ESR iPad スタイラスペン(iPad対応タッチペン) レビュー

Gadget

 

皆さん こんにちは!

iPad Air 4 を購入する時に、Apple Pencil 2 も同時購入していますが、色々な事情もあり、後から類似品も購入しています。

どうしてApple Pencil 2 があるのに類似品も利用するのかな?と思うかも知れませんが、1本だけの運用では困る展開が訪れたのが直接のキッカケになります。

確かに純正品は流石!と思えるぐらいに素晴らしいのですが、1つだけ問題があります。iPad Air 4 本体とワイヤレス充電なので、バッテリーが切れてしまうと、その時点で手書き入力できないんですよね~

それならばバッテリー切れにならないように注意すれば良いだけなのですが、そう簡単ではないのである。そういう理由もあり、類似品のスタイラスペンである ESR iPad スタイラスペンも後から購入しています。

今回の記事は『Apple Pencil 2 類似品である ESR iPad スタイラスペン(iPad対応タッチペン) レビュー』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

Apple Pencil 2 類似品 ESR iPad スタイラスペン

ここでは、iPad Air 4 で利用できる ESR iPad スタイラスペン(タッチペン)についての内容になります。

ESR iPad 対応スタイラスペン 仕様

サイズ : 154mm × 90mm × 90mm

重量  : 23g

充電方法: USB充電(MicroUSB)、充電端子のキャップなし

カラー : ブラック

使用時間: 最大12時間(5分充電で1時間使用できる)

充電方法: 付属のUSB充電ケーブルで充電

備考等 : ペアリング不要、パームリジェクション機能あり

 

付属品

① 交換用ペン先
ESR iPad タッチペンのペン先が摩耗した場合に交換できる交換用ペン先(消耗品)が1つ付属しています。1つだけなので、心もとないといった感じになります。

 

② MicroUSB充電ケーブル
このタッチペンはUSB充電に対応しているため、スマホのモバイルバッテリーで充電できるのも魅力的になります。但し、付属しているUSBケーブルはMicroUSBになります。

3in1タイプのUSB充電ケーブルを所持している場合では役立つと思います。

 

電源ボタン

電源ボタンの位置が持つ場所の近くにあるため、注意が必要になります。というのも、いつの間にか?電源ボタンを押してしまって電源OFFになっていたりするからです。

因みに電源ボタンを長押しすると電源ONになりブルーのLEDが点灯します。このLEDが消灯しているとOFFの状態になります。

 

ESR iPad スタイラスペン 機能や特徴などの紹介

ここでは、iPad Air 4 使う ESR iPad スタイラスペンの機能や特徴等についての内容になります。

パームリジェクション機能に対応

筆記の際に手の一部がディスプレイに触れてしまうと誤操作する場合がありますが、誤操作を発生しないようにしてくれる便利な機能を搭載しているのが特徴の1つに該当します。

これはパームリジェクションという機能で、ディスプレイに触れても認識しないで、ペン先だけが認識させる機能(手や腕が画面に触れても感知しない機能)となります。

この機能を搭載しているため、Apple Pencil 2 のように利用できるようになります。

 

ペアリング不用で利用できる

ESR iPad スタイラスペンは電源ONするだけで使えるので、ペアリング不用で利用できます。

初期設定が必要な場合では使い始める前にペアリング設定作業などの手間が発生しますが、このような手間を行わずにに利用できるのは便利です。

そのため、Apple pencil 2 ではなく、類似品という選択も十分に検討の余地が残されているのではないか?と個人的に考えます。これならば、純正品を2本持ちしなくても良さそうに感じます。

 

USB充電しながら利用できるメリットあり

ESR iPad スタイラスペンの充電方法はMicroUSBケーブルを接続して充電する事になります。

どのスタイラスペンもUSB充電に対応している場合が多いので、特筆事項でもないのですが、他の類似品では充電しながら手書き入力に対応していない場合が多いのに対して、ESR iPad スタイラスペンはこの機能に対応しているのが特徴の1つに該当します。

これならば、急なバッテリー切れでも、何不自由なくUSB充電ケーブルを充電端子に挿し込んで使えば良いので作業が途中で停止状態になりません。

とはいえ、充電端子はトップ部分にあるため、USBケーブルを挿し込んで充電しながら利用すると上の方が重たくなります。必ずしも最適ではないのである。

 

ESR iPad スタイラスペン レビューや使用感など

ここでは、iPad Air 4 で利用する ESR iPad スタイラスペン レビューについての紹介になります。

ESR iPad スタイラスペン 使い勝手

購入当初は、iPad Air 4 では利用できなかったのですが、いつの間にか?使えるようになっていました。ガラスフィルムを貼付している状態でも普通に使えるので、どうしちゃったんだろうか?といった気分。

ただ単に、本当は利用できたのにも関わらず、見落としていただけなのか?それとも後から対応したのか?は正直のところ分かりませんが、使えてラッキーといった感じです。

しかも、Apple Pencil 2 でスクリーンショットする場合では「左下の角」又は「右下の角」から画面中央に向けてシュッ!と素早く移動すると撮影できるのですが、この機能にも対応しているため、便利に使えます。

それでいてパームリジェクション機能にも対応しているので、正に類似品といったポジションに該当します。

 

充電方法は申し分ない

Apple Pencil 2 を充電する場合ではワイヤレス充電となるため、iPad Air 本体とマグネット吸着にて行なう事になります。この場合では、充電しながら利用できないというデメリットが発生するので不便に感じます。

それに対して、ESR iPad スタイラスペンの場合では、USB充電(MicroUSB)になりますが、その代わりに充電しながら手書き入力を利用できるメリットがあります。

そのため、充電中も作業を止める事なく利用できるため、作業の効率化にも繋がります。

この観点から考慮すると、Apple Pencil 2 と併用して利用するスタイラスペンは、これ1択にしても良いのではないか?というのが個人的な見解になります。

 

イマイチに感じる部分

充電方法は申し分ないのですが、USBがMicroUSBなので、この部分がイマイチに感じます。というのも、AndroidスマートフォンやiPad Air はUSB Type-C なのに、スタイラスペンはMicroUSBだからです。

これでは、MicroUSBとUSB Type-C に対応しているUSBケーブルを利用しないと便利に使えない事を意味しています。

幸いな事に4in1で利用できる旅行用ガジェットの自動巻き取り式USBケーブルを所持しているので、この問題は克服しています。

 

Apple Pencil 2 とESR iPad スタイラスペンの比較

ここでは、iPad Air 4 で利用する Apple Pencil 2 とESR iPad スタイラスペンの使い勝手の比較についての内容になります。

スクリーンショットは大差ない

実際の操作で使って何ら変わらないと感じるのは、スクリーンショットになります。但し、あくまでも画面の左下・右下の角から撮影する方法になります。

仮想ホームボタンのAssistiveTouchを利用してスクリーンショットする場合では、ペン先が細くて小さい部分が災いしてうまく反応しない場合も実際にあるため、こちらの方法で利用する場合は、Apple Pencil 2 の方が便利に感じます。

 

インクを切り替える操作

デジタルノートアプリなどを利用する場合では、インクを切り替える操作も必要になる場合がありますが、この操作に関して言えば、Apple Pencil 2 が圧倒的に良いです。

何せ、平べったい面をダブルタップするだけでインクを切り替えれますから便利です。それに対して、ESR iPad スタイラスペンの場合はそういう機能が搭載されていないので効率的ではないです。

 

充電方法の比較

充電方法はどっち?に軍配が上がるのか?という部分も大いに気になる要素ですが、ワイヤレス充電のApple Pencil 2 と、USB充電しながら利用できるESR iPad スタイラスペンは甲乙つけがたいです。

どちら?も便利に感じますし、同じ土俵での比較ではないので、逆に比較できないです。どちら?を選択しても基本的には問題ないと思います。

 

総合的な比較

Apple Pencil 2 とESR iPad スタイラスペンは、どっちが使い勝手が良いのか?と言うと、個別では一長一短がありますが、総合的に考慮すると、Apple Pencil 2 が流石に純正品というだけあって総合力は高いと感じます。

特にペン先が消耗品なのですが、購入できるようになっているのもポイントが高いと思います。

Apple Pencil 2(iPad アクセサリー)レビュー
皆さん こんにちは! iPad Air 4 を購入する時に同時購入したアクセサリーの中には、Apple Pencil 2 もあります。何に使うのか?という程度で購入したのですが、使ってみると、意外と便利に利用できる事もあり、愛...