旅行に持参すると便利な貴重品セキュリティポーチは無くても問題ない

ポーチ等

 

皆さん こんにちは!
今回の記事は『旅行に持って行くと便利なグッズのセキュリティポーチは別に持って行かなくても問題ない』についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

海外旅行に持って行くと便利なセキュリティポーチ

セキュリティポーチと言っても色々な種類やタイプがありますし、名称はセキュリティポーチでも実際には普通の貴重品ポーチなのでは?と思ってしまうような商品も多いです。

そのような商品群の中から本当に旅行で活躍するセキュリティポーチを見つけるのは難しいと思います。

 

セキュリティポーチには複数のタイプがある

① ネックポーチ型
首下げタイプのセキュリティポーチになります。このタイプは肝心要の部分である首から下げる紐の部分が普通にハサミで切ることが出来てしまう素材になっている場合が多いです。

このような素材のセキュリティポーチを海外旅行に持参して果たして本当にセキュリティ性能が高まって安心なのか?という部分に疑問を感じます。

 

② ウェストポーチ型
ウェストポーチを薄マチにしてスキミング対策を施した貴重品特化型バージョンなのかな?というような感じのセキュリティポーチです。

薄マチなので下着の上から装着することも出来るのが良い部分でもありますが、食事中には使うことが難しいのでは?と感じてしまう貴重品ポーチです。

何か食べればお腹も膨らむため、下着の上からウェストポーチ型のセキュリティポーチを装着しているとお腹周りが苦しくなってしまうのでは?という不安です。

この不安を取り除くことが出来れば旅行では重宝する貴重品ポーチだと思います。

 

③ ズボンの内側に隠すタイプ
履いているズボンの内側にぶら下げて隠すタイプのセキュリティポーチもあります。画期的なアイデアで良さそうな感じですが、移動中や歩いている場合は素晴らしいと思います。

しかし、ずっと立っているということは先ず少ないため、何処かで食事をしたり休憩等で席に座るといったことも有ると思います。

座った時にズボンの内側にぶら下げてあるセキュリティポーチはどのようになるのか?という不安も残ります。少なくとも出っ張りが出来ると思います。

ジャケットなどの衣類を羽織っていれば問題ないですけど、夏場といった薄着になる旅行ではどうなのだろうか?という感じになります。

 

セキュリティポーチは一長一短がある

色々なタイプのセキュリティポーチがありますが、どのタイプもメリットもあればデメリットがあります。どれも完璧ではないということになります。

このような一長一短のあるセキュリティポーチの中からどのタイプをチョイスすれば良いのか?という判断は難しいです。

購入したは良いけど実際に使ってみたら利便性が悪くて使い物にならない!といった商品もあるため、わざわざ購入してまで旅行に持って行かなくても問題ないグッズだと思います。

 

セキュリティポーチは持って行かなくても問題ないグッズ

旅行に持って行く貴重品の収納や管理に便利なグッズであるセキュリティポーチを購入して海外旅行に持参している人も居ると思います。

セキュリティポーチという名称なので、これが有ると旅行中の防犯対策にもなると思ってしまうグッズですが、本当に旅行で必要なのでしょうか?

 

セキュリテイポーチは旅行便利グッズ

旅行便利グッズとは旅行に持って行くと便利なグッズのことを指します。これが無いと旅行で困るというグッズでは無いため、旅行に持って行かなくても困らないグッズでもあります。

つまり、必需品ではないグッズということになります。セキュリティポーチも旅行便利グッズの1つであるため、旅行の必需品ではありません。

あくまでも安全性を高めた貴重品収納や管理に特化した小さなバッグ(ポーチ)になります。名称がセキュリティポーチになっているため、旅行の貴重品管理にはコレがないとダメなのでは?と勘違いしてしまう場合もありますが、そうではありません。

 

セキュリティポーチは旅行の必需品ではない

旅行に持って行くとパスポートの携帯や貴重品管理に便利なセキュリティポーチですが、旅行の必需品ではありません。旅行にセキュリティポーチを持参しなくても貴重品管理は行えます。

また、セキュリティポーチという名称でもピンからキリまで種類があるため、お世辞にも安全性が高いとは言えないただの利便性が良い貴重品管理ポーチといった物も多いです。

どのような基準で安全性を高めてあるのか?というのが分かりにくいのも確かなことです。何よりも、このようなセキュリティポーチはネット通販等で販売されている場合が多いため、実際に実物を見たり触ったりすることが出来ません。

購入したは良いけど、実際に使って見たら全く使い物にならなかったといった商品も有ると思います。

 

旅行にセキュリティポーチは持参しなくても問題ない

セキュリティポーチを以前購入して既に持っている場合を除いて、わざわざ新しく購入して旅行に持って行く必要はないと思います。

これが無いと困ると感じるのであれば、持って行くべきグッズになりますが、たいていの場合は別に持って行ったからと行って便利に使えるとは限らないのが実情です。

確かに旅行では安全性を優先する必要がありますが、安全性を優先すると利便性が損なわれます。このような安全性が高められているセキュリティポーチを旅行に持参したからといって、盗難の被害に遭う可能性が少なくなるのか?というとそうでもありません。

旅行では一瞬の気の緩みによって自分自身でを作ってしまう場合が多いです。このような気の緩みから生じる隙を可能な限り少なくすることで防犯を高めることが出来ます。

特にセキュリティポーチの場合は持っているだけで過信に繋がるので注意が必要です。

 

旅行に最適なウェストポーチタイプも必需品ではない

海外旅行に持って行くのであればウェストポーチ型のセキュリティポーチが有ると旅行中の貴重品管理に重宝しますが、このタイプであったとしても海外旅行の必需品ではありません。

 

ウェストポーチでも問題ない

腰・腹巻タイプのセキュリティポーチは、ウェストポーチがそのまま薄マチになってセキュリティ性を高めたバージョンのため、これを買わなくてもウェストポーチでも問題ないと思います。

確かに、ウェストポーチはスキミングに対応していませんし、ウェストベルトのバックル部分が剥き出しになっているため、海外旅行の貴重品管理に不向きですが、ウェストポーチといっても色々な種類やサイズがあるため、一概には何とも言えません。

そのため、わざわざウェストポーチ型のセキュリティポーチを購入してまで海外旅行に持って行かなくても問題ないのでは?と考えます。

 

スポンサーリンク

 

ウェストポーチは色々な使い方がある

海外旅行に不向きなウェストポーチですが、それはウェストベルトのバックル部分が狙われやすいという弱点があるからです。

逆にこの弱点であるバックル部分を何とか克服することが出来れば、海外旅行でもウェストポーチを利用しても問題ないということになります。実際には何か防犯対策を施してまで旅行に持って行く人は少ないと思います。

また、ウェストポーチはボディバッグのように前後に斜め掛けできるのは勿論のこと、腰・腹に巻いて使うことも出来るため、利用方法はお好みのスタイルによって多種多様です。

それに引き換え、ウェストポーチ型のセキュリティポーチの場合は腰や腹巻に限定した使い方になってしまいます。しかもサイズも小さく薄マチです。

旅行では限定的な用途でしか使うことが出来ないグッズよりも2〜3通りで使うことが出来るグッズが有った方が重宝します。

 

旅行では限定的な用途で使う物は重要ではない

旅行に持って行った持ち物や知識の総合力で旅行期間を過ごすことになります。総合力が勝敗を分けることに繋がるため、そこで1つの用途だったり、限定的な用途でしか使えないグッズを持って行くのはどうなのでしょうか?

通常ならば、これでも何も問題ありませんが、旅行ではイレギュラーな事も発生します。想定外のことが発生する場合もあるのです。

全て想定内で旅行を終えることが出来ればパーフェクトなのですが、時と場合によっては想定外な事も発生します。そういった想定外が発生した時に2〜3通りで使うことが出来るグッズは重宝します。

 

セキュリティポーチは腰・腹巻のウェストポーチが旅行やホテルで重宝
皆さん こんにちは! 今回の記事は『旅行に持って行くセキュリティポーチは腰や腹巻型のウェストポーチタイプが重宝する』についての内容になります。 参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。 旅行にセ...

コメント