飛行機の機内にはショルダーバッグの中にウェストポーチ収納して持込

サブバッグ

 

皆さん こんにちは!

今回の記事は『飛行機の機内には身の回り品バッグとしてショルダーバッグを機内に持ち込む場合がありますが、その時にウェストポーチをバッグインバッグとして収納して持ち込みのが最適』についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

海外旅行ではウェストポーチは不向き

海外旅行でウェストポーチを持参すると、ウェストベルトにあるバックルが外されてしまう可能性が高くなるため、簡単にバッグごと盗難されてしまい易いというデメリットがあります。

実際にはそのような展開に必ずなるという訳ではありませんが、一般的には海外旅行には不向きなバッグと言われています。

 

ウェストポーチは気の利いたバッグ

旅行にウェストポーチを持参したくなってしまう場合もあります。特に腰掛け・お腹掛け・ボディバッグのように前後に斜め掛けといった感じで自由に持ち方を変える事が出来るのが魅力的になります。

流石に4通りに持ち方を変えられるバッグというのは少ないですから、旅行では重宝するバッグの1つになります。

だからと言って、海外旅行に関していえば、一般的に不向きなバッグの1つになっている事もあり、あまり良い選択ではないのかも知れません。

とはいえ、飛行機の機内に持ち込む用途で利用するのであれば最適なバッグに変身します。

 

ウェストポーチの弱点

ウェストポーチの弱点はいくつかあり、その中でも最大の弱点はウェストベルトにあるバックル接続部分になります。

市販で販売されているウェストポーチの場合はロック機能が付いたバックルが採用されていない場合が多いです。

ロック機能が付いているバックルであれば簡単に外されてしまうという展開にはならないので比較的に安全が高まります。

このようなロック機能が付いているバックルを採用しているのはごく一部のメーカーのみなのではないでしょうか?

そのため、海外旅行に持参する場合は、何か別の方法でバックル部分を強化する必要があります。

何も対策を行わないままの状態で海外旅行するのは良くないと思います。

 

旅行に持参のショルダーバッグはポケットが少ない

海外旅行のサブバッグとしてショルダーバッグを持参する場合も多いです。ウェストポーチと異なり、バックル接続になっていないので安全性があります。

 

ショルダーベルトを取り外せるタイプは微妙

旅行に持参するサブバッグとしてサコッシュなどのショルダーベルトを取り外せるタイプのショルダーバッグがあります。

このようなタイプはどうなんでしょうか?と思ってしまいます。確かにサコッシュの場合はポケットも多くて気の利いたバッグの1つになっていますけど、危なくないのでしょうか?

流石にちょっと微妙に感じてしまいます。利便性を考慮すれば最適なのかも知れませんが、海外旅行では利便性も大切ですが防犯&盗難対策も考慮した方が賢明になります。

 

旅行に持参するショルダーバッグ

どのようなショルダーバッグを持参するのか?でも異なりますが、軽量なタイプほど、ファスナーポケットは少なくなります。

メインルーム内にメッシュのファスナーポケットが充実していると助かりますが、残念ながら、このような気の利いた装備は1つになっている場合が多いです。

旅行ではアチコチ動き回るという事もあり、バッグは軽量を求める傾向も高くなりますが、ファスナーポケットは充実させた方が良いと考えます。

 

両方の弱点をメリットに変えるウルトラCな方法

ショルダーバッグとウェストポーチは両方とも旅行に持参するサブバッグとして重宝しますが、それぞれ異なるデメリットがあります。

 

海外旅行では良いとこ採りで対策を

海外旅行に持参するショルダーバッグに気の利いたファスナーポケットがない場合はウェストポーチをバッグインバッグにするのが最適になります。

どのようなウェストポーチだったとしてもファスナーポケットが2つ以上ある場合が多いので気の利いたファスナーポケットの代わりになります。

正に良いとこ採りになる訳なのですが、その反面、ウェストポーチの重さが加わる事になります。

この方法を行う場合は少なくとも両方のバッグが軽量である事が求められます。

 

ウェストポーチは飛行機では必要不可欠な存在

飛行機を利用する場合では、もしもの緊急脱出というのがあります。可能ならばそのような経験はしたくないのですが、こればっかりは仕方ありません。

この場合では基本的に何も持たずに脱出しないといけません。とはいえ、身分証明書であるパスポートがないと自分を証明する手段ありませんから、最低限の貴重品は持ち歩かないといけません。

このような場合では両手がフリーになるウェストポーチをサッとお腹に巻けるような状態にしておく事が求められます。

このような芸当が出来るのは飛行機の機内に持ち込む身の回り品バッグにウェストポーチを選択する 又は ショルダーバッグのバッグインバッグとして持ち込むの2択になります。

 

スポンサーリンク

 

カリマー VT hip bag R をバッグインバッグが最適

筆者の場合はカリマーのVT hip bag R をショルダーバッグのバッグインバッグとして飛行機の機内に持ち込んでいます。ちょっと重たくなりますが、気の利いたファスナーポケットに丁度良いです。

 

気の利いたファスナーポケットに最適

このバッグの場合はファスナーポケットが2つしかないので旅行のサブバッグには、ちょっと心もとないといった感があるのです。

でも、サブバッグの中に収納するバッグインバッグの用途ならば宿泊先のホテルでの食事といった場面でも利用できるの丁度良い感じです。

貴重品を分けて収納できるので筆者にとっては最適といった方が正解になります。

 

カリマー2wayヒップバッグ VT hip bag Rレビュー
皆さん こんにちは! 今回の記事は『カリマーの2wayヒップバッグであるVT hip bag Rのレビュー』についての内容になります。 参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。 カリマー V...

コメント