旅行のサブバッグはショルダーも兼ねる3wayウェストポーチが最適

サブバッグ

 

皆さん こんにちは!
今回の記事は『旅行に持って行くサブバッグはショルダーバッグも兼ねる3wayで使えるウェストポーチが最適』についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

旅行でウェストポーチを持参する場合

旅行に持って行くサブバッグといえば、ショルダーバッグや小さめのリュック 又は 旅行先で買うお土産を収納するポケッタブルバッグなどが多いと思います。全体的には少ないですが、便利なウェストポーチを好んで持って行っている人も居ます。

 

海外旅行ではウェストポーチは不向き

3wayで利用することが出来るウェストポーチの場合はショルダーベルトを装着することが出来るようになっているため、2重の対策を施すことが可能になります。

ウェストポーチの特徴であるウェストベルトのバックルは最大の弱点でもあるため、海外旅行に持参するには不向きであるとされています。

このウェストベルトのバックルが狙われやすいのが理由になります。身体の前側に斜め掛けやお腹掛けすると背中や腰にバックルが来るため、後ろから簡単に取り外して盗られてしまう可能性があります。

また、リュックのように背中に斜め掛けしている場合は後ろからバッグの中身を開けられて盗られてしまうというリスクもあります。

前側に掛けても背中側に掛けても盗難のリスクが高くなってしまうバッグになります。

 

飛行機の機内ではウェストポーチは便利

海外旅行ではウェストポーチは不向きなバッグになりますが、飛行機の機内空港といった限られた場所ではとても便利に使えるバッグでもあります。

空港ではパスポートなどの貴重品を使う機会が多いため、直ぐに取り出せる位置にバッグが有ると便利です。その点、ウェストポーチならば前掛け、背中掛け、お腹掛けといった感じでボディバッグのように使うことも出来るので特定の限られた場所においては便利です。

また、飛行機の機内ではウェストポーチを巻いていればトイレに行く時に便利です。腰に巻いていれば貴重品も一緒に持ち歩くことが出来るため、トイレに行っている間にバッグの中から貴重品が盗られてしまうリスクを避けることが出来ます。

 

貴重品収納に特化したセキュリティポーチ

飛行機の機内に限らず貴重品の収納に特化したセキュリティポーチ(ウェストポーチタイプ)もあります。このバッグは薄マチであるため、下着と衣服の中間に巻いておくことも可能になっているため、旅行中の貴重品収納には最適とされています。

 

旅行のサブバッグは3wayで使えるウェストポーチを

海外旅行に持って行くサブバッグとしてウェストポーチは不向きなバッグになりますが、飛行機の機内や空港では便利に使うことが出来るため、海外旅行でも持って行きたくなってしまうバッグの1つでもあります。

 

海外旅行にウェストポーチを持参なら3wayで使える物を

ウェストポーチの特性上、ウェストベルトのバックルで留めることになるため、どうしてもこの部分が最大の弱点になってしまいます。

これを補うには予備の支えが必要になります。ウェストベルトのバックルが外されてしまっても、もう1つの支えがあれば2重の支えになるため、安全性が向上します。

これを可能にするにはショルダーベルトを取り付けてショルダーバッグにもなる3wayタイプのウェストポーチが必要になります。このタイプであれば、バックルが外されてしまった場合でもショルダーバッグとして機能しているため、バッグの落下を防ぐことが出来ます。

別に3wayタイプでなくても、ウェストベルトのバックルが外されてしまった場合でも予備の備えが用意されている場合ならば大丈夫だと思います。既製品では自分のイメージ通りのバッグは非常に少ないため、必要に応じて工夫することも行った方が良いかも知れません。

 

海外旅行での3wayウェストポーチの注意事項

海外旅行ではウェストベルトの他にショルダーベルトを取り付けして2重の防犯対策を施す必要があります。ショルダーベルトまでしなくても問題ないとか考えていると、バックルを外されてしまった場合の予備の支えが無くなってしまいます。

ハッキリ言って、ウェストベルトに加えてショルダーベルトをすると面倒に感じることも多いですから、あまり現実的ではないと思います。

でも、そこは海外旅行に不向きなバッグを持参という選択をしたのですから、盗難の被害に遭ってからでは遅いため、防犯対策を優先した方が賢明です。

 

バックルを隠せるタイプのウェストポーチ

ウェストポーチの最大の弱点であるバックル部分を隠せるタイプのウェストポーチがあります。このようなタイプであればバックル部分が表面的に見えなくなるため、パッと見で盗難の被害を防ぐ効果が期待できます。

やっぱり、パッと見た時に狙えると感じさせない対策というのも重要です。盗難は一瞬の出来事になるため、隙を作らない 又は 隙を与えないということが求められます。

ウェストベルトのバックルを隠すことが出来るタイプのウェストポーチであれば海外旅行に持参しても大丈夫なのでは?と考えます。

 

3wayのウェストポーチはショルダーバッグになる

旅行ではショルダーバッグをサブバッグにする人も多いです。ショルダーバッグであれば混雑じている場所や店内スペースが狭い場所でも臨機応変に対応することができます。

その点、3wayのウェストポーチはショルダーバッグにもなるため、便利に使えると思います。

 

3wayウェストポーチは旅行に最適

ショルダーベルトを装着することが出来る3wayウェストポーチの場合は、ウェストベルトを収納することが出来るタイプもあります。

このようなタイプのバッグであれば用途に応じてショルダーバッグとウェストポーチを使い分けすることが出来るため、旅行のサブバッグとして持って行くと重宝します。

但し、このようなウェストベルトを収納できるタイプの場合はバッグの重量が重たくなってしまう場合が多いです。旅行に持参するのであれば、なるべく軽量な物を持って行くことをお勧め致します。

 

スポンサーリンク

 

3wayウェストポーチのデメリット

重量以外にもデメリットがあります。ショルダーバッグに比べると小ぶりなサイズになってしまう場合があるため、あまり物を収納することが出来ない感じになります。

貴重品やスマートフォンといったガジェットを収納するだけならば便利に使えるバッグだと思います。アレコレ収納するには不向きなバッグになるため、収納する物は選んだ方が良いです。

 

旅行ではリュックにもなるウェストポーチが魅力的

旅行のサブバッグとしてウェストポーチを持参するのであれば、ショルダーバッグではなくリュックになるタイプのバッグが重宝するのでは?と考えます。

小さめのリュックはスーツケースで旅行する場合のサブバッグとして便利ですし、両手がフリーになって安心のため、旅行のサブバッグとしては申し分ありません。

このタイプであれば、ウェストポーチ&リュック&ボディバッグという3通りの使い方ができるため、旅行では万能に近いと考えます。

但し、魅力的なバッグだったとしても本体重量は軽量な物が良いと思います。というのも、頑丈な作りになっている場合が多いため、その分、バッグ自体の重量も重たくなってしまっている場合が多いです。旅行で魅力的なバッグには違いないのですが、やっぱりバッグ自体の重量も気になります。

 

飛行機の機内に持ち込む身の回り品のバッグはウェストポーチが便利
皆さん こんにちは! 今回の記事は『海外旅行等で飛行機の機内に身の回り品を持ち込む場合のバッグはウェストポーチも便利』についての内容になります。 参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。 飛...

コメント