食レポ台湾!低糖高纖豆漿は少し甘さ控えめの美味しい豆乳ドリンク

旅レポ台湾

 

皆さん こんにちは!

今回の記事は『台湾のコンビニで買う少し甘い感じの美味しい豆乳ドリンク低糖高纖豆漿の食レポになります。』についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

台湾のコンビニやスーパーで買える豆漿

豆漿というと、早餐店(朝食屋)で飲む飲み物といった感じになりますが、コンビニやスーパーでも紙パックの豆漿を購入する事が出来ます。

 

コンビニやスーパーでも豆漿が買える

台湾のコンビニでは3種類の豆漿を購入する事ができます。3種類の味付が用意されているので、自分の好みによって選ぶ事が出来るので便利だと思います。

朝食店を利用しない場合でもコンビニで買う事が出来ますから、一度飲んでみては如何でしょうか?

但し、お砂糖が含まれている場合もあるので、糖分の摂り過ぎには十分に注意した方が良いです。

 

飲みやすいのは2種類

台湾のコンビニで購入できる内容量が500mlの紙パック豆漿は3種類ありますが、美味しく飲めるのは2種類になります。

低糖高纖豆漿陽光黃金豆豆漿には砂糖が含まれている事もあり、美味しく飲む事ができるのですが、無加糖高纖豆漿の場合は無糖なので不味くはないのですが、好んで飲みたいとは思わない飲み物になります。

味的には日本の豆乳と同じような感覚なのですが、飲みやすさといった観点から考えると豆乳と豆漿は無糖だったとしても別物になります。

 

低糖高纖豆漿について

コンビニやスーパーで買う事が出来る甘さ控えめな低糖高纖豆漿は、お砂糖が含まれていることもあり、無加糖高纖豆漿よりも飲みやすい豆漿になります。

 

低糖高纖豆漿は豆乳ドリンク

朝食店で注文すると出て来る豆漿と比べると、ちょっと甘さ控えめな感じで飲む事ができるのが特徴になります。

でも、朝食店の場合はお店によっても味付がマチマチなので一概には何とも言えないのですが、そんな感じになります。

この豆漿のパッケージはピンク色なのでパッと見で他の豆漿と区別する事が出来ます。コンビニの陳列棚では比較的に少なくなっている感じです。

購入されている方も多い感じです。

 

紙パックの飲み物

無加糖高纖豆漿と同様に紙パックの豆乳ドリンクになります。内容量は500mlなので、飲みごたえがあります。

基本的には開口部が弱い感じなので、開口部を開けてゴクゴク飲む場合は、あまり時間を掛けて飲まないようにした方が良いです。

糊付けが甘いという感じではなく、逆に強くて開けづらいといった方が良いのかも知れません。

 

3種類の豆漿を飲んでみるのが良い

全く美味しくない無加糖高纖豆漿も含めて3つの豆漿を飲み比べてみると、それぞれの味の違いがよく分かります。

可能ならば飲み比べてみたいですが、500ml × 3つになるので、現実的には飲み比べが出来ないのが残念です。

 

スポンサーリンク

 

低糖高纖豆漿の食レポ

台湾のコンビニで買う低糖高纖豆漿の食レポ(飲みレポ)になります。あくまでも筆者が気になった事や感じた事などの感想になるため、参考になるのか?分かりません。

 

ほんのり甘みを感じる美味しさ

低糖高纖豆漿には無加糖高纖豆漿と異なり、お砂糖が含まれているので美味しく飲む事が出来ます。

とっても美味しい!と感じる甘さではないため、甘過ぎず飲みやすいといった感じの味付になっているといった方が正解かも知れません。

流石にゴクゴクといった感じには飲めないのですが、それでも、ほんのり甘みが効いていて飲みやすいです。

やっぱり砂糖が入っていると、ワンランク上の美味しさが加味されるんだと思います。

 

無加糖高纖豆漿との違い

無加糖高纖豆漿にお砂糖が含まれている感じではないのが特徴になります。基本的には美味しさを加味してあるだけなのではないか?と考えてしまいますが、飲み比べてみると、それだけではない感じになります。

どちらか?というと、無加糖高纖豆漿の方が濃厚な味わいのする豆漿になるので、もしかすると低糖高纖豆漿の方が水分を多めになっているのではないか?と感じられます。

 

美味しさは陽光黃金豆豆漿に負ける

低糖高纖豆漿は確かに、ほんのり甘みが効いていて美味しく飲みやすい豆漿なのですが、とっても美味しいと感じる飲み物ではありません。

甘さ控えめに調整された豆漿なので少し物足りなさを感じる場合もあります。そのように感じた場合では、とっても美味しい豆漿が飲みたいという気分になるため、陽光黃金豆豆漿を購入した方が良いです。

でも、この豆漿は文句の付けようともない絶品といった感じの味わいなのですが、その反面とっても美味しくなっているので、そう相応のお砂糖もバッチリ含まれている事になります。

ただでさえ、台湾の飲み物は糖分が含まれていて美味しくなっている場合が多いので豆漿で糖分を摂取してしまうと、1日の消費カロリーよりも摂取カロリーの方が多くなってしまうかも知れません。

旅行でも必要以上に糖分を摂取ないように気を付ける事も必要だと思います。

 

食レポ台湾!無加糖高纖豆漿は旅行の便秘対策に丁度良い豆乳ドリンク
皆さん こんにちは! 今回の記事は『台湾旅行中の便秘対策に丁度良い豆乳ドリンクである無加糖高纖豆漿の食レポ』についての内容になります。 参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。 無加糖高纖豆...

コメント