10月の台湾旅行は防寒対策も必要!服装や着替え衣服は涼しい日対応

台湾旅行情報

 

皆さん こんにちは!
今回の記事は『10月の台湾旅行は防寒対策も必要!服装や着替え衣服は涼しい日対応』についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

10月に台湾旅行する場合は涼しい日もある

台湾といえば沖縄よりも南に位置するため、10月でも暑いイメージになりますが、夏の終わり頃になると涼しくて寒いと感じる日もあります。そのように感じるのは雨が降っている日が多いです。

 

台湾の10月は涼しくて寒い日もある

台湾の夏は5〜10月ぐらいまでは日差しが強くて暑いシーズンになりますが、地域や天候によっても気温も異なるため、一概には何とも言えません。台湾北部の台北と台湾南部の高雄では気温も違いますし、雨の降り方も異なると思います。

特に強い日差しが出ない雨の日は涼しく感じるため、半袖シャツしか着替え衣服を持って来ていない場合は寒くて何か羽織る物が欲しいと感じます。

そんな状況でも、建物や鉄道バスといった場所では、相変わらず冷房がとても効いているため、余計に寒く感じます。

ただ羽織る物があれば大丈夫という訳ではなく、それなりの寒さ対策も必要になる感じです。

 

秋に台湾旅行する場合は着替え衣服選びが難しい

台湾旅行のベストシーズンはになりますが、秋のシーズンに台湾旅行する場合は服装や着替え衣類の選び方で悩んでしまいます。

というのも基本的に台湾では5〜10月までは日差しも強くて暑い日が多いため、夏の着替え衣服が必要になります。これに加えて秋の涼しさへの対応 及び 帰国後の寒さへの備えになります。

台湾は暑いですけど、帰国後は寒いという場合もあるため、空港から自宅までの寒さ対策も必要になります。

アレコレ衣服を持参すると旅行の荷物は増えてしまって全体荷物の重量も重たくなってしまうのも悩みの1つになる感じです。特にLCCを利用して台湾旅行する場合は尚更です。

 

10月に台湾旅行する場合は防寒対策も必要

基本的に台湾は5〜10月ぐらいまでは日差しも強く暑い日が多いですが、それでも天候等の影響で稀に涼しくて寒い日になってしまう場合もあります。このような場合に夏の着替え衣類しか持参していないと対応することが出来ません。

 

機内防寒だけでの対応は厳しい場合がある

いつも台湾旅行では機内防寒も兼ねてポケッタブル仕様のモンベル・ライトシェルパーカを持参していますが、ごく稀にある涼しくて寒い日に対応できない場合があります。

裏地には簡易なフリース素材になっているため、基本的には十分に対応できるのですが、冷たい風が強い日や冷房がフルに効いている状態といった環境では半袖シャツの上に羽織っても両腕がとても寒く感じます。

このような日の場合は素直に長袖シャツが有った方が良いと思います。半袖シャツの上にポケッタブルパーカーを羽織っても袖口から冷気が入って両腕が寒かったら意味がありません。

 

長袖シャツも1着は持参した方が良い

秋のシーズンに台湾旅行する場合は1着は長袖シャツを持参した方が良いのではないか?と考えます。たいていの場合は旅行中は着る機会に恵まれないと考えますが、それでも帰国時に役立つのであれば十分に検討の余地があります。

旅行に持参しているポケッタブルパーカーを活かせる環境を整えることも必要です。やっぱり旅行では持参している持ち物の総合力で対応することになるため、どの場面でも対応できるようにしたいものです。

 

スポンサーリンク

 

10月の台湾旅行はライトダウンジャケットの持参を

9月末から10月初めに掛けての日程で台湾旅行した場合に、とっても涼しくて寒い台湾を経験したことがあります。10月までは日差しが強くて暑い筈なのに〜ということでこのシーズンを選んだのですが・・・

 

台湾10月旅行で実際に経験した寒い日

日本への帰国のため、10月初旬に台中から桃園空港に移動しました。台中は暑かったので半袖シャツで問題なかったのですが、台湾新幹線の車内では半袖シャツでは涼しいかな?といった感じでした。

桃園駅に到着して桃園空港MRTのホームに移動したところ、半袖シャツではとても耐えられないような涼しさだったのを記憶しています。

機内防寒のモンベル・ライトシェルパーカを持参していたのですが、これを着ても全然寒いといった感じの状態でした。

これだけで済めば良いのですが、何と!桃園空港に到着してベンチに座っている時が耐えられないぐらいの寒さを感じました。

確かにモンベルのライトシェルパーカは簡易なフリース素材の裏地なので温かみはあるのですが、袖口から冷房の冷気が侵入して来るため、半袖シャツ+ライトシェルパーカでは厳しかったです。

空港内に居る台湾人旅行者は皆さん、ポケッタブル仕様のライトダウンジャケットを持参していました。

 

10月はライトダウンジャケットの持参

桃園空港に居た台湾人旅行者は皆さんバッグからポケッタブル仕様のライトダウンジャケットを取り出していたので、この季節に海外旅行する場合は持参するのだろう〜というのを私は学習しました。

たとえ日本を出発時は夏のような暑さの場合でも10月を跨る旅行ではライトダウンジャケットを持参するのが賢明の選択だと感じました。とはいえ、使わない場合も十分に想定できるため、余計な荷物になってしまう場合もあります。

郷に入れば郷に従えという言葉通りだと思います。

 

モンベルの軽量ライトシェルパーカ&ライトシェルパンツのレビュー
皆さん こんにちは! 今回の記事は『モンベルの軽量ライトシェルパーカ及びライトシェルパンツのレビュー』についての内容になります。 参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。 モンベルのライトシェル...
夏の台湾旅行は蒸し暑さ&冷房対策と紫外線UVカットグッズの持参を
皆さん こんにちは! 今回の記事は『夏の台湾旅行では紫外線と暑さ対策が必要!UVカットグッズの持参を』についての内容になります。 参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。 夏のシーズンに台湾旅行...

コメント