

ここでは、長期保存できる非常食の用途についてに内容になります。基本的には防災備蓄の用途としての使い方になります。これ以外の用途は活用次第となります。

非常食の用途

一般的に非常食と言うと、防災用(非常時)というイメージになると思いますが、この用途に特化する必要はありません。長期の海外出張や海外留学に持参すると重宝するからです。

海外でも日本食レストランに行けば日本食が食べれますが、完全に日本仕様という訳でもないですから、必ずしも最適な選択とは言い難いのが実情になります。

このような場合では「お湯・お水で調理できる」アルファ米ごはんやフリーズドライ食品などを持参すると重宝します。

 

海外出張や海外留学にも役立つ

長期の海外旅行や海外留学といった場合では、食生活が日本とは異なるため、味が自分に合わなかったりする場合があります。このような場合でも食べないと健康によくないですから、何かしらの食事はしないといけません。

また、日本食を食べたくなる場合もあります。たいていの場合では日本食レストランも有るので問題ないのですが、それでも味付けに関して言えば、日本仕様ではなく現地の味になっている場合が多いです。

その理由としては、何だかんだ言ってもメインの顧客は現地の人になりますから、仕方がなかったりします。どちらの用途でも非常食は持参すると役立ちますが、全ての非常食を持参できるという訳ではないので持参する場合は要確認となります。

実際に長期海外出張で持参した長期保存の非常食は尾西アルファ米ごはんとフリーズドライ食品、水で戻して食べれる乾燥餅 及び 井村屋えいようかんになります。

 

長期保存の非常食は病気等の自宅療養にも役立つ

ここでは、もしもの災害に備えて備蓄している非常食は、病気等の自宅療養にも役立つ便利な食品についてに内容になります。

非常食は病気等の自宅療養にも役立つ

非常食の場合では、自分にとって非常時に感じる時に食べると便利に感じる長期保存食になりますが、非常時というのはもしもの災害時とは限りません。

というのもコロナ等で高熱になってしまうと食料品の買物に行けなくなりますから、最低でも完治するまでの期間の食料品は確保しておきたいところです。このような自宅で療養する場合にも役立ちます。

でも実際には3日分程度しか備蓄していない 又は もしもの災害がいつ発生するかも分からないので備蓄しないの2択になるため、備蓄していても足らないのが実情になります。

日頃から疎かにしないでコツコツ備えておいても良いのでは?

 

主食のごはん系の非常食は試食した方が良い

もしもの非常時の食事として食べる非常食は美味しいのかな?と言えば、これには疑問が発生します。というのも、確かに食べて美味しいと感じる非常食も有るのですが、他の食品と比べてもぶっちぎりで追随を許さないぐらいに美味しくないものもあります。

それなのにも関わらず、試食しないで備蓄していた場合では、非常時の時にもしかすると、ぶっちぎりで美味しくないご飯を食べる展開に陥る可能性があるので、備蓄する前に試食した方が良いです。

但し、試食するのは、あくまでも「主食のごはん」系のみです。「おかず」や「スープ」、「乾燥餅やお菓子」などは試食しません。その理由としては、「おかず」は割高感があるので試食しなくても良いかな?という気分になります。

乾燥餅やお菓子は試食しなくても美味しくないかも知れないけれども不味くはないだろう?という予測になります。

非常食3日分の尾西アルファ米ごはん・おにぎり食レポ比較レビュー
皆さん こんにちは! 防災の非常食として、開封して直ぐに食べられる食料品や簡単な調理だけで食べれる食品を備蓄している場合では、実際に食べた事がある非常食を備蓄しているのでしょうか? もし、1回も食べた事がない非常食を備蓄...

 

非常食3日分の備蓄より非常時3日分の備えも重要

ここでは、非常食は最低でも3日分は備蓄しておいた方が良いのですが、それよりも非常時3日分の備えの方が重要に感じるについての内容になります。

非常時3日分の備えとは?

非常食3日分の備蓄では、純粋にもしもの非常時の食事用として3日分を備蓄しておくという考え方になります。

それに対して、非常時3日分の備えでは、非常食3日分に加えて、3日間で必要に感じるアイテムも含まれるという事になります。

例えば、非常時に無いと困るものが該当します。食事に関して言えば非常食と飲料水があれば、どうにか?クリアできますが、洗濯やトイレは水道が止まってしまったら困ると思います。

少なくとも簡易トイレは1人当たり7日分は備えておいた方が良いのではないか? あと、非常用の簡易トイレがあればOKという訳ではないです。トイレットペーパーも必要になります。

 

サランラップも必要に感じる

非常時でも1日3回の食事は必要になりますが、水道が止まってしまうと食器を洗うにも苦労する事になります。そのため、お皿にサランラップを被せて食事を盛り付けるといった対策も必要になります。

これならば食器を洗わないで済みますが、サランラップの在庫が無いとこのような事は出来ませんから、ある程度のストックは有った方が良いのではないか?と思います。

非常時3日分の備え!長期5年保存できる野菜ジューズも必要に感じる
皆さん こんにちは! 非常食を備蓄する場合ではどのような基準で選んでいるのでしょうか?というのも、非常食や長期保存食も有りますし、ごはん系やおかず系、スープ系、お菓子系といった感じで種類も豊富です。 完全に個人的な判断で...

スマホの充電も検討事項

日常生活の必需品ともいえるスマホの充電をどのように確保するのか?も要検討事項に含まれると思います。手回し充電できるバッテリーなども必要に感じます。