旅行のサブバッグがウェストポーチならバッグパックとの併用が最適

サブバッグ

 

皆さん こんにちは!
今回の記事は『旅行でウェストポーチをサブバッグにする場合はバッグパックとの併用で使うのが最適』についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

旅行のサブバッグがウェストポーチの場合

旅行のサブバッグというと、ショルダーバッグや小さめのリュックの場合が多いと思いますが、ウェストポーチも便利に使うことが出来ます。

でも、ウェストポーチを旅行に持って行くのであれば国内旅行に限定されてしまうのでは?と考えます。

 

ホテルのレストランでも便利

ホテルのバイキング形式のレストランではショルダーバッグを携えてお皿をチョイスするのは宜しくありません。ショルダーバッグの場合はブラブラしてしまうため、身体にぴったり固定できるウェストポーチやボディバッグがあると助かります。

 

ウェストポーチは貴重品の収納に最適

貴重品やスマートフォンの収納といった用途に限って言えば、ウェストポーチはとても便利なバッグだと考えます。

お腹掛けや腰掛けだけでなくボディバッグのように斜め掛けできるため、貴重品やスマートフォンの取り出しがとてもスムーズになります。

旅行では頻繁に使う物を便利に取り出せるバッグがあると重宝します。

 

ウェストポーチを海外で使う場合

日本国内では比較的に治安状況が良いのでウェストポーチを単独で使っても問題ありませんが、海外旅行で現地の観光や街歩きといった場合に使うのは不向きなのでは?と考えます。

というのも、お腹掛けや身体の前側に斜め掛けすると背中にウェストベルトのバックルが来てしまうため、後ろ側から外されてしまう可能性があります。

特に市場などの混雑している場所では身体の前側に斜め掛けするスタイルに変わるため、常にドチラかの手でポーチを抑えておく必要があります。

いつも手で抑えておくことが出来るとも限らないため、そのような場合に限って狙われてしまいます。

 

ウェストポーチはバッグパックと併用が最適

ウェストポーチを単独で海外旅行で使う場合はデメリットしかないといった感じになってしまいますが、単独ではなくバッグパックとの併用スタイルでの使い方の場合であれば海外旅行でも十分に活躍することが出来ます。

 

ウェストポーチの弱点

ウェストポーチの最大の弱点はウェストベルトのバックル部分です。このバックル部分を背中に向けてしまうと後ろからバックルを外されてしまい結果としてバッグが落下して盗難の被害に遭ってしまうリスクが高くなります。

また、リュックのように斜め掛けで背中に掛けている場合では、後ろからポーチを開けられてしまうという展開になってしまう場合もあります。

身体の前側に掛けても背中に掛けてもドチラのパターンでも盗難のリスクが高まってしまうため、海外旅行では不向きなバッグでもあります。

 

ウェストポーチの弱点を克服する方法

海外旅行では不向きなウェストポーチですがバッグパックとの併用では弱点を克服することが出来るため、バッグパックの良き相棒に変身します。

どういうことか?というと、ウェストポーチをお腹掛け 又は 身体の前側に掛けて、バッグパックを背中に背負うスタイルの場合に限り、弱点であるウェストベルトのバックルがリュックで隠れることになるため、後ろからバックルを外されてしまうというリスクが無くなります。

また、お腹 又は 前側に掛けるため、貴重品やスマートフォンといった頻繁に使う機会の多い物の取り出しや収納に最適です。

 

バッグパックとの併用のデメリット

バッグパックとの併用でのデメリットは、ウェストベルトのバックル部分がリュックと背中でサンドイッチになってしまうため、バックルが背中に当たって痛くなってしまうことです。

短時間であれば、そんなに痛くなるといった感じにはなりませんが、長い時間ずっとバッグパックとの併用を行なっていると、流石に背中が痛くなってしまいます。

この併用スタイルで旅行する場合はウェストポーチを選ぶ必要があるのでは?と考えます。バックル部分が身体と接触しない位置になるようなウェストポーチやボディバッグであれば、バッグパックとの併用は十分に効果が期待できます。

 

ウェストベルトのバックル

ボディバッグや一部のウェストポーチにはウェストベルトのバックル部分がバッグ本体の付け根付近に装着されているタイプもあります。このようなバッグであればバックル部分が背中とバッグパックでサンドイッチになる心配がないため、併用が最適になります。

但し、このようなタイプのウェストポーチだったとしても念のために予備でバッグを支えることが出来るような対策も有った方が賢明です。

 

バッグパックのバッグインバッグという選択もあり

ウェストポーチの利用方法として最適なのがバッグパックとの併用になりますが、それ以外でもバッグインバッグとして活用する方法もあります。

この場合であれば、必要に応じてサブバッグとして使うことも可能になるため、旅行に限らず日常生活でも便利に活用できるのでは?と考えます。

 

ウェストポーチは比較的に小さい

ウェストポーチは旅行に持って行くショルダーバッグと比べると比較的に小さい場合が多いです。このサイズを活用してバッグパックのバッグインバッグとして活用する方法もあります。

大きなサイズのショルダーバッグに収納して、貴重品収納のファスナーポケットの代用で使っても良いですが、ショルダーバッグが重たくなってしまうので、その分、肩への負担も大きくなってしまいます。これでは観光や街歩きといった場面では逆効果になってしまいます。

そういった事を考慮すると、バッグパックのバッグインバッグとして活用した方が賢明だと考えます。但し、バッグインバッグとして活用する場合は、ウェストベルトが収納できるタイプが良いと思います。

 

スポンサーリンク

 

バッグインバッグなら3wayタイプが最適

3wayで使うことが出来るウェストポーチであればバッグインバッグとして最適なバッグになります。どうしてもウェストベルトが邪魔になってしまうため、ウェストベルトを収納することが出来る3wayタイプが賢明です。

3wayタイプでも必ずウェストベルトを収納することが出来るとは限らないため、注意が必要です。ウェストベルトを収納できない場合だと、無駄な隙間が生じてしまうため、内部を有効活用するのが難しくなってしまいます。

ここでの注意事項は、ただバッグパックに収納するのでは何の意味もないので、何かでウェストポーチとバッグパックを接続できるようにすることです。カラビナやショルダーベルトを利用するのが良いのでは?

 

バッグインバッグは接続を

バッグパックの中にウェストポーチを収納すれば確かにバッグインバッグになりますが、これでは用途的に何の意味もない使い方になってしまいます。バッグパックの中に収納しただけという使い方になってしまいます。

バッグパックとウェストポーチをカラビナ別の方法等で接続して固定するといったことも必要になるのでは?と考えます。

では、どこに接続するのか?という話になってしまいますが、場合によってはバッグパックの内部を一部改良するなどの対策も必要になります。一番良いのはバッグパックの内部にループ等が始めから装着されているのタイプが良いと思います。

 

旅行のサブバッグはショルダーも兼ねる3wayウェストポーチが最適
皆さん こんにちは! 今回の記事は『旅行に持って行くサブバッグはショルダーバッグも兼ねる3wayで使えるウェストポーチが最適』についての内容になります。 参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。 ...

コメント