ファスナーポケットがないウェストポーチはバッグインバッグで対応

サブバッグ

 

皆さん こんにちは!

今回の記事は『貴重品収納のファスナーポケットがないウェストポーチは新しい物を購入しないでバッグインバッグで対応』についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

ウェストポーチは日常生活でも旅行でも便利に使える

日常生活や旅行でも便利に活用する事ができるバッグの1つとしてウェストポーチがあります。ちょっと小ぶりの小さめなバッグになりますが、使い勝手は良好なのでどのような場面でも重宝するバッグになります。

 

自由な持ち方が魅力

ウェストポーチの魅力は何と言っても自由な持ち方が出来る事に尽きます。ボディバッグのようにワンショルダースタイルも行えますし、腰掛け、お腹掛けといった事も容易に行えます。

それでいて、どの持ち方でも様になっているので違和感もありません。どのようなスタイルでも十分に満足できるのが魅力的になります。

このような便利に使えるバッグは1つは有った方が良いので、実際に利用している人も多いのではないでしょうか?

 

旅行でも利用できる

ウェストポーチを旅行でも利用する機会がありますが、流石に海外旅行では用途が限られてしまう感じになります。

海外旅行では観光用のサブバッグとしてウェストポーチを利用するのは不向きになるため、ホテルや飛行機の機内といった場所で利用するのが好ましい使い方になるのではないか?と考えます。

何故なら、海外では日本と違って治安状況が悪い場合の方が多いですから、いかにも貴重品が入っていますよ!とアピールしているようなバッグは好ましいとは言えないからです。

 

貴重品収納するのに役立つポケットが少ない

ウェストポーチの場合ではバッグ本体の容量が4L以下の場合が多いため、あまり収納できない小さめなバッグに該当します。

このサイズではペットボトルを収納したら、ミニタオルやスマホしか収納できないといった感じになります。

 

機能的な収納力ではない

ウェストポーチの場合、4L以下という小さめな容量が多いですから収納性は低くなります。それこそ、貴重品やミニタオルといった物ぐらいしか収納できない感じになります。

それ以上の物を収納したい場合では容量が大きいバッグを購入しないといけなくなるため、購入する場合ではどのようなグッズを収納するのか?というのも考慮しないといけません。

ただ旅行等でスマホや貴重品を管理する事が出来れば問題ないといった感じで選んでしまうと他の用途で使う場合や、持ち物が変わった時に対応する事が出来なくなります。

その辺の事も考慮した上で購入するのが賢明です。

 

気の利いたファスナーポケットがない

市販で販売されているウェストポーチを含む色々なバッグは量産品であるため、自分にとって気の利いたポケットを装備していない場合も多いです。このような場合でも運用でカバーできるため、妥協して使う事になります。

仮に自分にとって気の利いたポケットがない場合だったとしても、そのバッグが気に入っていれば対して問題ない場合もあるため、この気の利いたポケットというのはあまり気にしない感じになります。

でも、旅行等に持参する場合ではちょっと話は別になります。旅行では機能的の方が管理を行う上で重要になって来ることもあり、メインルーム内に自宅の鍵などの失くしてはいけない物を収納できるポケットが有った方が良いです。

 

スポンサーリンク

 

貴重品収納のポケットが無い場合の対応

ウェストポーチには自分にとって気の利いたポケットが無い場合もあります。そのようなポケットの代表例としてはファスナーポケットになります。

 

メインルーム内にファスナーポケットが無い場合

ウェストポーチのメインルーム内には貴重品収納に便利なファスナーポケットがない場合もあります。

直接お財布を収納するようになってしまうため、簡単にお財布も取り出しが行える事になります。貴重品を収納するのは不向きなバッグと言った方が正解になるのではないでしょうか?

この場合では自分の求めている要求に対して実現できないという事になるので、新しいバッグを購入したくなってしまいますが、これは時期尚早になります。

というのも、バッグインバッグという方法も有るので、先ずは実際に試して見て判断した方が良いです。買うのは簡単ですが、購入したバッグが必ずしも自分の求める機能を搭載しているとは限りません。

色々と試した上で、自分の要求に近いバッグを購入するのが望ましいです。

 

市販の2〜3段ポーチをバッグインバッグに利用を

市販で販売されている2〜3段になっているファスナーポーチをウェストポーチのバッグインバッグとして装備するのも1つの方法になります。

サイズ的には丁度良い物を選ぶ必要は発生しますが、2〜3段になっているので紙幣と小銭といった感じで小分けできるので十分に貴重品を収納する役割が担えます。

さらにはパスポートや通帳といったサイズの物も容易に収納できるため、旅行の用途だけでなく日常生活でも十分に対応できるようにパワーアップする事が出来ます。

但し、1つ問題があります。バッグインバッグにする場合では本体と接続できるようにしておく必要があります。

キーフック等にカラビナを装着して一体運用できるように工夫も必要になります。

 

旅行に持参のウェストポーチはベルトが簡単に動かないバッグが最適
皆さん こんにちは! 今回の記事は『旅行に持参のウェストポーチはウェストベルトが簡単に動かないバッグが最適』についての内容になります。 参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。 旅行のサブバ...

コメント