iPad Air(第4世代)と Smart Folio レビュー

スポンサーリンク
ガジェット

 

皆さん こんにちは!

今回の記事は『iPadはスマホやノートPCと用途が被る!使い道や活用方法に悩む』についての内容になります。

iPadを購入しても使いこなせないと勿体ない買物になってしまうので、後で何の為に購入したのかな?といった気分になってしまいます。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

iPad Air(第4世代)について

USB Type-C 及び Smart Connector を搭載する10.9インチLiquid Retina ディスプレイのiPad Air 4 の紹介になります。

iPad Air 4(256GB)Wi-Fi 仕様

サイズ : 247.6mm × 178.5mm × 6.1mm
重量  : 458g
容量  : 256GB

チップ : A14 Bionicチップ
画面等 : 10.9インチ Liquid Retina ディスプレイ

端子等 : Smart Connector、USB Type-C

その他 : ステレオスピーカー、12MP広角カメラ
同梱物 : USB Type-C充電ケーブル(1m)、20W USB-C電源アダプタ

 

Touch ID

iPad のロック解除にはTouch IDで指紋認証による解除が行えます。

電源ボタンに Touch ID が組み込まれているのですが、Face IDではないため、自宅で使う場合では煩わしさを感じる場合があります。

マスクをしていてもロック解除が行えるのは便利に感じます。

 

Wi-Fi 256GB 購入

仕事で活用する目的で購入になりますが、Wi-Fiモデルを購入しました。セルラーモデルを買わなかった理由は、Wi-Fiが整備されている環境で使う事を前提にしていたので必要ないと判断したのである。

容量は大いに悩んだ末に256GBを選択しています。正直のところ、こんなに容量は必要なのかな?といった感じです。

でも、長く継続して使うのであれば、256GBあった方が良いのでは?と判断しました。

 

iPad Air Smart Folio について

iPad Air 4 と同時に購入したカバーケース&三つ折りスタンドも兼ねる Smart Folio についての紹介になります。

Smart Folioの特徴

① オートスリープ
カバーを閉じると自動的に iPad Air をスリープ状態にし、カバーを開くとスリープ状態から使用モードに瞬時に変更できるのは便利です。オートスリープ機能は便利です。

 

② マグネット磁気吸着
はめ込み式ではなく、裏面をマグネットで磁気吸着して保護するカバーケースのため、手間なく簡単に装着する事が出来ます。

 

③ スタンド兼用
iPad Air Smart FolioはiPadスタンドも兼ねるカバーケースになります。2種類の角度調整に対応しています。実際には2段階しか角度調整できないため、一長一短があります。

 

特筆事項

① Apple Pencil 非対応
iPad Air 4 Smart Folio の場合は、あくまでも iPad Air 本体のみ保護するカバーなので、Apple Pencilまで保護できないのである。

 

② 軽量
iPad Air Smart Folioの重量は182gなので軽いです。

 

③ ケース内側
簡易なフリース素材になっているため、触り心地はとても良いです。

 

iPad Air 4 及び Smart Folio レビュー

iPad Air(第4世代)とカバーケースであるSmart Folioのレビューになります。筆者の視点での評価になるため、参考になるのか?分かりません。

iPad Air 4 の評価

① 全般
あえて言えば、容量の選択肢はちょっと極端に感じたのは気のせいでしょうか?64GBと256GBという選択肢は正直のところ、これでもか!と言わんばかりに悩みました。

 

② USB Type-C
iPad Air 4 には USB Type-C 端子が装備されていますが、超便利に使えます。USB Type-Cハブを接続できるため、PC周辺機器をiPadでも活用できるようになります。

 

③ Smart Connector
入力を伴う作業を行う場合では、キーボードが必要になりますが、Smart Connector経由で利用できる Magic Keyboard、Smart Keyboard、ロジクールFolio Touch が有ると便利に使えます。

 

Smart Folio の評価

① 全般
ディスプレイ面を触ってみるとフリースのような感じの触り心地になるので気持ち良いです。ディスプレイにホコリなどが付着している場合では、ちょっと綺麗になるといった程度に取れます。

筆者の場合はネイビーを購入したのですが、この色は良くないと感じます。特に白っぽい汚れや指紋が目立ちます。

購入するのであれば、ブラックネイビーは避けた方が良さそうです。

 

② ガラスフィルム
iPad Air 4 にガラスフィルムを貼付していますが、相性が悪いような気がします。貼付しているとホコリなどがあまり取れない感じです。

 

iPad Air 4 及び Smart Folio 持ち歩き評価

持ち歩く場合では、Smart Folioに装着して出かけるパターンが多いです。というのも、iPad Air 4 と同時に購入したロジクールFolio Touchが重たいのである。

ハッキリ言って、11インチのノートPCでは重たい部類に入ると思います。自宅であれば別に重たくても問題ありませんが、持ち歩く場合はそうもいきません。

素直にSmart Folioに装着してドッキングした方がストレスを感じません。でも、保護されるのはディスプレイ面と裏面だけなのでイマイチに感じます。

 

 

iPad Air 4 ロジクールFolio Touch レビュー
皆さん こんにちは! iPad Air 4 を注文する時に一緒に購入したロジクールFolio Touchになりますが、どんな用途に使えば良いのでしょうか? 基本的には入力を伴う作業で使う事になりますが、iPadでそんなに...

 

iPad Air 4 使用レビュー

iPad Air 4 を購入して何の用途で使っているのか?についての紹介になります。仕事にも活用したいな~という目的で購入しているため、Officeアプリを使っています。

Officeで利用するキーボード

iPad Air 4 とドッキングして利用するロジクールFolio TouchでノートPC化しています。Apple純正のMagic Keyboard や Smart Keyboard は購入しませんでした。

これらのキーボードは確かに魅力的に感じて検討も行っていますが、自分には必要ないと判断に至りました。

 

Officeアプリ

iPadシリーズを仕事に活用する場合では、オフィスソフトの有無は重要になります。

本来であれば、標準でインストールされているアプリを利用した方が良いのですが、使い勝手も影響するため、自分にとって最適とは言い難い場合もあります。

また、互換性が保たれていても操作方法も含めて同じではないので、使い勝手が運命の分かれ道になる場合も多いです。

MicroSoft Office をiPad でも利用するのが賢明の選択になるため、「Office for iPad」をインストールするのが良さそうに感じます。

 

実際に使っているOfficeアプリ

オススメは何と言ってもMicroSoft Officeですが、筆者の場合はその選択を行っていません。Windows PCで利用している WPS OfficeのiPadバージョンを使っています。

その理由は、Windows PC のシリアル番号を所持していると、iPad版のWPS Office の広告を非表示にできるからです。

実際の使い勝手はどうなのか?と言うと、どうなんだろうね?といった感じです。操作性がイマイチに感じる部分もあるので、もう少し使い込んでみないと、何とも言えないと思います。