旅行に持参のウェストポーチはベルトが簡単に動かないバッグが最適

サブバッグ

 

皆さん こんにちは!

今回の記事は『旅行に持参のウェストポーチはウェストベルトが簡単に動かないバッグが最適』についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

旅行のサブバッグとしてウェストポーチはどう?

旅行のサブバッグというと、ショルダーバッグやサコッシュ、小さめのリュックの場合が多いですが、ウェストポーチを利用している人も居ます。

 

海外旅行ではサブバッグは必需品

海外旅行のメインバッグとして利用するのはスーツケースが多いですが、観光用バッグとして利用する事が出来ないため、観光の用途で利用できるサブバッグも必要になります。

スーツケースの場合では、ショルダーバッグや小さめのリュックをサブバッグに用いる場合が多いです。バッグパックがメインの場合ではショルダーバッグ等を持参する感じになるのではないでしょうか?

それに、サブバッグがあると貴重品管理にも役立ちますし、空港や飛行機の機内でも重宝するので持参した方が良いと考えます。

 

ウェストポーチをサブバックにする場合

飛行機の機内に持ち込む身の回り品のバッグという用途であれば、ウェストポーチは最適だと考えます。

特にそのように感じるのはトイレに行く場合になります。サブバッグをリュックにすると、トイレに行った時に貴重品の盗難に遭ってしまう可能性があるので安心できません。

でもウェストポーチであれば、斜め掛け&お腹掛けにして持ち歩く事が出来るので、機内が揺れてしまった場合でも両手を使う事が出来ます。

とはいえ、この用途以外ではどうなんでしょうか?といった感じになるのも事実です。

 

旅行でウェストポーチを利用する場合に注意したい事

登山や国内旅行であればウェストポーチを旅行のサブバッグに利用しても大丈夫なのですが、海外旅行の場合では不向きといった方が正解になります。でも、そんなのお構い無しに海外旅行でも持参している強者もいるので、一概には何とも言えません。

 

いかにも貴重品が入っている

いかにも貴重品が入っているとアピールしているバッグと言えばウェストポーチになります。登山とかであれば重宝するバッグなのですが、海外旅行には不向きなバッグになります。

このイメージを払拭する事が出来れば良いのですが、一度定着してしまったイメージはそんなに簡単に払拭する事はできないので自己防衛も必要になります。

特に海外旅行でウェストポーチを利用する場合は盗難対策が必須になります。何も対策を施さないで持参するのはリスクを伴いますから、これでもか!と言わんばかりに盗難対策を行った方が良いです。

 

盗難対策は必須

ウェストポーチを旅行に持参する場合に避けて通れないのが盗難対策になります。ただでさえウェストポーチの場合はバックルが最大の弱点になりますから、この最大の弱点をどのように克服するのか?という事も必要になります。

バックルを外されてしまったら、簡単にバッグごと盗られてしまう事になるので、2〜3重の盗難対策は施しておく必要が求められます。

それと、バッグの特性上、もう1つ厄介な問題があります。いかにも貴重品がこのバッグに入っていますよ!とアピールしてしまっているようなバッグになります。

最大の弱点に加えて、自らアピールするバッグなので可能ならば海外旅行に持参するのは避けた方が良いのではないか?と考えます。

とはいえ、飛行機の機内に限っていえば、ウェストポーチがあると便利になるのは確かな事なので一概には何とも言えないといった感じになります。

 

スポンサーリンク

 

ウェストポーチのベルトが動いてしまうのは良くない

旅行のサブバッグにウェストポーチを持参する場合もありますが、旅行に持参する場合ではどのように使っているのでしょうか? 斜め掛け?お腹掛け?の2択になるのでは?と考えます。

 

ベルトが動いてしまうウェストポーチがある

ポケッタブル仕様になるタイプや安価なタイプに多いのですが、ベルトが滑りやすいタイプの場合があります。

ベルトが滑りやすい場合だとバックルで留まっていても簡単にバックル部分が動いてしまう事になるので身体から取り外すとベルトの長さが長くなっている状態になります。

これでは、利用する度に長さ調整を行う事になります。腰掛けやお腹掛けする場合では問題ないかも知れませんが、ボディバッグのように斜め掛けする場合では流石にベルトが頻繁に動いてしまうのは煩わしいです。

可能ならば、そのようなウェストポーチは旅行に持って行きたくありません。

 

ベルトが動くような物は旅行に不向き

ウェストポーチの中にはベルトが簡単に動いてしまうタイプがあります。このような場合だと外す度に長さを調整しないといけないため、煩わしい感じになります。

ただでさえウェストポーチの場合では、いかにも貴重品が入ってしまうよ〜とアピールしているバッグになるので、なるべく目立つような事はしたくありません。

購入する場合は実物を確認してから買うようにしないといけません。確認するといってもファスナーポケットといった部分をチェックしがちになりますが、ウェストポーチの場合ではベルトが命になります。

バッグ本体だけでなくベルトも入念にチェックする事をお勧め致します。

 

ベルトクリップを利用する方法もある

ベルトが滑ってしまうから新しいウェストポーチを購入するというのも馬鹿らしいです。このような場合はベルトクリップを購入して対応する事も出来ます。興味のある方は検討してみては如何でしょうか?

 

ウェストポーチでの悩みは斜め掛け・腰掛け・お腹掛け?どのスタイル
皆さん こんにちは! 今回の記事は『ウェストポーチでの悩みは斜め掛け・腰掛け・お腹掛け?どのスタイルで持ち歩けば良いのだろうか?』についての内容になります。 参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。 ...

コメント