出張持参のiPadスマホのINOVA折りたたみスタンドSmile

iPad

 

皆さん こんにちは!

今回の記事は『iPad mini 5 と スマホのスタンドとして、 INOVA 折りたたみスタンド Smile を出張に持参して活用 及び 使用レビュー』についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

出張にはスマホの折りたたみスタンドも持参

出張には色々なグッズを持参しますが、その中でもスマホのスタンドも持参しています。一見すると、そんな物出張で必要なのかな?と思ってしまうかも知れませんが筆者の場合必要性を感じています。

 

 

出張持参の折りたたみスタンド

出張中の暇な時間のエンタメ対策としてスマホが最適になりますが、スマホリングが装着していない限り、横向きスタイルでネット視聴は行えません。

筆者の場合はスマホリングは装着していないため、2種類のスマホのスタンドを利用しています。

1つはスマホスタンド付の4in1自動巻取式充電ケーブル、もう1つはINOVA折りたたみスタンドSmileになります。

自動巻取式充電ケーブルの方はオマケ的にスマホスタンドが装備しているといったタイプなので角度調整は行えません。

それに対して、INOVA折りたたみスタンドは重量が59gでありながら6段階の角度調整が行えて便利です。

 

出張でよく使うのはINOVA Smile

出張には日帰りや宿泊関係なく iPad mini 5 を持参しているのですが、角度調整が行える INOVA折りたたみスタンドSmileは便利です。

基本的にはSmart Keybord Case を iPad mini 5 に装着して持参しているので必要はないのですが、このケースの場合は確かにキーボード一体型なので便利なんですけど、角度調整が出来ないので困る場面もあります。

そういった場合では、ケースからiPad mini を取り外して、INOVA 折りたたみスタンドSmileにセットして使うという方法も行っています。

但し、この場合ではSmart Keybord CaseのキーボードはBluetooth接続のため、利用できるのですが、安定性が悪くなるデメリットが発生します。

そのため、最近では、iClever のタッチパッド付き折りたたみキーボードを出張に持参するようにしています。

 

折りたたみスタンドは iPad mini 5 と相性が良い

出張にiClever Bluetooth 折りたたみキーボードを持参する機会があります。このキーボードを持参する場合ではスマホの折りたたみスタンドがあると重宝します。

 

 

iPad mini 5 との連携

iClever Bluetooth 折りたたみキーボードを出張に持参した場合では、iPad mini 5用のSmart Cover だけでは対応できない場合があります。

何故かと言うと、Smart Cover の場合は角度調整が出来ないため、自分にとって最適なポジションで画面を見る事が出来ないからです。

この場合に、INOVA折りたたみスタンドSmileは最適です。角度を6段階調整できます。必ずしも自分にとって最適という訳ではないのですが、それでも微妙な調整が行えるので筆者にとっては丁度良いです。

 

iPad mini 5のSmart Cover

出張に持参するiPad mini 5 にはSmart Cover を装着していますが、INOVA Smail の場合は Smart Cover を外さなくてもそのまま利用できます。手間を感じる事がないので便利だと思います。

 

INOVA Smile の良い部分

iPad mini 5 のSmart Cover を装着している場合ではテーブルの上に置くパターンになりますが、このスタンドの場合はスタンドの真ん中付近に、iPad mini 5 を置くので、画面の位置が少し見やすくなることです。

このスタンドに置いている時点で1段階上のポジションでセットできるため、横向きスタイルでiPad mini を利用する場合は最適な感じになります。

 

スポンサーリンク

 

INOVA Smileの使用レビュー

INOVA 折りたたみスタンドSmileは、基本的にはスマホのスタンドなのですが、遠方への出張で利用する新幹線の車内でも十分に活用できます。

 

 

縦置きと横置き

スマホであれば縦置きしても問題ないのですが、10インチサイズのタブレット端末の場合では流石にちょっと縦向きでセットしたくない感じになります。

支えがあるので大丈夫だとは思うのですが、過信に繋がるので筆者の場合は、縦向きで使うのはスマホのみにしています。

基本的にはスマホもタブレット端末も横向きで使うようにしています。

 

イマイチに感じる部分

① 持ち運び時
僅か59gという軽さでかつ、薄型コンパクトなので残念に感じる部分はないように感じますが、実はあります。

どのような部分なのか?というと、持ち運ぶ場合にスマホやタブレット端末をセットする部分がカチカチ音がするので、輪ゴムやゴムバンドなどを留めて持ち運ぶ必要があります。

 

② ホコリ
このスタンドのカラーはブラックなのでホコリが特に目立ちます。潔癖症の方には不向きだと感じます。

 

充電しながら作業が行える

スタンド状態(縦向き)の場合では、充電ケーブルを口のように見える部分から出してセットする事で充電しながら作業が行えます。

とは言え、横向きでも充電できるので、あまり大した事ではないのですが、スマートに充電できますよ〜という程度になります。

 

 

Smart Keybord case mini 5 活用レビュー
皆さん こんにちは! 今回の記事は『出張に持参している iPad mini 5 の使用レビュー と Smart Keybord case の活用レビュー』についての内容になります。 参考になるか?分かりませんが最後まで読...

 

コメント