非常食3日分の備蓄「野菜一日これ一本」長期5年保存の野菜ジュース

非常食
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

防災の非常食を備蓄する場合では、長期保存に対応している食料品を備蓄する場合が多いのではないでしょうか?というのも、賞味期限が2~3年程度だと買い替えるサイクルも早くなってしまうからです。

賞味期限が5~6年であれば、滅多に使う機会がない非常食の買い替えサイクルを伸ばす事ができるので経済的だったりするので維持する場合に助かる反面、賞味期限が長くなると期限管理が大変になってしまうというデメリットもあります。

何せ5年という単位ですから、途中で興味や関心がなくなって放置する事も珍しくないです。その証拠に気が付いた時には既に時遅しといった感じで期限切れになっていた!という展開も実際にあります。

今回の記事は『非常食3日分の備蓄「野菜一日これ一本」長期5年保存の野菜ジュース』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

非常食3日分の備蓄「野菜一日これ一本」

ここでは、非常食3日分として備蓄している5年保存できるカゴメ野菜ジュースの「野菜一日これ一本」についての内容になります。

KAGOME 野菜一日これ一本

商品名称 : 野菜ミックス濃縮ジュース

重量等  : 225g

内容量  : 190g

賞味期限 : 製造日から数えて5年間保存

製造者  : カゴメ㈱那須工場

備考等  : 野菜汁100%、食塩・保存料不不使用

 

栄養成分

エネルギー : 83kcal
たんぱく質 : 1.7g
脂質    : 0g
炭水化物  : 20.0g
糖質    : 17.9g
糖類    : 15.0g
食物繊維  : 0.3 ~ 0.9g
カリウム  : 700mg
ビタミンK : 14μg
リコピン  : 3.5mg
βカロテン  : 6600 ~ 27000μg

 

原材料(30品目の野菜)

にんじん、トマト、ごぼう、ケール、メキャベツ(プチヴェール)、赤ピーマン、ほうれん草、ブロッコリー、あしたば、ピート、チンゲンサイ、小松菜、かぼちゃ、パセリ、クレソン、アスパラガス、セロリ、しょうが、とうもろこし、グリーンピース、紫いも、キャベツ、レタス、たまねぎ、だいこん、紫キャベツ、赤じそ、カリフラワー、なす、はくさい、レモン果汁

 

スポンサーリンク

「野菜一日これ一本」は5年保存の野菜ジュース

ここでは、5年保存できる野菜たっぷり含まれているカゴメ野菜ジュースの「野菜一日これ一本」の特長についての内容になります。

5年保存できる野菜ジュース

通常のタイプでは賞味期限が270日なのですが、長期保存用の「野菜一日これ一本」は製造日から数えて5年間保存できるようになっているのが特長の1つに該当します。

特に、この野菜ジュースは、1缶に野菜1日分350g分をぎゅっと濃縮して使われているため、もしもの災害等の場合でも手軽に野菜を摂取できるアイテムです。

災害時では野菜の入手も難しくなる事が予想できるため、野菜不足も発生するのではないでしょうか?このような場合に重宝するのが「野菜一日これ一本」野菜ジュースになります。

栄養バランスを考慮する事も必要になりますから、手軽に野菜を補給できる長期保存用野菜ジュースの必要性は高いです。

但し、内容量が190gなので通常タイプよりも若干少なくなっています。

 

30品目の野菜を350g分使用

長期保存できる野菜ジュースのKAGOME野菜一日これ一本は、30品目の野菜を350g分使用しています。野菜と言っても色々と種類があるので、どの野菜なのかな?となりますが、これは原材料を見て頂ければ良いです。

野菜は大きく3つの分類(根菜類、葉茎菜類、果菜類)に分かれており、これらの3つの分類からまんべんなく野菜ジュースに含まれている事もあり。野菜のバランスにも配慮されています。

1日の野菜摂取目標量をこれ1本でカバーできるのは素直に便利に感じると同時に重宝します。

 

非常食の「野菜一日これ一本」ジュースのデメリット

ここでは、非常食として備蓄の5年保存できるカゴメ野菜ジュースの「野菜一日これ一本」のデメリットについての内容になります。

デメリットに感じる部分

非常食の用途に活用できる長期保存に対応している「野菜一日これ一本」は一見するとデメリットに感じる部分は無さそうに見えるのですが、あえて言えば内容量になるのかな?と個人的に考えます。

通常タイプと比べると若干ですが内容量が少ないのにも関わらず、スチール缶を採用しているため、1缶あたりに重量は意外と重たいです。1本単位では225gなので、あまり気にならないと思います。

でも、防災の非常食3日分として考慮すると、一人当たり3本は必要になりますから、4人家族の場合では12本は備蓄しておきたいかな?となります。

そうなると、ある程度まとまった単位で買う事になるため、持ち運ぶ場合に重たいのでは?と思うのは気のせいでしょうか?

 

スチール缶(資源ごみ)

この野菜ジューズを収納している缶はアルミ缶ではなく、スチール缶なので、飲み終わってゴミになったら、資源ごみに出してリサイクルしてもらう必要があります。

 

メリット

この野菜ジュースのメリットに感じる部分は、通常タイプでは賞味期限が270日に対して、製造日から数えて5年間保存できる部分が該当します。

長期保存できる非常食の場合では送料も含めると割高感があるため、短サイクルで定期的に備蓄は経済的によくないです。

でも、5年保存できる野菜ジュースであれば買い替えサイクルもカンパンやアルファ米ごはんと同じ期間になるため、買い替える場合でも経済的で申し分ありません。

あと、これ1缶あれば、1日の野菜摂取の目標量をカバーできますから、この観点から考慮した場合でも十分に魅力的に感じます。

 

非常食3日分の備蓄「野菜一日これ一本」レビュー

ここでは、非常食の用途に向いている5年保存のカゴメ野菜ジュースの「野菜一日これ一本」の評価レビューや感想についての内容になります。

野菜一日これ一本の野菜ジュース・飲みレポ

カゴメ野菜一日これ一本の野菜ジュースは何度も飲んでいるのですが、長期保存用の5年保存できるタイプは残念ながら、まだ一度も飲んでないので飲みレポできません。

流石に長期保存の野菜缶ジュースを試飲するのは非常に勿体ないという判断になります。製造日から数えて5年保存できるのであれば、賞味期限が残り6ヶ月を切ってから飲んだ方が得策です。

というのも、価格もそれ相応なので、アルファ米ごはんのように試食はできません。という理由で長期保存用の野菜一日これ一本の野菜ジュースは実際に飲んでいません。

 

評価レビューや感想

野菜一日これ一本の野菜ジュースの評価になりますが、非常食3日分の用途で備蓄する場合では、この野菜ジュースを飲む事で1日分の野菜補給に繋がるという事もあり、1人あたり3日分の数量を備蓄しています。

コンビニで何度も購入して飲んでいる野菜ジュースの長期保存用なので味はそんなに変わらないんじゃないのかな?と考えているため、それなりに備蓄しても大丈夫なのでは?という個人的な判断になります。

因みに、長期保存ではないタイプ(野菜一日これ一本)は飲みやすい事もあり、定期的に飲んでいる野菜ジュースの1つに該当します。

やっぱり備蓄するのであればよく食べている又は飲んでいる物が最適に感じます。

非常食3日分の備蓄!栄養機能食品スーパーバランス(長期6年保存)
皆さん こんにちは! 防災の非常食3日分として長期保存に対応している食料品を備蓄しておいた方が良いと言われていますが、この中には主食などのごはんやカンパンなどが中心になるのでは? 主食だけを揃えていても栄養的にはバランス...
非常食3日分の備蓄!カゴメ野菜たっぷりスープ4種比較レビュー
皆さん こんにちは! もしもの非常食として備蓄する目的で購入したけれども食器不要で食べる事ができない事が判明した常温でも食べれる5年保存の長期保存食があります。 流石にこれはどうなんだろうか?と思ってしまうのですが、ちゃ...