食レポ台湾!無加糖高纖豆漿は旅行の便秘対策に丁度良い豆乳ドリンク

旅レポ台湾

 

皆さん こんにちは!

今回の記事は『台湾旅行中の便秘対策に丁度良い豆乳ドリンクである無加糖高纖豆漿の食レポ』についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

無加糖高纖豆漿は旅行中の便秘対策に丁度良い

台湾旅行にはLCCを利用して出かける場合も多いですが、LCCの場合では深夜・早朝といった時間帯に搭乗手続を行う関係で便秘になりやすいです。楽しい海外旅行だったとしても便秘への対策も必要になります。

 

台湾旅行では便秘になる場合がある

楽しい台湾旅行だったとしても便秘になってしまう場合があります。どうしてか?というと、時差の影響も少なからず関係して来ます。

台湾と日本とでは時差が1時間あるので、いつものタイミングでトイレに行く事が出来ないという事情が絡んで来ます。

その結果、トイレのタイミングが狂ってしまい、便秘に繋がってしまう場合があるのです。

便秘薬を持参すれば良いかも知れませんが、便秘薬の場合は1つ困った事が発生します。服用するタイミングが悪いと、翌日はトイレが大変になってしまいます。

また、それだけで済めば良いのですが、締まりがない状態になってしまう事もあり、急にトイレに行きたくなってしまう展開になりやすいです。

これだと観光どころではないため、可能ならば旅行中に服用したくありません。

 

無加糖高纖豆漿を便秘対策に活用

台湾のコンビニやスーパーで購入せきる無加糖高纖豆漿は旅行中の便秘対策に丁度良い飲み物になります。繊維飲料でもあるので便秘対策としても期待する事が出来ます。

別に低糖高纖豆漿や陽光黃金豆豆漿でも良いのですが、この2つの商品の場合はお砂糖が含まれているので甘くて美味しいです。

糖分を余計に摂取してしまう可能性が高くなるので、500ml という単位でゴクゴク飲んでしまうと1日の摂取カロリーが多くなってしまうのでは?という不安が付きまといます。

カロリーの事をを考慮すると、必然的に無加糖高纖豆漿が選択肢の1つに上がってきます。

 

無加糖高纖豆漿について

無加糖高纖豆漿は台湾のコンビニやスーパーマーケットで購入できる無糖の豆乳ドリンクになります。無糖なので美味しくないと感じる事ができる飲み物になります。

 

コンビニで買える魅力

豆漿の場合は主に朝食店で注文する飲み物になりますが、朝食店は午後になると営業終了になってしまうので注文する事が出来ません。

でも、アチコチにあるコンビニでも販売しているので、いつでも購入できて助かります。

 

内容量は450ml

内容量が450mlの紙パック飲料になります。コンビニでは3種類の豆漿を購入する事が出来ますが、いつも確実に余っている感じがする豆漿になります。

皆さん、甘くて美味しいと感じる豆漿の方を購入する人は多いといった感じになるため、どうしても余ってしまうのでしょう! 無糖なので仕方ないのかも知れません。

 

 

紙パックの開口部は弱い

無加糖高纖豆漿はどのように飲むのか?というと、基本的にはストローを挿して、ストローで飲む仕様になっています。

ストローで飲む事に慣れていない人にとっては、そのままゴクゴク飲みたいものです。でも、紙パックの開口部分は非常に弱々しい感じがするので、気を付けないと上手く開ける事ができないといった感じになります。

このような状態で開口してしまうと、飲んでいと、途中でふやけてしまって漏れ出してしまう場合もあります。

やっぱり、ゴクゴク飲む場合は時間を掛けて飲むのではなく、短時間で飲み干すといった感じにしないとダメかも知れません。

 

スポンサーリンク

 

無加糖高纖豆漿の食レポ

台湾のコンビニで買う無加糖高纖豆漿の食レポ(飲みレポ)になります。あくまでも筆者が飲んで感じた事や気になった事などの感想になるため、参考になるのか?分かりません。

 

はっきり言って美味しくない飲み物

商品名を見れば一目瞭然なのですが、この無加糖高纖豆漿は無糖なので、とても美味しくない飲み物になります。

でも、台湾旅行中は毎日の日課として必ず無加糖高纖豆漿を1個だけ購入して飲んでいます。
とても美味しくないのに日課のように飲み続ける必要はないのでは?と思ってしまいますが、筆者の場合は別の目的で愛飲しています。

 

旅行中の便秘対策として愛飲

美味しくないのにどうして好んで飲んでいるのか?というと、筆者の場合は旅行中の便秘対策として必須だからです。

時差は、たったの1時間ですがトイレのタイミングが狂ってしまうと便秘になりやすいのです。だからと言って便秘薬を飲んでしまうと、翌日が観光どころではなく、トイレを気にしないといけなくなるので、繊維飲料や野菜ジュース等で整腸対策を行なっています。

楽しい台湾旅行だったとしても健康にも気を付けた方が良いので、健康維持も疎かにしてはいけないと思います。

 

飲みやすさは豆乳よりも良い感じ

無加糖高纖豆漿の場合は美味しくないという第一印象もありまして、決して飲みやすいといった類の飲み物ではありません。

飲みやすさを重視するのであれば、お砂糖が含まれている低糖高纖豆漿陽光黃金豆豆漿を購入した方が良いです。

日本で販売されている豆乳と比較すると、水分が多く含まれている豆漿の方が飲みやすいです。

 

台湾コンビニで買う紙パックの無加糖高纖豆漿は無糖の豆乳ドリンク
皆さん こんにちは! 今回の記事は『台湾コンビニで買う紙パックの無加糖高纖豆漿は飲み慣れれば美味しい豆乳ドリンク』についての内容になります。 参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。 台湾のコン...

コメント