HIP MONKEY 2 ヒップモンキーの通勤時の使用レビュー

レビュー

 

皆さん こんにちは!

今回の記事は『ミステリーランチのウェストバッグであるHIP MONKEY(ヒップモンキー2)の通勤時での使用レビュー』についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

HIP MONKEY ヒップモンキー2を通勤で使用

ミステリーランチのヒップモンキー2を通勤用のサブバッグとして使っていますが、これを旅行で使った事がありません。一度ぐらいは使ってみ良いと思いますが、基本的には通勤の方が便利な感じです。

 

旅行のサブバッグには使わない

旅行用のウェストポーチはカリマーの VT hip bag R を好んで使っているため、ミステリーランチのヒップモンキー2を旅行で使っていません。

どうして旅行で使わないのか?というと、旅行でのウェストポーチの使い方による問題の関係になります。

ヒップモンキー2の場合では容量が8Lサイズ&重量が391gあるため、バッグインバッグの用途で利用するのが難しいです。

旅行で利用するサブバッグは必要に応じて、バッグインバッグの用途でも利用しているため、この用途で使えるバッグである必要があるのです。

 

通勤用のサブバッグとして使う

通勤用のサブバッグとして使っているヒップモンキー2になりますが、そもそも通勤用のサブバッグとはどういう意味なのか?を簡単に説明します。

筆者の場合は基本的にノースフェースのホットショット26Lというリュックを通勤用バッグとして利用しています。

でも、週末といった場合ではリュックを持参するような荷物を収納していないため、木金 又は 金土 に限り、ヒップモンキー2を使うようにしています。

あくまでもサブの通勤バッグとして使っているといったパターンになります。

 

HIP MONKEY 2 通勤時の使用レビュー

木金 又は 金土 の通勤に利用しているミステリーランチのヒップモンキー2の使用レビューになります。あくまでも気になった事や感じた感想になるため、参考になるのか?分かりません。

 

 

バス&電車通勤

バス&電車通勤をしていますが、バス停や鉄道駅への移動時は背中に斜め掛けし、バスや電車の車内では前側に斜め掛けとなります。

ボディバッグのようにスムーズにポジションを移動する事が出来るので便利なのですが、何処に収納するのか?によっては逆に不便に感じる事もあります。

というのも、フロント側にファスナーポケットがあるのですが、ココに大きいサイズのキーフックを装備しています。

サイズが大きくて便利な反面、取り出しがちょっとイマイチに感じます。何故かというと、フロントポケットのファスナーは止水タイプではないため、ファスナーカバーが邪魔に感じます。

 

メインルーム内ファスナーポケット

メインルーム内にサイズの大きなファスナーポケットが装備されていますが、これはサイズが大きくて便利です。

給料日の場合は銀行の通帳を収納するのに最適といった感じのファスナーポケットになります。身体側に背当てみたいな素材が入っているため、通帳が折れ曲がるような事がなく、安心して収納できるといった感じになります。

但し、マチ幅がないので、厚みのあるグッズの収納には向いていません。通帳やパスポート、スマホといったグッズが良いのではないか?と考えます。

因みにこのポケットのサイズは、150mm × 220mm 程度ありますが、ファスナー開閉も考慮すると実際には、130mm × 200mm 程度だと思います。

 

コンプレッションベルト

コンプレッションベルトに関していえば、使い勝手はあまり良いとは言えません。というのも、収納する荷物の量に合わせてマチ幅を変更できる便利な装備になりますが、イマイチなのである。

絞っている場合に関していえば特に不満はないのですが、マチ幅をめいイッパイ広げている状態ではコンプレッションベルトがだらしない感じに見えるのである。

ちょっと絞ったといてもストッパーで止まるといった感じではないため、もうこれは仕様だから仕方ないという事で、この部分に関しては全く気にしないようにしています。

 

ヒップモンキー2の職場&帰宅時での使用レビュー

出勤時や退勤時 及び 自宅の鍵の施錠や鍵を開ける場合での使用レビューになります。

 

 

会社(職場)

筆者の場合は通勤用のバッグはデスクの引き出し 又は デスクの下のスペースに収納しています。リュックを引き出しに収納してしまうと、1つの引き出しが他の物を収納できなくなってしまうというデメリットがあります。

それに対して、ヒップモンキー2の場合は4分の1程度のスペースで済むため、引き出しの4分の3は確実に他の用途で利用できる事になります。

 

大きなサイズの持ち手

ヒップモンキー2の持ち手は優秀です。サイズが大きいので非常に持ちやすいです。一般的にウェストポーチに付いている持ち手はお世辞にも持ちやすいといった感じではない場合が多いのですが、ヒップモンキー2は快適になります。

特に通勤時では意外と持ち手を使う機会に恵まれるため、非常に助かっています。会社に到着したら、必要な物をデスクに取り出して、バッグは引き出しの中に収納しています。

引き出しの中から取り出す場合に持ち手が大きいので便利なのです。

 

キーフックは便利

フロントのファスナーポケットには大きめサイズのキーフックが装備されていますが、絶妙なサイズ感があって便利です。

通勤から自宅に帰宅した場合ではドアに鍵が施錠されているため、自宅の鍵を取り出す必要があります。

フロントのファスナーポケットから物を取り出す部分に関して言えばイマイチなのですが、キーフックを使うという部分に関してはバッチリです。

というのも、筆者の場合は自宅の鍵はリール付カラビナフックを取り付けていまして、キーフックから外さないで鍵を開けれるようにしています。

 

スポンサーリンク

 

通勤バッグとしてどうなのか?

ミステリーランチのヒップモンキー2を実際の通勤で利用していますが、色々な意味で一長一短がありますが、特に目立った不満はないので、できるだけ長く使いたいと考えています。

 

 

ケースバイケースというのが実情

筆者の場合は毎日の通勤ではなく、あくまでも毎週2〜3日程度の使用になるため、通勤用のバッグとしてどうなのか?という判断は正直のところ難しいです。

でも、帰宅途中で立ち寄る銀行のATMでの利用という用途に限って言えば、自分にとって最適というのが率直な感想になります。

やっぱり、こればっかりは、その人の用途や状況によっても異なるため、ケースバイケースになると思います。

筆者の場合で言えば、毎日の通勤の用途ではないから便利に利用できるという面も少なからず有るのではないか?と考えます。

 

賛否が分かれるのはペットボトル

特に蒸し暑い夏場では自動販売機やコンビニ等でペットボゴルの飲み物を購入する機会も増えますが、これを収納する場合では、通勤用バッグの用途では不向きになります。

ヒップモンキー2はサイズも大きいため、ペットボトルの飲み物を収納しても問題ありませんが、収納するとズッシリ感が半端ないです。

バス停から自宅までジュースを飲みながら歩くといった場合では最適ですけど、自宅に到着してからジュースを飲む場合はどうなんだろう?といった感じになります。

 

ミステリーランチHIP MONKEY ヒップモンキー2 レビュー
皆さん こんにちは! 今回の記事は『ミステリーランチ HIP MONKEY ヒップモンキー2の購入レビュー』についての内容になります。 参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。 ミステリーラ...

 

コメント