Bluetooth 折りたたみタッチパッド付キーボードのレビュー(iClever IC-BK08)

iPhone iPad Review
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

スマートフォンやタブレット端末で文字入力する場合では、基本的にOS搭載のキーボードで入力となりますが、物理キーボードも利用したい場合があります。

実際に入力する場合では、タイピング入力した方が便利に感じるため、物理キーボードも欲しくなるものです。特にiPadなどのタブレット端末では画面サイズも大きいですから、キーボードを接続して利用した方が便利だったりします。

このような場合に重宝するのが、Bluetooth接続に対応しているタッチパッドキーボードになります。折りたたみ式であれば、携帯性も抜群ですから良いのかな?と思ったりします。

今回の記事は『Bluetooth 折りたたみタッチパッド付キーボードのレビュー(iClever IC-BK08)』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

Bluetooth 折りたたみタッチパッド付キーボード

ここでは、iClever IC-BK08 タッチパッド付キーボードについての紹介になります。

iClever IC-BK08 製品仕様

通常使用時 : 278mm × 90mm × 13mm(展開)

折りたたみ : 158mm × 90mm × 15mm(収納)

重量    : 220g

接続方式  : Bluetooth 5.1

連続使用  : 60時間(USB充電)

備考等   : Fnキー有り、ペアリングは「Fn」+「C」ボタンを同時に押す

 

便利な折りたたみ式(観音開き)

iClever IC-BK08 タッチパッド付キーボードの特徴の1つが、観音開きタイプの折りたたみキーボードになっているという部分になります。

観音開の右側にはタッチパッド 及び 3つのBluetooth切り替えボタンを装備しています。折りたたむと、コンパクトサイズになるため、外出時に持ち歩く場合に便利に感じます。

しかも、専用のカバー(フカフカしていて触り心地の良いカバー)も付属されていますから、携帯性にも優れています。

 

Bluetooth接続

もう1つの特徴としては、Bluetooth接続にて、PCも含めて、iPadスマホなどのモバイル端末とも接続できるようになっています。

ここまでは普通のBluetoothキーボードなのですが、iClever IC-BK08 の場合は、3つのデバイスとBluetooth接続した上で、切り替える事ができるようになっています。

対応する切り替えボタンも3つ搭載していますから、デバイスを変更する度にペアリングをやり直すといった煩わしさを感じる事なく利用できるのである。

 

スポンサーリンク

iClever IC-BK08 折りたたみキーボードの特徴

ここでは、折りたたみタッチパッド付キーボードの特徴やデメリットについての紹介になります。

クリックボタン付タッチパッド搭載

iClever IC-BK08 の特徴の1つに、独立した左右のクリックボタン 及び タッチパッドを搭載している事に尽きます。

これが有る事で別途マウスを利用しなくてもタッチパッドで操作できるため、便利なのか?は別としてマウス不要で利用できるようになっています。

どうして?便利なのか?という表現を使っているのか?と言うと、タッチパッドのサイズがちょっと小さいので、必ずしも便利とは言い難いからです。

これは折りたたみキーボードが故のサイズ感になるため、仕方のない部分かも知れません。

 

Bluetooth 切り替えスイッチ

タッチパッドの上には3つのBluetooth切り替えボタンが有りますが、この3つのボタンは使いやすいと感じます。

3つとも独立しているので、パッと見て分かりやすいです。しかも対応しているLEDも何番のスイッチと接続しているのか?パッと見て分かるため、ちょっとした配慮もあったりします。

3つのBluetoothに対応したデバイスをボタンで切り替える事ができると使い勝手も良くなるため、iPadも含めてモバイルデバイスを利用する場合では重宝するキーボードの1つに該当します。

 

デメリット

① キーサイズ
1つ1つのキーボードのサイズが小さい事もあり、タイピング入力する場合では、見ながらタッチで入力する事になるのがデメリットの1つに感じます。もう少しキーサイズが大きくないと厳しいのかな?と言うのが率直な感想になります。

 

② 独立したクリックボタン
タッチパッドを搭載しているのは素直に喜ばしいのですが、左右のクリックボタンが独立しているため、タッチパッドのサイズが小さいのがデメリットに感じます。

 

Bluetooth 折りたたみタッチパッド付キーボード 購入レビュー

ここでは、iClever IC-BK08 キーボードの購入レビューについての内容になります。

購入して気付いた事

USB充電に対応しているのですが、充電端子はUSB Type-C ではなく、MicroUSBという部分がちょっと気になるといった感じになります。

というのも、AndroidスマートフォンではUSB Type-C ですし、iPhoneではLightningですから、全部バラバラなのである。

これだと、携帯するのであれば、3in1仕様USBケーブルを常に携帯しておく必要があるため、ちょっとイマイチに感じます。

 

切り替えできるのが便利

購入して便利だな!と素直に感じた部分としては、3つのBluetooth接続に対応したデバイスをボタンで切り替えて利用できる部分が該当します。

USB接続できるキーボードと異なり、Bluetooth接続の場合では特別な切り替え器などは必要とせず、折りたたみキーボード側で行えるので、1つは所持しておいても良いのではないか?と思える実用度に感じます。

PC切替器の場合では、USB機器を切り替える事はできても、たいていの場合では2つのPC間での接続になってしまうので3つ以上のデバイスに対応するにはそれなりの出費も必要になります。

その事を考慮すると、この選択も十分に有りなのかな?と思います。

 

購入レビュー

実際に購入して思った事は、意外とコンパクトな形状になるもんだな!という部分に尽きます。iPad Air 4 を外出先に持参する用途でも、キーボードケースよりも圧倒的に軽量ですし、コンパクトなので丁度よいといった感じ。

この組み合わせでのiPadノートPC活用も十分に有りなのではないかな?と思えてしまうぐらいに便利に感じます。

そのように感じるのは、あくまでも携帯性に限っての話になるため、全てにおいて最適という訳ではないので注意も必要です。

とはいえ、購入して便利に利用している事もあり、買ってそれなりに満足できるキーボードの1つに該当します。

 

iClever IC-BK08 タッチパッド付キーボード 使用レビュー

ここでは、折りたたみBluetoothキーボードの使用レビューについての内容になります。

iPad Air と持ち歩ける軽さ

筆者の場合では、iPad Air 4 を iClever IC-BK08 の組み合わせでノートPC活用する場合が多いです。

ロジクールFolio Touch タッチパッド付キーボードも所持しているのですが、これとドッキングすると合計で1Kgを超えてしまうので、外出先に持参したいとは微塵も感じません。

iPad Air を外出に持参する用途では、折りたたみキーボードを持参した方が携帯しやすいと感じます。

でも、実際にタイピングする場合では普通よりもワンランク下がる感じでの入力になるため、便利とは言い難いです。

これも携帯用キーボードという位置付けになるので仕方のない部分だと思って割り切っています。

 

使用レビュー

iPad Air 4 と一緒に利用する機会が多いのですが、メインで利用しているWindowsノートパソコンでもBluetooth接続にて利用する機会があります。

というのも、ノートパソコンのキーの文字が消えて見えなくなってしまう場合が有るのですが、この場合ではキーボードシールをネット通販で注文して購入となります。

このキーボードシールが届くまでの間は、折りたたみタッチパッド付キーボードが代役を務めるので、この場合に重宝します。

予備のキーボードも有ると、もしもの場合に重宝するんだな~と改めて感じてります。

iPad Air 4 購入&使用レビュー!デメリットや感想など
皆さん こんにちは! iPadシリーズを購入する場合では、どれにしようかな?といった感じで悩みに悩んでしまう場合も多いのではないでしょうか?その理由としては、どれも魅力的に感じるからです。 それに、自分では欲しいと思って...